★★★★★


by kusanokenji
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

第2288話・・・知っておいた方がいい

こんな話、聞いた事ありませんか?
人は生まれるとき
右手に夢を
左手には将来一緒になる相手の名前を
握っている・・・・・・


嘘かまことか、そういうことを考えるのは野暮っていうもの。
素直に「あ〜そっか」と思える人間になりたいものだ。

松下幸之助は右手に聖書、左手に算盤を持っている、と聞いたこともあるし
すごく、特長を言い表しているなと感心しきりした経験もある。

赤ちゃんは一人では生きていけない。
生きていくためには大人から好かれなければいけない。
だから神様は三つの持参品をもたせてこの世に。送り出したのだ。
一つはお乳
二つは笑顔
三つは匂い

こんなことを考えるだけでも心が豊かになる気がする。
赤ちゃんは、大人に愛されるために必死で頑張っているんだ。
そう思えるだけで自分の心が豊かになる気がする。

人がこの世に生まれてきたのは父と母の縁があってのこと。
父がいなければこの世に生まれてこず
母がいなければこのように育っていない。

母の懐(ふところ)を寝床とし
母の膝(ひざ)を遊び場とし
母の乳(ちち)を食物としているのが赤ちゃん

腹がへったとき、母がいなかったら食べる事もできなかったじゃないか
のどが渇いても、母がいなかったら飲む事もできなかったじゃないか
そういうことを忘れてはいけないよ・・・・・

こういうことを子ども達に誰が教えてくれるのだろうか?
いつ教えてくれるのだろうか?
こういうことを知らないまま大人になってしまったらどうなるのだろう?
家庭で教えている?
学校で教えてもらっている?
塾で教えてもらっている?
部活で教えてもらっている?

家庭で芽を出し
学校で花が咲き
世間で実をならす


昔の人たちの話には味わいと趣が深い。
[PR]
by kusanokenji | 2014-07-01 08:39 | ■連載“日々努力”