★★★★★


by kusanokenji
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

第1861話・・・環境のせいにしてはいけない

あなたは、環境が整わないと
     何もできないのですか?


優しくも厳しいお言葉です!
大人社会、企業社会では当然です。
仕事のできる人間、仕事のできない人間の差。
環境を整えすぎると、
環境が整わないと何もできない人間が育つ危険性があります。

時間がない、人がいない、お金がない、場所がない・・・・。
こんな環境からのスタートでした。
ならば、
時間を作るには、仕事を徹夜してでも頑張って時間をつくる。
人がいないならば、直訴しても採用をお願いする。
お金がないならば、徹夜してでもバイトする。
場所がないならば、屋外で練習する。

お蔭で、「環境のせいにしない生き方」が身に付いた・・・・!
ありがたいものです。
今、そういう頑張りをしている人たちが私の周りにはいます。
確かに苦労かも知れませんが、めげずに頑張り通して欲しいと思います。

環境をよくしたからと言って、人が育つとは限りません。
「よくなった環境」が当たり前の中にいると、精神が停滞してしまい、
逆につまらぬ人間に育ってしまうことが多々あるように思います。

指導者でもそうです。
練習時間が少ない、部員が少ない、体育館が使えない・・・
環境のせいにしてしまうその思考と行為に問題があるのです。

「環境は人を育てる」と言いますが、
その環境とは、目標にする人物がいるとか、自分を磨ける環境のことであって
けして物理的な環境ではありません。
苦労を共にした仲間の信頼は永遠です。

バットを振り続ければ手にマメができる。
歩き続ければ足の裏の皮が分厚くなる。
すべてが、その人の行為に対する恵みをいただいています。
何不自由なく、ぬくぬく育っても、そのことが本人のためにはならないのです。
幸せを守るのでなく
 幸せから守られる生き方を求めていきたいものだと思う昨今です。
[PR]
by kusanokenji | 2012-05-08 12:05 | ■連載“日々努力”