★★★★★


by kusanokenji

第2085話・・・げんこつ

昔、昔、先生に
「ハアーッ」と手を温めて
「こん馬鹿が」とゲンコツをもらった。
でも、顔は怖くなかった。


あの先生は今頃どうしているんだろう?

泣きながら自分の子供を殴った親を見て
とても感動を覚えた記憶がある、と言った人がいた。
その話を聞いて震えた。

若い頃、自分は自分の顔を選手に殴らせたことがあった。
それまでとまったく違う「新人類」と呼ばれた世代が
入部してきた。真面目が取り柄の先輩と別人。
指導に困った。
あるとき、
お前ら勇気が欲しいかと聞いた。
欲しいと答えた。
では俺を殴れ!と言った。
できませんと答えた。
人を殴るにはどれくらい勇気がいるかを教えているんや、
勇気が欲しいなら殴れと迫った。
目をつむって軽く殴った。
「バカ!本気で殴れ!俺は本気や!」と怒った。
泣きながら俺を殴った。
5人いたので5発殴られた。
殴るのが下手なので、ゲンコツが顔の骨に当たった。
その晩、顔が腫れた。
翌日、会社を休んだ。
嫁さんから「あんたもバカね」と言われた(笑)
[PR]
by kusanokenji | 2013-06-06 23:04 | ■連載“日々努力”