★★★★★


by kusanokenji
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

第2194話・・・勝てない時代

勝てない時代がありました。
「いつかは自分たちがあのコートで・・・・」と
負けた後は決まって観覧席の一番奥で
選手と一緒に試合を観ていました。

それが当たり前の光景でした。
僕たち以外に、そういうチームが沢山いました。
全国大会最終日。9時からの試合に備えてまだコートを設営中なのに
試合に備えてストレッチを始めたチームの試合と練習をみたいと
前日に負けたチームがゾロゾロ体育館に入ってくる。
コートを見つめる監督と選手の姿は、背中を丸くし、無口で暗く
昨晩は悔しくて遅くまで眠れなかったのか顔は腫れぼったく
一見落ち込んでいる姿であるが、でも眼光はするどく
心の中は赤々と燃えていたように思いました。

そういう光景が見れなかったのが先日のJOC中学選抜大会。
1日目は華やか、2日目はまばら、3日目は関係者だけ・・・。
最終日は男女一緒に、最高の上の最高の試合が見れるのに
ひろ~い体育館に、チョコンと・・・選手が可哀そう~と思いました。
負けたらそくさくとUSJ直行?
自分のチーム以外無関心?
応援だけならまだしも、選手もスタッフも?
これが日本の中学生最高峰の試合の現実。
第27回を迎えたなどと喜んでいる場合じゃないなと思いました。
本当に危機感いっぱい、ここまで落ち込んできたのか。
試合に出ている人たちはそいういう余裕はないでしょうし
試合に出ている保護者は我が子以外に興味は薄いでしょうし
それはそれで仕方ないにしても、なんとかせんばいかん、ですね。

ちょっと心配な現象だと思いました。
「悔しさ」「研究」・・・・そういうものと無縁になったきたのかな?
負けて成長するのがスポーツの力
だと思っている自分にはいささか不満でした。

1万円拾った!・・・と喜んでいる場合じゃないよ。
1万円落とした人がいるということ。
1万円落とした人はどんな気持ちかな?
1万円拾った人は、落とした人の「暗い心」まで拾ったってことだよ。
こういう考え方も必要だよね。これが考えの余裕です。

試合に勝った!
試合に負けた人がいるってことです。
試合に負けた人は、悔しさでいっぱいです。
次こそは!と、決意しているのです。
喜んで浮かれている場合じゃない。
油断していると次は負けるかもしれない。
今日は勝ったけど、次も勝てるかどうかわからない。
だから次も勝てるようにもっと努力しよう!

これがスポーツの力だと思っています。
勝てない時代が
自分を強くしてくれるのです。
そんな経験をした人は
勝ってからも天狗にならず
もっと自分を強くしてくれます。
「謙虚さ」をプラスして・・・・・
[PR]
by kusanokenji | 2014-01-08 09:36 | ■連載“日々努力”