★★★★★


by kusanokenji
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

第2370話・・・違い!

オノパトペ効果については過日述べた➡ここ
さらにレベルアップを図れないか?!

  考えるだけでワクワクしてくる

「これだけやっていればいい」
   こんな虫のいい話はないが
「これだけはやっておこう!」・・・・・
   これはできる!

まずは、アンダーレシーブの面作りと 型(フォーム) 
そして、フットワーク

フットワークは
1、ディグのフットワーク(力の吸収)
2、位置取りのフットワーク(レシーブ)
3、落下点移動のフットワーク(セッター)
3、ブロックのステップ(反応時間)

これらは、「横」と「斜め」の動きだ。
つまり、日常生活にない動きなので
トレーニンが必要。
特別なトレーニングではなくルーティン化できると
より効果的になる・・・・そういう発想。
これが製作中の「自然体ステップ」

そのための準備運動は➡ここ

それにしても、彼女たちは成長していた。
股関節の安定と関節の可動性・・・・・・
選手たちの動きを見ていて、努力の素晴らしさを
あらためて感じ入った次第。
正しい努力を続けていると形に現れる。
誰も見ていなくても、体の細胞が喜んでいる。
そんな印象!
「3倍努力する選手」が何人出てくるか・・・
楽しみだ。

中学生になって、部活で悩める親子は多い。
しかしそれも、指導者次第だ。
選手は、みんな、頑張れる力を持っている。
そして
選手は、誰もが頑張りたいという心を持っている。















[PR]
by kusanokenji | 2014-11-27 05:36 | ■連載“日々努力”