★★★★★


by kusanokenji
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

第1555話・・・元はとらんとな

今朝の「てっぱん」
人生、失敗した者勝ちや・・・・
あんたかて、酔っぱらいの客がきたらどうした?
「困ったけど反省した」
そうやろ、困った時よりよくなっていくやろう・・・そうやねん・・・
-----------------------------------------------------------------------------

今回の「自然体公認講師指導者講習会」に向けて年末より宿題を出していた。
9つの課題である。
正月返上で課題に取り組み、人生初めてここまで勉強したという人も多くいた。
しかし、講習会の初日の冒頭、「皆さんが書いてきた回答は見ません」と言った。
理由は、「個人の考えを聞いているのではありません。自然体ではどのように
考えているのか・・・そこが知りたいからです」と言った。
せっかく書いてきたのに・・・と内心思った方もいたかもしれない。
(こういう表情を誰もみせないところがみなさんのエライところでした)
続けて「でも、課題に取り組んできたことはムダにはなりません」とも言った。
その答えが今朝の「てっぱん」でのセリフである。
テレビを見てそのタイミングのよさに我ながら驚いた。

課題に取り組んで正月返上で書いてきた時よりもはるかにいいものができた・・・・
そういう体験をしてもらいたいということである。
その期限は1月20日。
せっかくの研修を、ただの研修で終わらせない。
真の研修は終わった時からはじまる!
「元はとってもらう」のが私の役割・・・・(頑張った分、自分のものにしてもらう)
何事も
考えれば考えるほど、やり直せばやり直すほどいいものができる。
そして自分に身についていく・・・・ここはポイント!
宿題も、試験も、僕に見てもらうのが目的ではない。
自分に身につかせるために勉強する体験。
失敗しても、失敗したときよりもよくなっていくプロセスの実体験!
失敗のおかげでここまでできた、という実体験!
この体験が、指導する上でどれだけ大切か・・・・という体験。
それらが、「見ません」という言葉に表れたのである。

元をとる・・・・転んでもただでは起きない。
竹下のフライイングレシーブで床に飛び込みながら
ボールの行先を指さしているあの姿ですね(笑)
大阪人のいいところですね。
[PR]
by kusanokenji | 2011-01-12 08:38 | ■連載“日々努力”