★★★★★


by kusanokenji
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

第2157話・・・オープンキャンパス

最近、高校のオープンキャンパスが盛んだ。
あれっ〜、オープンキャンパス=大学ではなかったの?

これはどういう意味(目的)があるかといえば
あきらかに「我が校にぜひ入学してください」という広報宣伝。
「我が校はこういう環境で、こういう教育をやっていますよ」と
その教育方針、教育内容を広く公開するものである。
当然部活動紹介も活発に行う。
これまで特別な選手しか門をくぐることのなかった普通の選手でも
この日は堂々と、超有名高校の門をくぐることができるのだ。
そして親と子を相手に在校生の練習見学と説明がはじまる。
顧問は当然、質問にも答えなければいけない。
ある学校では、参加の保護者からこんな質問が出た。
「あの〜、もし入学できたとしたら
3年間、どんな指導で育成していただけるのですか?」

当たり前の時代だ。
なんだかた個人商店経営が急に株式会社になったみたい。
株主からどんどん質問が飛ぶような予感。
こういう質問はこれからどんどん出るだろう。
体罰はしないのですか?(本当ですか)
お休みはあるのですか?(本当ですか)
勉強はできるのですか?(本当ですか)
故障したらどうなるのですか?
人間的な育成法を教えてください。

第2155話に書いたが
学校と受験生の関係がこれまでとかなり変化している。
当たり前である。
この少子化時代を迎え、学校も生徒減少で苦しいのである。
スポーツ名門校だけで生徒が増える時代ではない。
企業スポーツ衰退と同じ道を歩いていると思ったほうが賢明だろう。
このことを踏まえた部活動指導が求められるのは時代の要請のような気がする。

さて、
受験を目の前に控えた中学3年生諸君。
もう1回言おう!

どの高校に行くかでなく
高校で何を学ぶかが大事だよ!

[PR]
by kusanokenji | 2013-10-23 14:00 | ■連載“日々努力”