人気ブログランキング |
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

第1366話・・・心のケアー 2

有望新人に自分の居場所を追いやられる先輩の心境。
若手社員に追い抜かれる先輩社員の心境。
部下だった後輩に、ある日から上司になられた人の心境。
そりゃあ、誰だって心穏やかでないし、心乱れて当然だと思う。
そんな自分から早く脱出したい、元の自分に戻りたい・・・
そういう心境とは裏腹に空しい日々が続く。

ふと、小椋佳さんの「しおさいの詩」が蘇った。

青春の夢に 憧れもせずに 
青春の光を 追いかけもせずに
流れて行った時よ 果てしない海へ
消えた僕の 若い力 呼んでみたい
恋でもいい なんでもいい
ほかの全てを捨てられる 激しいものが欲しかった

------------- そこで 次が浮かんだ-------------------------------------

大切な努力に 背中を向けて
大切な仲間にも 背中を向けて
消え行く時の流れ 空しい日々よ
消えた私の 素直な心 早く取り戻したい
夢でもいい なんでもいい
無心にボールを追いかける 元の私が欲しかった
---------------------------------------------------

歌詞ってすごいな。あらためて思った。
奥深い世界が凝縮されているもんな。
見えないものがいっぱい詰っている感じ。

他のすべてを捨てられる
激しいもの(新しい目標)を見つけられたらいいね。
by kusanokenji | 2010-04-08 11:08 | ■連載“日々努力”