★★★★★


by kusanokenji
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

第1653話・・・心の成長

小学生も中学生も、
高校生も大学生も
社会人も・・・・・最初からやさしく物分かりよく接するとロクなことはない。
選手をスカウトするとき、いいことばかり言うと、あとで必ずもめるのと同じだ。
「最初の話と違う」「約束が違う」「だまされた」と言いだす。
最初優しくして、後から急に厳しくされると人はもろく崩れるのだ。
冷たくされた、無視されたと逆に恨まれるのがオチ。
賢明な指導者はそういうことはしない。

10のうち9がよくても、1つ悪ければ、結果は悪い方に傾くのが人間のさが。
評価が過去の9つの努力よりも、直前の1つで決まってしまう場合が多い。
人間が未熟なほどその傾向が強いので注意しよう。
逆に言えば、
いろいろ辛いことがあっても最後にいいことがあればうまくいくということだ。

人間関係もそういう傾向が強い。
慣れが怖い。メッキがはがれるからだ。
最初は敬語使っていても、慣れてくるとタメ口吐くようではアカンやろ。

最初は厳しくとも、だんだんと認められていくと人は成長する。
その成長のチャンスをみすみす逃してはいけない。
6月は正式な部活の入部が決まってチームが心新たに動き出すとき。
そういう時に
「声だし」「ボール拾い」だけさせたらどうなるか!
きっとあとで苦労するだろう。
人の成長も、チームの成長も「旬」がある。

指導者の最大の罪は、同じ過ちを繰り返すこと。
最初の1週間の体験が勝負のときであることを肝に銘じたほうがいいと思う。
人は成長するチャンスをいつも待っている動物なのだ。
[PR]
by kusanokenji | 2011-06-07 08:56 | ■連載“日々努力”