人気ブログランキング |
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

第1616話・・・継続と進化

【継続と進化】
企業の永続的発展に必要な原理原則の考え方。
何百年と続く老舗の家訓なるものも同じ発想。
伝統とは満タンのコップの水をリレーしていくこと。
コップの水は自然蒸発もするし、持ち運ぶと漏れもする。
次世代につなぐ(伝統)ということは、半分こぼれたコップの水に
新しい水を継ぎ足していくこと。
残った半分の水が継続された水。
新しく注ぎ込まれた水は進化の水。
この両者があって「伝統」が残る。
水を継ぎ足すことを「受け継いだ者の努力すべきこと」という。
その努力を怠ったらどうなるか・・・・。

いいものは継続する。
悪いものはその代に絶ち切る。


足りないものは新しく創り出す。
コップの水を継ぎ足す心。
仏壇のお花の水もサボれば枯渇する。

新しい発想は、春の芽だ。
桜のつぼみは誰がつけるのか。
桜の樹に水を与える人はいない。
しかし桜は毎年花を咲かす。
人の力を借りずに人を喜ばす。

継続と進化!
常に表裏一体だ。

バレーボールの「普及と強化は一体だ」と同じ発想にもなる。
強化ありきの強化は継続性に弱い。まるで一過性のイベントだ。
普及の上に乗った強化は継続する力がある。
故障せずに、意の赴くままに動くことのできる体ができれば
技術は乗っかかるのと同じだ。
by kusanokenji | 2011-04-16 08:57 | ■連載“日々努力”