第2134・・・プレゼン

私にとって大切なものは
私が持っているもので
私が失ったものではないことを学びました


東京オリンピックが決まりましたね。
その報を東京で聞きました。
感動的なシーンに出会って、その日のバレー塾は絶好調!

オリンピック招致の最終プレゼンの模様がテレビで放送されていますが
日本のプレゼンが素晴らしかったですね。
その中でも、パラリンピックの佐藤さんのプレゼンが感動的でした。
けして大きな声を出すわけでもないのに心に響きました。
その中の一節が、冒頭の言葉です。

六本木のバレー塾でも素晴らしい挨拶がありました。
「私は高校からバレーはじめました。
練習は昼休みの1時間しかできません。
それでも先生の指導の下、頑張ってきました。
私は今回はじめてバレー塾に参加しましたが、二日間しんどかったです。
普段これほど長時間練習することがないからです。
でも頑張り通すことができました。とても充実しています。
一緒に頑張っている中学生たちをみて
こんなに頑張っている中学生がいるんだ、
ということも知ることができました。
私はみんさんに元気とやる気をいただきました・・・!」

この言葉も素晴らしいと思いました。
スポーツが彼女に幸せをもたらせて欲しいと思いました。

今回のオリンピック招致最終プレゼンを聞いていると
全体的に次のようなことを言っているような気がしました。

スポーツは
相手に勝つことが目的ではない・・・

by kusanokenji | 2013-09-09 12:59 | ■連載“日々努力”