★★★★★


by kusanokenji
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

第1869話・・・力をください

ぼくにも力をください!

友人から言われたことがあった。
「師がいない人生は寂しいですよ!」と。

僕には、私淑している人はいるが、師と呼べる人がいない。
私淑している人の考えを軸に自分の考えと行動を信じて
生きてきているがそういう意味では確かに寂しいと実感している。

甘えたいとき甘える人がいない
相談したいとき相談できる人がいない
これはきつい!
こういう辛さを体験しているから相手の心情もわかる。
だからこそ人から相談されたら、オールウエルカム、全面開放で迎えて
精一杯の対応をさせてもらう。


いろいろな宗教にもあまり興味が湧いてこないし
神様やお天道様の存在はある程度信じているが
そういう意味では、これっ!といった生きる支えになるものがない。

現役の監督時代、みんなで初詣などで神社参りする時など
「神様には、先にお願いしたらあかんのやで、
一番目は、日ごろの怠慢さを詫びる
二番目は、日ごろの生活に感謝する
三遍目に、ようやくお願いするんだぞ」と言ってたくらい。

詫びて、お礼を言って、最後にお願い!

根が真面目な自分。若いときからである。
道楽や遊びや賭け事が一切できない。
旅行などもできない。しようとも思わない。

しかし、今でも、様々な努力は欠かさない。
誰かに見て欲しいとも思わないし
誰かのために頑張っているわけでもない。
頑張っているそのものが好きなだけ。
そうすることが生きることだと・・・・そんな感じ。

物欲もないし、金にも執着心がないし、名誉欲もほとんどない。
日々健康で、家族が穏やかに生活できていればありがたい。
そして人のため世のために頑張れることそのものがありがたい心境。
だから全国を飛び回ることができているのだと思っている。

時々思う。
神様やお天道様は、自分のことどう思っているんやろ?って。
そう思うとき
神様やお天道様から嫌われないようにしなあかんな、と素直に思えるのである。

いつか
力を貸してもらえる時がくるならば
困っている人を
助けられる力を
授けてもらいたい!


今日も一日、神様から好かれることをがんばろう~! お~っ!
[PR]
by kusanokenji | 2012-07-12 06:11 | ■連載“日々努力”