★★★★★


by kusanokenji
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

第2117話・・・自分を見失うな

あなたが選ぶのは
魚の頭ですか、500円玉ですか?


道路に魚の頭、1円玉、10円玉、100円玉、500円玉が落ちていました。
そこに猫が通りかかりました。
猫はどれを選ぶでしょうか?

「は~い、魚の頭です」
「なぜですか?」
「魚の頭は食べれるが、お金は食べれないからです」
「そうですね、ではそこにあなたが通りかかりました。どれを拾いますか?」
「500円玉です」
「なぜですか?」
「500円が一番価値があるからです」
「そうですね、人間と猫の違いは物の値打ちがわかるところですね、
しかし、何回答えても『10円玉』と答えた人がいるのです。
なぜでしょうか?」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

世の中にはどんどん新製品が出てきます。
電気量販店にいくと、あまりにも製品が多くて、なかなか選べません。

そういえば「〇〇式ダイエット」も良く出てきましたね。
でも、一年後の今、残っているものはあるでしょうか?

新しいもの好き、流行のもの好きな人がいます。
それはそれで好奇心旺盛で結構なんですが・・・・ですね。
いつも新しいものに飛びつく割には、長続きしない。
そういうことってありませんか?

目の前の物珍しものにすぐ飛びついたり
焦ったりするのは、結局自分を見失っている証拠ではないかな。
目の前の魚を獲るのは猫と同じ。
すぐに飛びつくのはあまり信用できない。
しっかりとした目的、目標があれば、あまりふわふわしないはず。
やはり人生の目的や目標を持っている人とそうでない人の差は大きい。
年を重ねるたびにその差は広がるようだから
若いときにしっかり勉強しておきたいものだ。
魚を拾うのではなく、魚の獲り方を覚えるのが人の道。

10円玉を拾った15際の女の子。
養護施設に入所している少し知恵遅れの子ですが、
彼女が10円を選んだのは、一日1回、寝る前に、家に電話するためだったのです。
当時は公衆電話の時代。それも赤電話しかありません。
100円玉や500円玉では用を足してくれなかったのです。
そういえば、昔、沖縄でのトレーニング合宿の時、「30キロマラソン」がありました。
その時に、全員に10円玉と100円玉をテープで腕に巻きつけたのです。
目的は、緊急の時の電話と、自動販売機で水分を補給するためです。
ともに、携帯電話のない時代。

あなたは、目の前に何が見えますか?
木ですか、森ですか?
[PR]
by kusanokenji | 2013-08-09 23:25 | ■連載“日々努力”