人気ブログランキング |
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

大阪

【第858回】inなみはや(大阪府)
2014年9月20(土)〜21(日)・・・なみはやドーム 
★受講者累計 172,150名 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
         
      第17回ヤングバレー全国大会応援


12年ぶりにベンチに座った
紀和ウエンディーの部長代役としてベンチ入り・・・。
相手は先日強化練習会を行なったばかりの「愛媛県中学2年選抜チーム」(ここ)。3年後の愛媛国体、および来年のJOC中学選抜大会のターゲットエイジーとして5年前から強化のお手伝いをしているチーム。いわば両方とも知り合い中の中の知り合い。緊張している選手たちの息を間近で感じながらの楽しい時間を共有させてもらった。試合は当然愛媛選抜の圧勝であるが、紀和ウエンディーの選手も悔いなき戦いを行なった。1本レシーブして喜び、1本スパイクして喜ぶ姿がよかった。僕も今まで経験したことのない「温か〜い喜び」を味わった。まさしくバレーボールの原点だ。多くの応援団も選手たちも「お金では買えない貴重な体験」した二日間であったように思う。


会場は「なみはやドーム」
大阪_c0000970_09505323.jpg

試合前の公式練習と応援団
大阪_c0000970_09521462.jpg

初々しい岸田健吾監督(今回が監督デビュー)
心中いかばかしか?
大阪_c0000970_09502382.jpg

試合が終わったらこの通りの笑顔!
1日目は主力選手が地元の運動会のため残りのメンバー8名で戦った。
クラブチームの悩みであるが、ここはきちんと守った方がいい。
あくまで地元優先、学校優先だ。
クラブ優先にすると必ずトラブルになるからだ。
試合直後この笑顔が「自分なりの納得の表情」以外、何ものでもない。
これで十分ではないか。これ以上何を求めるのか!
コートの中ではさぞかし、緊張と不安と孤独との闘いであったに違いない。
そのプレッシャーから解放された直後の表情は一生の宝物だ。
この舞台に立った経験は今後の人生の支えになるだろうと思うのだ。
大阪_c0000970_09514759.jpg

熱気あふれる懇親会
これまでいろんな懇親会に出席しているが、この懇親会は異常な盛り上がりだ。なんだか、情熱が爆発している感覚(笑)。ブロック代表の各チーム挨拶の声も聞く人ゼロ(笑)。みんなそれどころじゃない。ベテランも若手も身振り手振りで、ありったけのパフォーマンスで立ち話に花を咲かせている。情熱と情熱のぶつかりあい。これがバレーを愛する仲間なんだと痛感。強い弱いの序列もないし、この場に来れたことが嬉しいのだ!・・・とみんな訴えている様子。「ああ、いいな」と僕は思った。普段は、仕事終えて、身銭を切って、体育館探し、選手集めから奔走して作り上げてようやく「なみはや」まで来た。ただただ子ども達のために自分を捧げることのできる人たちがほとんどではないか、そうさえ思えた。このエネルギーがバレーボール界を支えているのは間違いない。皆さんを見ているだけで僕は心地よい酔いがまわった。
大阪_c0000970_09513391.jpg

ヤングバレー大会
部活動で十分にバレーボールの指導を受けられない中学生達の受け皿として各地で中学生のクラブチームが注目されて久しい。指導者達の情熱だけが命綱だ。いろいろなバレーボールがあるが「普及大会」の意義深い今大会も17回目。関係者のご努力の賜物。心から敬意を表したい。

大会には沖縄、北海道を除く全国各地から110チームが揃った。
どのチームも保護者の応援団が素晴らしい。
我が子達の晴れ舞台を楽しみに一生懸命応援されていた姿が印象的。
いいものを見させていただいた。

    紀和ウエンディーの応援団
大阪_c0000970_10102418.jpg
       
    宮城県からの応援団
大阪_c0000970_10104280.jpg
         お疲れ様でした!
















by kusanokenji | 2014-09-22 09:55 | ■講習会リポート