カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

第1871話・・・人材と人財

人財・・・なくてはならない人
人材・・・取替え可能な人



目の前の人を喜ばすことのできる力をつけましよう。

世に出ることを急ぐより
徳を積み
自分を磨くことに
全力をつくすのが「人財育成」への道。


小学校、中学校時代は特に大事な時期です。
相手に勝つよりも
己に克つ努力の積み重ねが
徳を生む体験だと思います。

徳川家康も
少年時代の人質の苦労や
不運・不遇な体験が
大成した理由であることはご存じの通りです。

相手に負ける悔しさよりも
己に克てない悔しさの方が
その後の成長の肥料になるのは明らかです。
なぜなら
相手に負けた悔しさなんて、すぐ忘れちゃいますからね!(^^)!
それが我々凡人ですよ。
忘れるからまた頑張れる。
悔しさなんて泣いて終わり!

でも
自分に克てない悔しさは
ず~っとついくる。
敵はいつもくっついています。

敵は自分ですからね。
自分はいつも自分のそばにいますからね。
人は離れても自分は離れません。
だから自分に克つのです。





















考えずにやるのは機械と同じですね。
by kusanokenji | 2012-05-22 09:08 | ■連載“日々努力”