人気ブログランキング |
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

第1354話・・・「徳性」第2弾

第1346話で「徳性」について書きました。
人間は「人の役に立つ行いが大切である」と。

今回は2~3日前の毎日新聞の投稿欄よりです。
【礼儀正しい中学生と先生に感心】
 「バス停に行くと、制服姿の10人余りの中学生がベンチに腰掛けて待っていました。
バスが来ると、引率の先生から「どうぞ」とうながされ、私たちが先に乗りました。
 部活動でもあるのか生徒達は大きなバッグを肩にかけていました。
そして後部座席に座り、がやがやと話をするでもなく乗って居るのを忘れるほど
静かにしていました。しばらくしてバス停につきました。
すると引率の先生は小声で指示をして生徒達を誘導し、最後に私たちに
「失礼しました」と挨拶していかれたのです。・・・・」

以上のような内容でした。素晴しい先生と生徒さんですね。
私が監督の頃、選手みんなで創り上げた「女子バレー部心得張」には
遠征などの移動時、あるいは道を歩く時のマナーについて
事細かに書いてあります。
道を歩く時に横に広がって大きな声で喋る。それも人の悪口を・・・。
中には菓子をほおばって・・・・スポーツ選手として醜い姿であると。
新幹線の中での我が物顔の態度・・・・いくら強くても、評価は「マイナス点」
スポーツする以前の問題です。こういうことにならぬよう、今一度気を引き締めて
子供たちの指導に当たりましよう。
by kusanokenji | 2010-03-25 09:02 | ■連載“日々努力”