★★★★★


by kusanokenji
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

第2234話・・・部員勧誘2

部員の勧誘・・・具体的には、どうするか。<講義より抜粋>
小学生の場合は・・・・

例えば、お母さんに「このチームに求めるのは何ですか、3つ書いてください」

とお願いします。
 まずは、親の考えを聞くことです。
 いろいろありますからね。
 「勝ちたい」と思う親もいれば
 「仲間と一緒に集団生活ができればそれでいい」という親もいる。
 「少しでもスポーツに関わって欲しい」という親もいれば
 「体が弱いので」と健康づくりにプラスになればと考えている親もいる。
 それぞれに期待感があるんですよ。
 しかし、「3つ書いてください」と言われると、ハタと困る。
 そして真剣に考える。
 そこで、チームの指導方針を説明する。
 こういうプロセスを得ると、「親の納得」「親の信頼」「親の応援」を得やすい。
 
 「あまい言葉」、「あいまいな言葉」で勧誘するな!
 
                いつかか必ず問題が出る。

 入ったら、全然違う。ということになりかねない。

つまり、自分たちで、問題ができるようにしている。

「私はこういうことを大切にしています」とか、
 「こういうことをしたら叱ります」とか「こういうことしたら試合に出しません」とか
 自分の方針や考え、躾についての基準などをオープンにすること。
 はっきりと約束事をしっかりしていないから、問題が起きる。

入口をしっかりしなさい。ということですよ。

はじめをしっかりする。

子どものうしろにいるのは、
 人間関係にもまれ、人生経験豊かな親ですよ

 そのことも知らない教師、指導者がいるので気をつけましよう・・・・と
 講義では説明しています。(続く)








[PR]
by kusanokenji | 2014-04-02 10:20 | ■連載“日々努力”