★★★★★


by kusanokenji
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

第2303話・・・意図を見せろ

『練習で意図が見える人は、上達する!』
 
同じ部活で、毎日同じ練習をしているのに、上達する選手とそうでない選手がでてくるのはなぜでしょう?・・・そんな話から練習を始めました。

そこで上の言葉が出てきました。

実業団ですら「自分の意図を見せながら練習できるレベルの選手」はなかな見当たらないのではないでしょうか。これは、監督に聞けば一番わかることです(笑)。そんな選手がいれば監督のイライラも相当軽減することでしょう。

ほとんどの指導者は、選手がどこまで理解しているかが不安になります。
言った事が正確に伝わっているかどうかが不安になるのです。
不安になるから余計に突っ込みたくなります。
それで選手からすれば聞きたくもない話がグタグタと続きます。
悪循環ですね(笑)
それでついつい、「何回言うたらわかるんや」「聞いているんか」と
イライラがつのってしまうものです。

でも、「選手はどれくらい理解しているのか?」
こういうことを気にする事自体に疑問を持った方がいいでしょう。
そもそも伝言ゲームみたいなもので
完璧に伝わることはあり得ないのですからね。

今回は私が言った事、求めていることをどれくらい理解してくれるかではなく「あなたがやろうとしていることを表現して下さい」と求めました。
言葉であったり、顔の表情であったり、歩き方、走る姿であったりです。
いきなり高度なプレースタイルを求めるより
こういう誰もができることから始めた方がいいでしょう。
これが「あなたの意図を見せなさい」ということです。

「理解する」は消極的なやる気で終わってしまいますが
「意図を見せる」は積極的やる気につながると思ったからです。












[PR]
by kusanokenji | 2014-07-23 12:31 | ■連載“日々努力”