カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

第1849話・・・指導者の配慮

   選手の顔が見え
       選手の声が聞こえる指導


そういう配慮のできる指導者が望ましい。
指導者が熱く我がチームを語り、我が選手を語っても
選手の顔や声が見えないと空しく聞こえる場合がある。
熱く語れば語るほど空しく聞こえる場合さえある。

聞く者、見る者の心を動かすのは選手の姿からが一番。
指導者というフイルターがかかっていては人の心を響かせることはできない。

我が子の声
我がチームの選手の声
部下の声
受講者の声

それが聞こえるようにするのが
お互いに成長しあえる環境ではないか
そう思えるのです。

学校の三者面談。
子どもと親の意見の食い違いは多いと聞きます。
「子の心、親に届かず!」にならないようにしたいものです。
by kusanokenji | 2012-04-17 08:37 | ■連載“日々努力”