★★★★★


by kusanokenji
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

第2251話・・・素直

素直な心は
あなたをを強く正しく聡明にします
(松下幸之助)

 

第2237話(http://kenjikun.exblog.jp/21961766/)で、当時の社長に事業計画書を説明したことを書いた。その時の「こぼれ話」を一つ。1991年のことだから今から23年前のことである。「よし、わかった!」の話のあと雑談が始まった。社長はおもむろに隣の人に向かってこう切り出した。そういえば創業者の『素直』という言葉があったな、え~となんやったかいな、ほらっ、素直な心とはいうのがあったやろ、『素直な心はあなたを強く正しく』・・・・その次や、なんやったかな、『聡明』やったかな・・・そやそや、『強く正しく聡明』や、そうやったな」・・・と、創業者が元気なころの当時を懐かしむように創業者の話がどんどん始まった。もうメチャクチャ感動した。あ~、これが松下電器なんや!・・・なんだかとても身近に感じたというか、松下に入った実感というか・・・俺は松下の人間になったんや、って素直に嬉しかったことを覚えている。当時の松下電池工業株式会社社長の名前は石〇社長。それ以来忘れられない人の一人になった。石〇社長は当時、松下電器産業株式会社の全社員の中でも松下幸之助創業者から直接薫陶を受けた数少ない現役経営者だと事前に調べてあったので(これから会う人がどんな人物であるかを知ることは当り前のこと)目の前で繰り広げられる会話にゾクゾク・ワクワクしたものである。とにかく、話術がすごいというか、声に張りがあって魅力的で人を引き付ける力を感じたものだ。それまでも松下幸之助の本は数多く読んでいたが、本の上でしか見たことも聞いたこともない。それなのに今、目の前で繰り広げられているのは経営の神様と言われる方に、若いときから直接薫陶を受けた方に聞く話だ。鳥肌が立つようなリアリティの迫力を感じてとても幸せに酔いしれた。遠い昔のことではあるが鮮明にその場のことは記憶に残っている。やはり素晴らしい方との「出会いの感動」は忘れないものだ。<素直の全文は下記の通り>

 

 

素直な心とは 単に人に逆らわず

従順であるということではありません

何物にもとらわれず

物事の真実と 何が正しいかを見きわめて

これに従う心です

素直な心になりましよう

素直な心はあなたを

強く正しく聡明にいたします








[PR]
by kusanokenji | 2014-04-25 09:40 | ■連載“日々努力”