★★★★★


by kusanokenji
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

第1634話・・・大津市の小学生バレー

中学校になってから伸びる。
高校になったら加速をつけて伸びる。
これが自然体バレーの底力だと思っているのだが・・・その姿が見られてよかった。


滋賀県大津市・・・・琵琶湖の美しい街。
なぜか縁があるようだ。
志賀中の子供たちの育った環境が、間接的ではあろうけど垣間見えた感じはする。
5月8日の講演会を通じて
大津市のスポーツ少年団の取り組みは素晴らしいと思った。
大人の愛情を感じた。
愛をもって子供の成長を願う大人の集団だと思った。
40年も続けてこられたことに敬意を表したいと心から思った。
心にも身体にも余白をもって次のステージに進むための第1歩が少年団活動。
それらを体験した子供たちが中学校に進む。
中学校で正しい指導を受ければ全員が上達する・・・・それが志賀中だと思った。
大津市スポーツ少年団のの取り組みはバレーボールに限らず、
あるいはスポーツに限らず、人間づくりの基礎をされているのだから
すべてにおいての成長の土台をつくられているのである。
中学校の指導者、高校の指導者と連携されて欲しいと心から思った。
過去のバレー塾は第2回第3回第4回、である。

今年も7月30、31日に予定されている。
[PR]
by kusanokenji | 2011-05-10 08:53 | ■連載“日々努力”