人気ブログランキング | 話題のタグを見る
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

講習会

第343回 <in橋本>  (380名参加・・・受講者累計 45,900名)
5月3日(県立橋本体育館):河合第一中学校・片塩中学校・高田西中学校・野原中学校・清風中学校(大阪男子)・西大和学園(奈良男子)・五條高校、名古屋のジュニアチーム・白鳳中学校・青渓中学校・育英西中学校・五條東中学校・紀和ティンカーベルズ・・・・計13チーム(230名)
5月4日(同上):宇智クラブ(小学)・下市中学校・白鳳中学校・青渓中学校・育英西中学校・五條東中学校・紀和ティンカーベルズ(小学)・・・計7チーム(150名)
講習会_c0000970_13524348.jpg
<自然体バレーの申し子たち>・・・女子のジュニアチーム紀和ティンカーベルズは創立満3年を迎えた。設立当時から一貫して自然体バレーを徹底継続している。練習は週7時間。土曜日3時間、日曜日4時間である。そのうち半分は「体づくり・動きづくり」・・・子供の将来を大切にする指導方針に迷いはない。今回はジュニアから高校生までたくさん集まった。しかし基本的な動きやバレーボールに必要な身のこなしに彼女たち(ティンカーベルズ)にかなう中学生はいない。まさに圧巻、アッパレ!・・・・弱かったチームが少し強くなった。先日五條市内の大会で14チーム参加中、2位の成績を収めた。僕は代表者である岸田代表にすぐメールした。「ええっつ!なになに!!! ティンカーベルズが準優勝????
それも14チームの中で・・・?????ダメです!ダメです!勝ってはダメです! そんなに早く勝ってはダメです。選手も周囲も錯覚して成長がストップしてしまいます。凡人は、勝ってしまうと途端にダメになります。(中略)未熟なチームが結果を出すと、チームの中がイビツになります。小学生といえどもチームの中が分裂します。それをリーダーがまとめられる力がないと、チームの進む方向がおかしくなります。大人ではどうしようもない、いびつな力関係が子供たちの中に芽生えてくるのです。子供ほど残酷です。「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」とはそういうことです。でも、半分、そうか、そうか!とニタニタしながら書いていますけど・・・。」と。
 チームには女性コーチ3人がついているが彼女たちはこれまでのバレーボールからの脱皮に苦しみながらもよく指導してくれた。僕は2日目の夜、彼女たち女子コーチに初めてお礼を言った。  <写真は、楽しく練習に励む子供たち>
講習会_c0000970_2249641.jpg

by kusanokenji | 2005-05-05 22:35 | ■講習会リポート