人気ブログランキング | 話題のタグを見る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

第1268話・・・見えない敵

心配性の人に「心配するな」と言っても心配性は直らない
思い込みの激しい人に「思い込むな」と言っても直らない

どちらも見えない相手を敵に回している。

受験や、試合や、人生までもが
「見えない敵」と格闘して そして苦しむのだ。

そういう方に、少しだけ いい話がある。
これも今朝の朝刊からである。
「高校駅伝」から
 武蔵越生(埼玉)は今回、県予選で都大路常連の埼玉栄を破って
初出場を決めた。指導する北村監督は合宿で、ほかの監督たちから
受けたアドバイスをもとに、選手たちに向ける言葉を変えた。
それまでは「埼玉栄に勝とう!」だったが
「14分30秒を切ろう!」にした。(メンバーの5千メートルの平均を)
埼玉栄は前年も全国で3位。
走ってみないとわからない相手を想定するよりも
タイムという現実的な目標をもたせた。

という話である。
こんな話をすればバレーボールの指導者なら
「サーブレシーブの返球率を記入する」
「サーブ確率を90%にする」
「アタック決定率をつける」
とまあ、そんなことに走りそうであるが
ちよっと待って!
もっと、ほかにあるんじゃない?
という発想が必要です。
   
by kusanokenji | 2009-12-17 10:11 | ■連載“日々努力”