★★★★★


by kusanokenji
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

第2441話・・・黄金の一週間

先輩を大事にできない組織は
弱くてモロいものです。

成果主義の会社も、いいときはいいけれども
一度つまづくと、相談できるひともいなく
苦境を乗り切ることはできなくなります’。

勝利主義の部活も同じです。
勝つことに一生懸命になってしまい
選手の「目に見えない心」を粗末にすると、
後でとんでもないことに発展するのです。

尊敬される三年生、二年生を作るのがこの
入部一週間」です。
まさしく「黄金の一週間」です。

「勝つ」という結果を求めすぎる人は
それ以外の価値観を持てない人と言われます。
勝ちか負けは、答えがはっきりしているからです。

それ以外の価値はなかなか目に見えません。
人間についての価値観だからです。
「ひたむきさ」「おもいやり」「感謝」
「忍耐」「友情」「優しさ」・・・
これらは
人として生きるために大切な学びのことです。
でも、形では見れません。
だからついつい、すぐ形に見える「勝ち負け」に
目が行ってしまいます。
実に寂しいですね〜〜。

小学生の時、あんなに素直に育ってくれた子供が・・・
小学生の時、あんなにしなやかな動きができていたのに・・・
そういう事例は山ほどあります。

もうすでに失敗しているチームもあります。
そこに気づいていない指導者はきっと後で大変です。
逆に
しっかり、足元を固めているチームもあります。
今からでも遅くはありませんから、もう一度「チーム作りのありかた」を考え直すことをお勧めします。

入部一週間を、新入生と先輩の心の架け橋を作る黄金の期間にしてください。









[PR]
by kusanokenji | 2015-04-21 09:49 | ■連載“日々努力”