人気ブログランキング | 話題のタグを見る
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

遊佐

【第751回】in遊佐Ⅳ(山形県)
2012年9月29日(土)~30日(日)・・・200名、遊佐町体育館
★受講者累計 153、370名  
   ☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        
               台風は過ぎ去るまで待つ

朝一番快晴、午前10時には雨雲で覆われていました。
遊佐_c0000970_1693577.gif

最年少受講生(2歳)
遊佐_c0000970_1695945.gif

人間学は小学生から
遊佐_c0000970_1695856.gif

カメラとメモで必死に勉強する人
遊佐_c0000970_16101994.gif


【参加者のブログより抜粋】
1.ipadを利用し映像でイメージを作らせ実際にトライさせる。
従来の言葉・実技とは違う静かな受講。
ボール練習は個々人が映像のイメージに近づく様、無心に子供たちが頑張っていました。
より効率的な講習内容になっておりました。
2.心の話
部員数の少ない中学・高校生の参加もある。
試合に出ることが目的ではない。いま苦しい環境は自分を鍛えてくれていること。その感謝。環境に左右される事のない物事の考え方を示していました。
気持ち楽になる。救われる。バレーを終えても人生の困難に立ち向かえる種まきのようなお話でした。
「面接:母親の足を洗いましたか?」の話は目が潤む内容で大人こそ素直に生きたいと思う次第です。
3.初めて参加されるママさん
スパイクスイングの修正で、肩の痛みが取れ楽になりましたとのこと。
明るい顔で話しておりました。

【心の教育】
・お地蔵さん
 くさることは誰でもできる。自分の中に冷蔵庫を作ってください。冷蔵庫がなければ、塩をつけましょう。塩がなかったら、酢をつけましょう。「くさらないやり方はたくさんあるよ。」
 親に手を合わせるときは、親不孝をするとき。○○買ってちょうだい。など。親が子に手をあわせるのは、よいこと。娘さんが毎日、仕事に行くときに今日もありがとう。と手を合わせる母親。

・福島の高校男子の話
 屈辱、悔しさ、腹立たしさ、足で蹴られたようなもの。でもね。世の中で成功した人が通る道だよ。苦しい高校生活が財産になる。恵まれない境遇が自分を磨くチャンスになる。苦労して、人のことがわかる。

・「夕日が沈む!?」「朝日が昇る!?」
 太陽は動かない。動いているのは自分なのに。自分中心で考えてしまう。人のせいにしている。
・チームスポーツ・・・・がんばざるをえないと思える指導。「せざる」「したくなる」という指導をしてください。「きみはこれをしなさい。できなければ悪い。」という指導はしないでください。
・仕事も一緒。心がなければ雑になる。それが雑用。トイレ掃除も、汚いなあ。いやだなあ。と思ってやるか。きれいになるのが好き。と思ってやるかで違ってくる。心があれば、雑用でなくなる。
by kusanokenji | 2012-10-03 16:19 | ■講習会リポート