★★★★★


by kusanokenji
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

第1916話・・・成功とは

成功=完成でない!

ノーベル賞を受賞された中山教授は、中学生の時に
「成功=完成ではない」と書かれていたんですね。(驚き)

先日の我々の学習会のテーマを
「指導者は何をもって成功とするか!」に掲げ、ようやくレポートが
集まったたところなのでそのタイミングのよさに、何かの「縁」を感じました。

なぜそんなことをテーマに設定したかというと
一昨日終わった「国体(国民体育大会)」がきっかけ。国体開催の地元に行けば、ビルの壁には「国体を成功させよう!」との垂れ幕が掲げられ、道には「のぼり」が立てられ、選手には「勝て!」と叱咤激励され、そういう姿を見てきて、一体、「何をもって成功と言うんやろう?」「勝てば成功なの?」「でも、国体は開催県が勝つても、そのあと衰退するけどそれでも成功なの?」「負ければ失敗なの?」「失敗の責任は誰がとるの?」と素直な疑問が湧いてきただけのこと。すごく短絡的というか、無責任な思考に少々ガッカリしてですけど・・・。

そこで、我々スポーツの指導者も、この際、考えてみよう。
そして自分の考えを整理してみよう、となったわけです。

私がず~っと考えていたのは
そのとき、「間違ったかな」と悩んでいたことが
20年後、30年後に
「それで正しかった」ということが判明した、という例が、実際にあるということ。


したがって、何が成功で、何が失敗かは
目先の結果で測れないことが多くあるということ。
特に我々、スポーツ指導者は人の心に関する問題なので
死んでからでないと結果がわからない、
生きている間には知ることはない・・・そんな覚悟が必要ではないかと。

で、あるならば
今考えられる「成功とは」の具体的な問題(テーマ)について
純真に
誠実に
一所懸命に
向き合うこと!


手抜き、
出し渋り、
出し惜しみをしないこと。

これが指導者に課せられた条件ではないか・・・
こういうことかなと考えているところに
「成功=完成でない」に出会い
結構、
嬉しい一日になりました。
[PR]
by kusanokenji | 2012-10-10 03:01 | ■連載“日々努力”