★★★★★


by kusanokenji
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

第2296話・・・東北シリーズ

台風が心配でしたが、
今週末の「in福島」は大丈夫そうです。福島は小学生が多く、8回連続で参加しているチームもあり、今回も両日とも200名を超す参加者だそうでもし中止にでもなればさぞがっかりする人が出て申し訳ないと思っていたので・・・ホットとしました。
先週は岩手、今週は福島、9月は秋田、10月は山形と東北が続きます。
さて、
岩手では必ず話題になるのが第1回の盛岡での講習会。
2006年1月開催ですから丸8年前になります。早いですね。
「破壊と創造」がキーワードで1日目は終日5:00まで講義です。
雫石の実行委員会スタッフも、厨川中の眞島監督(この時は講習会会場校の顧問)参加していました。この時のレポートにも書いてありますが、中学校の指導者がとても燃えています。しばらくは他校の先生方とも交流があったのですが、最近は途絶えがち。どうしていますか? しかし、当時からの責任者である眞島先生とは毎年交流が続き、総体前には、遠征や練習試合よりもバレー塾を選択して参加してもらっています。私も、毎年選手の成長をこの眼で見る事ができ、とても楽しみにしています。近年結果のほうもついてきだして、眞島先生の指導する厨川中学が県トップの好成績を維持されているのですが、しかしながら、一方では他の若い先生方の奮起を期待したいところでもあります。今年も、厨川中学校のチームのできは例年にも劣らず、安定したチームになっていました。
(下の動画参照)


「破壊と創造」
この時は「危険なスパイク」「スパイク指導に必要な解剖学」
「やさしいPNF理論と実践」などなどを学びました。
「指導者として知っておきたい基礎知識」について指導の原点に
ついての講義と実技でしたが、とてもみなさんの熱いハートに感激したのです。
この8年間の、他県の実情を見ても、やはり指導者の勉強の継続が成績にも
現れています。そう言う意味では、9月13〜15に橋本で行なわれる「自然体公認指導者養成研修会」には、もういちど「原点」に戻って、盛岡で行なった「指導者として知っておきたい基礎知識」を解りやすく「終日講義」を復活させたいと考えています。
c0000970_23425156.jpg

勉強は継続が大事です。
みなさん、続けていますか?
国体も控えていますが、イベントに関係なく
自己研鑽は大事ですので、ぜひ当時の「熱い心」を呼び起こしてください
c0000970_2343669.jpg


c0000970_23432173.jpg

[PR]
by kusanokenji | 2014-07-10 23:22 | ■連載“日々努力”