★★★★★


by kusanokenji
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

第1877話・・・中学3年生

こんなにバレー大好きなのに・・・・

最後の最後
まさかまさかのひどい捻挫で
試合に出ることもなく
中学バレーの最後を閉じてしまった一人の女の子。

万全の準備で臨んだ中学最後の総体当日の朝。
全体アタック練習の時、他中の生徒がボールを拾うおうとネットの下に・・・
着地の時、運悪くその子の足に乗っかって、床に倒れこんだまま・・・・
凍りつく監督、仲間、二階から見ていた保護者・・・
「何があったの?」「どうしたの?」「どうして起きてこないの!」・・・・
「立ち上がってよ!」・・・祈りもむなしく病院へ直行!

小学校の終わりころ腰椎分離になり
気が付くのが遅く、骨が分離したまま中学校に入学。
家族の支えを受けながら、仲間と、新しい先生と、本人の努力で
晴れの舞台に、選手として仲間と共に立ことができたのに・・・・
どうして私にバレーをさせてくれないの!
神様も仏様もいないの!?って・・・
僕にはそんな叫び声が聞こえてきました。

でもね、
僕はこう思います。
神様や仏様がいたからこそ
ブレーキをかけてくれたかもしれないね、って


あのまま試合に出ていたら、調子が良すぎてもっとひどいケガをしていたかもしれない
もう、それでバレーボールができなくなるかもしれない
しかし、あなたにはこれからもっともっとバレーボールを愛して欲しい
このまま終わらせてはいけない・・・・だからこれ以上大きな怪我はさせられない・・・
そう、神様が思われたのだと・・・僕は思うようにしました。

 <限定公開なのでここでしか見れません>

中学3年生よ
勝っても負けても
君たちには未来が待っている。
未来に向かって羽ばたけ!

[PR]
by kusanokenji | 2012-07-25 07:04 | ■連載“日々努力”