★★★★★


by kusanokenji
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

第2299話・・・安心2

小鳥はなぜゆれる電線に止まれるのか?

答えは・・・・「落ちる心配が無いから」
なぜなら・・・「落ちても飛べるから」

あのチームはなぜいいチームなのか?
答えは・・・・「選手が顧問を信頼しているから」
なぜなら・・・「失敗しても怒られる事が無いから」

そういえば、昨日、おもしろい教育テレビを見た。
ある企業の取り組みである。
企業では「社内表彰制度」というのがあって、いい仕事をした社員には社長賞とか事業部長賞など表彰される。ところその企業は「失敗大賞」というのがあって、一年間で一番失敗をした社員を表彰するのである。理由は「果敢にチャレンジした結果、失敗に終わり会社に損をさせてしまったが、その過程で培ったノウハウは今後の会社の成長に大きく寄与するものである」・・・と社長が言っておられた。表彰された本人は照れて「次回は成功して表彰されたあい」と言っていたが、社長自身が社員の時に「失敗大賞」をもらっており、この精神が伝統となっている。この会社は創業50年、右肩上がりに成長しているそうである。

全国の中学生チームを沢山この目で見てきているが
いまだに「一年生は雑用と声出し」が多く
まともに練習させてもらえないチームが圧倒的に多い。
なぜ?・・・・おかしい!!!と思わないのだろう?
伝統がそうさせているのか、顧問がそうさせているのか?
7月になって総体が終わり、3年生が引退して新チーム。
パスすらにロクにできない状態から新チームがスタート。
ルールさえ知らない状態なのにすぐに練習試合。
新人戦等の試合が控えているからと言う理由だが・・・・。
これではなかなか「強いチーム・いいチーム」は見えてこない。
一年間経験すれば、一年の行事はわかる。
三年間経験すれば、入学から卒業までの成長がわかる。
はずなのだから、この経験を学習してしっかり準備すれば
いいのに・・・・とついつい老婆心が出てくる。

関係ないが、子どもの笑顔はいい。
どの子も「身を乗り出して」話を聞いてくれる。
無邪気、純心・・・http://youtu.be/vhBfGZyG0pc













[PR]
by kusanokenji | 2014-07-16 14:05 | ■連載“日々努力”