★★★★★


by kusanokenji
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

第2239話・・・がんばれ3年生

先輩を大事にできない指導は崩壊する。
部活も職場も人生も同じだ。

従業員を幸せにできない会社が、お客さんを幸せにできる筈がない

部員を幸せにできないチームが、周囲から愛されるはずがない!

 

子どもも、部下も、従業員も

背中で良いことを覚え

顔で悪いことを覚える

顔色見て行動するのか、背中を見て行動するのか、その差は大きい。

人として育てる気持ちがあるなら、己の背中で教えることだ。

口うるさいより、温かい背中を見せることだ。

 

先輩を大事にしない部活はうまくいかない。

先輩の存在を無視して、能力のある新入部員を大切にし出すと

チームは確実にガタガタと壊れはじめるだろう。

人は人に無視されるのを一番嫌うからだ。

ましてや先輩として立つ位置を奪われると辛いに決まっている。

とにかく、いいチームをつくりたければ先輩を大事にすることだ。

大事にするということは単純に試合に出すことではない。

ここを誤ってはいけない。

雑用を率先してやらせることだ。

「やらせる」のではなく「やりたくなる」ようにしてあげることだ。

そのためには先輩に誇りと自信をもたせることだ。

自信ある人間ほど、雑用を行うことを嫌がらない。

自分のやりたいことをやっているときは「やる気」は必要ない。

「やる気」は、やりたくないことをやるときに必要だからだ。

 

先輩が「私たちのチームだ」という誇りを持つことができれば必ずうまくいく。

そして、そのことは将来の幸せを獲得するための準備でもある。

何年か先に待っているものは「仕事」であり、「家庭」である。

職場で信頼され、家庭でよき妻、よき母になる準備でもある。

 

 

 

 


[PR]
by kusanokenji | 2014-04-09 10:33 | ■連載“日々努力”