★★★★★


by kusanokenji
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

第2414話・・・夜の勉強会

ただ飲むだけの
懇親会なら
やめておこうよ!

バレー塾のあとは必ず懇親会が定番。
いまだかって、これがなかったことはない(笑)
ただ、中には、酒を飲んだら人格が変わる人もいる。
お客さんはそっちのけで、自分たちの宴会になってしまう。
こういうときは気分が良くない。

先日の懇親会の話題・・・・
中学生の部活、どこの先生たちも悩んでいると思うね。
優しくしたらわがまま言うし、
どこまで厳しくしたらいいのか難しい時代だけど
でも、選手には「がまんする力・耐える力」
も教えないといけないよね。
じゃあ、どうしますか?
どうすれば、選手が自分から「ここはがまんしよう!」
と思ってくれて「人の3倍努力する」ようになると思いますか?
無理やりさせるのではなく、
選手が自分で自発的に思えるようになる指導。
これです。そのツボはなんだと思いますか?
・・・・・・・

まあ、こんな会話が酒の肴!

ヒントは、選手の立場になって考える事やな。

どんな先生に教えてもらいたいか
どんな先生についていきたいか

ちょっと生徒の立場になって考えたら
今まで見えなかったことが見えて来るし
あっ そっか、と気がつくこともある。
子供って可愛なー、って愛おしくなることもある。
何よりも、腹が立つことが極端に少なくなる。
指導者はなぜあんなに偉そうにするのか?
他人の姿を見て、自分が恥ずかしくなる。
ここまできたらしめたもの。
そうなんで、実はわがままなのは我々なんです。

指導者の立場で考えると「ダメだし」になってしまうだけで、
なんの解決にもならんしね。
まさしく「解説者」であって「解決者」にはほど遠い。

答えは

いつでも自分たちのことを気にかけてくれる。

一人一人に目を向けてくれる。

これが安心感につながる。

そんな会話です。

「子供達の練習している姿を見ているだけで
幸せな気持ちなるんです・・・・」

こういう言葉を言えるように
努力したいものです。
















[PR]
by kusanokenji | 2015-02-19 16:42 | ■連載“日々努力”