★★★★★


by kusanokenji
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

第2424話・・・新人勧誘

少年団や中学生は
まもなく新人勧誘

卒団・卒部式も終わり、人数も少なくなり
早く春が待ち遠しい季節。

この新人勧誘・・・問題が多い。
「おいで、おいで」と甘い言葉で手招きするのは問題。
後で「こんなはずではなかった」とトラブルが起きやすい。

自分の場合(実業団でのスカウト経験)
決して、いいこと(甘い言葉)は言わないようにしていた。
入部してから「話が違う」と言われたら困るからである。
男女交際禁止、化粧禁止、休みなしなどを
嫌なことを最初に言っていたくらいだ。
そもそも自画自賛で勧誘するのはやっぱりおかしい。
僕は好きでない。理由は信用できないからだ。

世間では
一流の営業マンは決して、最初から売り込みはしない。
二流の営業マンほど、自社製品の説明をしたがる。
これが世間の評価。

スカウトも
最後の方で、「こんないい面もあるよ」と付け足す程度がいい。
いいところは付け足す程度でいいのです。
やはり、ある程度覚悟してきてもらいたいからね。

「頑張っています」と自分で言うのは如何なものか。
「頑張っているね」と他人が思うもの。
それと同じでチームのいいところ、自慢できるところは
他人から言ってもらったほうがいい。
言ってもらえなくても、他人に認めてもらえる努力を
普段からしておくべきであって、自分から言うものではない。
そう思っていました。

努力や頑張りは他人が決めるものだからね。
そう思ったら間違いない。
他人へ腹の立つことも少なくなる。

昨夜の報道ステーションで稲葉選手がイチロー選手へインタビュー。

稲葉「頑張っていますか?」
イチロー「そんな質問おかしいよ。そもそも自分で頑張っていますというのはおかしいよ、ダサいよ!『自分は絶好調です』とか言えないよ、努力しているとか、頑張っているとか、そんなこと自分で言うものではない、そんなことは他人が評価するものだよ・・・と自分では思っているけどね・・・・・」
そう言ってましたね。全く同感!そーそー、って叫んでた

でも、そんなことしていたら
入部者がいなくなる。それでは困る・・・・?

さあ〜、だからどうするかです。
試されていると思うことです。

中学生は「部活」ということで、一部の強豪チームを除いて(少年団あがりのチームに多い)保護者との関わりは少ない。したがって、年に1〜2回程度の保護者総会みたいなもので済ますのが普通だが、小学生の場合はそうはいかない。入部するときに、保護者との「同意書」を取り交わしたほうが後々のトラブル解消にはいい。しっかりと説明責任を果たした上で、気持ち良く晴れての卒団式を迎えるためにも、ぜひやってほしいところ。

甘い言葉は使うな!
甘い言葉には気をつけろ!














[PR]
by kusanokenji | 2015-03-13 13:05 | ■連載“日々努力”