★★★★★


by kusanokenji
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

第1665話・・・三者三様

手を打てば 下女は茶を汲む 鳥は立つ 
            魚は寄りくる 猿沢の池


奈良の猿沢の池のほとりに立って手を叩くと
 ・女中さんはお茶をもってきてくれた
 ・鳥は慌てて逃げて行った
 ・鯉が餌を求めて集まってきた
一つの手の音で三つの姿が見えた瞬間。
これは「手の音」の責任ではない。
「受け取り方」「聞き方」の差の問題。
そういうことを教えてくれる短歌である。

同じ話をしても
 ・おもしろい
 ・おもしろくないがあって当然。
しかしそれに甘えていると
1年もたてば消えていくのがお笑いの世界である。
彼らの努力はすごいと思う。
話すのが商売の職種の人は見習うところが多い。
[PR]
by kusanokenji | 2011-06-23 09:49 | ■連載“日々努力”