人気ブログランキング | 話題のタグを見る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

第1569話・・・ザッケローニ監督

サッカーとかバスケットみたいに目の前の敵と戦わなければ
いけないスポーツはどうも苦手で興味もなかったが、最近の
サッカーはうまくなりましたね。
ぼくみたいな人間でも時々テレビをみますもんね。
バレーの時はすぐ眠たくなるのにサッカーは目が離せない(笑)
あの長友選手の動きなんか、惚れちゃいますね。

でも、最後まで見るときは負ける時が多いんです。
で、アジア大会の決勝戦の日。夜中の0時過ぎからテレビ放送の日。
ちょうど近江八幡(滋賀県)での講習会で懇親会が終わってホテル
に帰ったのが12時前。このままテレビを見るか寝るか、と思案したが
3秒で「寝る」と決断。
その理由は
1、見ないほうが勝つ
2、明日の講習会に差障ってはいけない

朝、テレビにスイッチON!の瞬間「勝った!」の報道に「オー!」と
気合が入り、気持ちのいい朝を迎えました。

ところで
勝ってしまえば賞賛を浴び、負ければボロクソ、ミソッカスに
叩かれるのが勝負の世界に身を置く人間の宿命みたいなところがありますよね。
でも、それに屈することなく、ブレることなくやり切れるところに
「福せ」が待っているんですよね。
監督が苦労して悩んでいるとき・・・・
その時こそ、監督が成長しているときかも知れませんね。

ザックローニ監督に学ばせていただいたこと
1、中学生でもわかる言葉でトップ選手に伝える
2、控えの選手への気配り
  いつも「チャンスがくるからな」と伝えている
3、包容力!

ちょい悪中年、陽気ではしゃぐイタリア人のイメージとはまったく別人の
「温厚・真面目・地味」な存在。
苦労人の人間味ある振る舞い。
そして
「こんな短時間に日本人のことを理解できたなんてうぬぼれていません」。
「会見の前に今大会で怪我した選手にお礼を述べたい」と4名の選手の名前(忘れた)
を記者会見の場で言われた姿にハッとしてしまいました。
by kusanokenji | 2011-01-31 09:12 | ■連載“日々努力”