カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

第1768話・・・いい話題を

いい話題を届けよう!

仕事とかの悩みを抱えて疲れて帰宅したとき
いつも「明るい話題」を振る舞ってくれたのは嫁。
なぜか、ホッとするバカ夫(自分)。
こうして「また頑張ろう」を繰り返す日々だったような・・・。
だから いつしか、いつも前向きな自分になったような気もする。
調教されたのかな?

「明るい話題」「元気の出る話題」・・・・・・
そういうものを届ける人のそばにいるとホッとする。
だから自分もそうなりたい。
そのためには【不満】を口ぐせにするより【感謝】を口癖にすることから
始めることだと自分に言い聞かせる。

作家、三浦綾子さんは「人間学入門」のなかで

  九つまで満ち足りていて、  
  十のうち一つだけしか不満がない時でさえ、  
  人間はまずその不満を真っ先に口から出し、  
  文句をいいつづけるものなのだ。  
  自分を顧みてつくづくそう思う。
  なぜわたしたちは不満を後まわしにし、 
  感謝すべきことを先に言わないのだろう。

と書いておられる。
  なぜわたしたちは不満を後まわしにし、 
  感謝すべきことを先に言わないのだろう。


そういわれたら本当にその通りだ。
頭が痛いときは、腰の痛みは忘れ
腰が痛いときは、膝の痛みは忘れ
膝が痛いときは、血圧の高いのを忘れる。
by kusanokenji | 2011-12-03 07:48 | ■連載“日々努力”