★★★★★


by kusanokenji
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

第2506話・・・なぜ教員になったのか?

2015、9、19〜20
自然体公認講師養成講習会参加者の投稿より

以前、草野先生が4つの質問をされました。
1、人はなぜ勉強するのか
2、指導者はなぜ勉強するのか
3、指導者は自分で教材をつくれ
4、自分はなぜ勉強しているのか

そして、今回の養成講習会でこんな問いがありました。

5、なぜ教員になったのか
6、なぜ指導者になったのか


今回、「5」を書きたいと思います。
もしよければお付き合いください。

『なぜ教員になったのか』

本当に素晴らしい師匠は、自分を超えていく弟子ができて一人前だ、といった言葉に出会ったことがあります。これは、自分が教える立場になった時、目の前にいる人たちは自分を超えていく可能性を秘めている人たちがたくさんいるんだとも考えられます。
私はそんな原石たちに教えたいのではなく、「触れてみたい」といいた感情があります。触れられた本人たちが嫌なのであれば拭き取ってもらったらいいし、輝きに変えてくれるならそれもいいし、選択肢(考え方)を伝えられたらいいなと思っています。だから、私自身も輝く努力が必要です。過去にも満足していないし、今にも満足できないし、きっと未来も満足はしないと思います。でも、自分がベストを尽くすことが、もしかしたら子どもに影響するのかもしれないと思うとワクワクして前向きになることができます。
なぜ教員になったのか!
1、原石と出会うのが楽しい
2、自分が原石のおかげで成長できる
この2点です。






















[PR]
by kusanokenji | 2015-09-22 20:18 | ■連載“日々努力”