★★★★★


by kusanokenji
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

第1809話・・・心の余白

自分の心が低いから
         相手の嫌なところが見えてくる。
自分の心を少し上げると
         相手の良いところが見えてくる。
  


街を歩いていると、振り返りたくなる美人と出会うことがある。
前から見ても、後ろから見ても、横から見ても美人。、
しかし、真下から見たらどうやろ?ブスに見えるでしょ。
どんな美人でも欠点があるというこっちゃ、ワハハハ!

こんな話をすると結構印象に残ってくれるみたい。
大人も子供もである。
「頭でわかっていても感情が許さない」というのがよくある。
頭でわかる話・・・・正論。
感情でわかる話・・ユーモアまじりの話。

人間は感情の動物だから正論だけでは動かないみたいだ。
正論ばかり言うと時にして反感を招くときがある。
「反抗」である。
そうすると「素直でない!」とまた正論をぶつける。
ますますおかしな関係になる。

感情に訴えるには「ゆとり」が必要。
「ゆとり」とは「余裕」「余白」のこと。
自分の中に「余白」をもつこと。
今日も、余白をもって子供と向き合おう!
[PR]
by kusanokenji | 2012-02-16 07:56 | ■連載“日々努力”