人気ブログランキング |
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

第90話(4月12日)・・・知人の訃報を聞いて

知人の相次ぐ訃報が飛び込んだ。病気と交通事故。まだ働き盛りの二人。心がゆさぶられた。そして激しい悲しさに襲われた。すでに他界した父母や肉親を見送る時も悲しかったが、こうした知人の訃報も悲しい。講習会で話す「シャボン玉」の歌の話も命の大切さを訴える話。一番子どもたちに伝えたいのは「親より早く死んだらアカン」「大切にしてくれる人を悲しませるな!」というメッセージが目的・・・。このたびの訃報に接し、ご健在の親、そしてご家族の心中を察すると言葉を失った。

今朝の毎日新聞の余禄欄にこんな文章があった。ゲーテの主治医を務めた医学者フーフェラントの著書「長寿学」では島や半島を「高齢者のゆりかご」と呼んでいる。そして幸せな長寿の最高の妙薬として「喜び」をあげている。「喜ぶ機会がなくなることはない。生きていること自体が喜びなのですから」。

そういえば、3月まで放映していたNHKの朝の連続ドラマ「わかば」のおばあちゃんが、ことあるごとに「生きちょるだけで丸もうけたい!」というセリフを思い出した。故人のご冥福をお祈り申し上げます。合掌
by kusanokenji | 2005-04-12 11:25 | ■連載“日々努力”