★★★★★


by kusanokenji
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

第2219話・・・部活指導

張らせる指導より
頑張りたくなる指導


前者は指導者が主体、後者は選手が主体。
この差は大きい。
リーダーの意識改革が必要。
スポーツだけでなく世のリーダーすべてに通用する考え。

最小の言葉で最大の効果を生み出す技術が「言語技術」。
指導現場をみるとこの能力の低さが一目瞭然。
ガミガミ言ってるのはわかるが何を言いたいのかわからない。
おそらく言ってる本人もわからないのではないか。
自分自身が整理できていないのである。
感情のコントロールなどほど遠い。
熱く語る必要がないときに、熱く語り過ぎだ。
ポイントを抑え、わかりやすい言葉で、耳にスーッと入る話術。
それが言語技術。
難しいことを易しく伝えると同時に「おもしろさ」が最大の効果を発揮する。
正論を振りかざしてもちっとも面白くないのだ。
井上ひさしさんは
「むずかしいことをやさしく、
やさしいことをふかく、
ふかいことをおもしろく、
おもしろいことをまじめに、
まじめなことをゆかいに、
ゆかいなことはあくまでもゆかいに」
 

全国回っていると、悩んでいる中学生は多いですね。
その原因は・・・・・・・・・
中学生の指導者にお願いしたいのは
バレーを嫌いにさせないでちょうだい!ということ!
バレーを好きにさせるなんて大きなことではなく
嫌いにさえしてくれなければそれで十分です!
[PR]
by kusanokenji | 2014-02-25 14:34 | ■連載“日々努力”