★★★★★


by kusanokenji
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

第1676話・・・自分磨きの旅

上に立つ者ほど自分を磨かないと人間が空洞化する、と第1674話で書きましたが、今週末の滋賀県における強化練習会には、各地から延べ24名の指導者が研修目的で参加されるようです。遠くは栃木県(中学校の先生)、茨城県(小学校の先生)、東京(高校の先生)からも見えられます。
まさしく「自分の研修」のために・・・。
前回も「自然体バレーをやっている中学生のプレー」を直接に見るために沢山の指導者が集まっていただきましたが今回も負けじと劣らずの勢い。このブログを見て、当日参加の指導者が増えるかもしれませんね。興味ある方どうぞお越しください。JR湖西線「蓬莱駅」から徒歩10分です。

新しい常識をつくる!

「怒られてやるバレーボールとサヨナラ」が見れるのも
   「新しい常識」のひとつかもしれません。

別に大したことではないのですが、
ひょうひょうと取り組むところに意味が隠されているのです。
まず、コーチや監督の存在が目立たない。
自然体バレーでは「選手が主役」ですから当然ですが・・・。その代わり
鬼コーチ、熱血漢、カリスマはいませんが教育者が後ろにどっしりと控えているのです。
「監督」ではなく「先生」です。

どこかの高校野球チームで甲子園に出場したチームの選手が
監督を「先生」と呼んでいましたね。あれ、いいですね。

「力任せ」「歯を食いしばる」「笑顔を見せない」・・・・これは見れません。
なぜなら、これらはまったく真逆ですから。

そして、小学生時代にここで育った選手たちの中学校での成長過程を見ることができます。

いづれにしても「新しい常識をつくる」とはなんぞや?!の答えがあることには
間違いありません。すべてが未完成でありながら、それを楽しむことができるのです。

「自分を磨く」
そのために、時間とお金と情熱を、わが意志でわが身に投資するのです。
最高の贅沢な生き方と同時に、しあわせな人生でもあるような気がします。
留守を守る奥さんや家族のみなさんに感謝してお越しください。
[PR]
by kusanokenji | 2011-07-08 11:05 | ■連載“日々努力”