人気ブログランキング |
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

第1242話・・・いいいことはやったもの勝ち

「いいことはやったもの勝ちだからね」と、そんな話をしました。
続けることは難しいことです。

健康にいいことを続ける
勉強を続ける
ダイエットを続ける
早朝ランニングを続ける
何回かはできても継続はなかなか難しいものです。

「バレー塾」を継続してくれる人たちが全国で増えてきました。
殆んどが「個人のボランティア」です。
組織の人は組織を離れたら心まで去ってしまいますが
個人で動く人は死ぬまでやり続けます(笑)。
体育館を借りるのは組織にお願いしなくてはいけませんけどね。

個人で動く人の動機は「愛」です。
最初は「家族への愛」からです。
子供がバレーボールをやりたいと言っているが近くにチームがない。
あっても暴力的で、体に悪い動きでとてもじゃないけど預けられない。
なんとかして我が子供のためになるものをしてあげたい。
それじゃあ、理想のチームを自分でつくるか!
そこから出発!

バレー塾を重ねてチームらしくなってくる。
そこには沢山の子供が集まってくる。
そこには子供たちの笑顔が待っていた。
その中に愛する我が子もいる。
その姿を見るだけで親の心は救われる。
バレー塾を開催するには幾多の困難が待ち受けている。
準備は大変だ。しかし、子供の笑顔をみると
「あ~、やってよかった!」・・・そう思う一瞬である。

バレーボールを行う動機は様々だ。
自分の無念を晴らす目的でやる人もいる。
本意は定かでないが自分の夢を果たすために子供を利用する人もいると聞いたりする。
しかし、ボランティアでバレー塾を開催してくれる人たちの動機は「愛」だ。
純粋な愛だ。勝負じゃない。教育でもない。
だから継続できる。
だから笑顔がある。

いいことはやったもの勝ち。
他人の喜びを我が喜びにできる体験が待っている。
きっと「喜びを分かち合える幸せは絶品だ!」と噛み締めているだろう。
みなさん、がんばってください。
by kusanokenji | 2009-11-09 08:11 | ■連載“日々努力”