★★★★★


by kusanokenji
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

第1666話・・・馬と鹿

人に愛される秘訣は
   自分のことにあくせくしないこと!


馬は自分で小屋を建てることはできないのに
 みんな馬小屋に住んでいるのはなぜだと思う?
 (答えは、人間が小屋を建ててくれるから)

昨晩のトップレベルでの子供たちへの質問。
「馬は走るから」
「馬は荷物を運ぶから」
そう答えてくれた。
「そうだよな、馬は人の役に立つことばかりしているもんな。
    だから馬は人間から可愛がられるんだよ」
「この話は生き方の基本になる話だよ」
とそんな話をしました。

「勝つバレー」ばかり考えると、こういう気持ちを忘れます。
人の役に立つ、人を安心させる・・・こういうことから離れるのです。
人としての優しい気持ちがだんだん離れてしまうのです。
いけませんね。人間なのに人と争うことばかり考えるのはいけません。

今は違います。
どうしたらみんなが上達できるようになるかな、
どうしたら喜んでくれるかな、とばかり考えています。
そうすると
顔の表情も、心の表情も変わってきます。
人との交流の世界も広がります。
住む世界が広がるのです。

サルなんかちょっと街中に出没するだけでテレビ、新聞に出て大騒ぎ。
しかし、奈良公園にいくと鹿はのんびり散歩している。
馬小屋では「おまえ、よう働いたなー」と人間が馬を丁寧にマッサージしている。
ライオンやトラは動物園のオリの中。
この差は何でしょうか?
[PR]
by kusanokenji | 2011-06-24 08:58 | ■連載“日々努力”