人気ブログランキング |
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

第14話(12月22日)・・・忘年、忘形の交わりをしよう!

「忘年会」は、老いも若きも自分の年齢を忘れて交わる会。
「忘形の交わり」とは、人間と人間の自然な付き合いのこと。
これが本来の意味だと、東洋の陽明学では教えています。
目先の損得だけでのお付き合いはほどほどに。


平安時代の書物の中にも「絶交論」と云うのが書かれております。
① 勢交 : 勢力のある人と交わっていく。② 賄交 : 金品を贈って付き合うこと
③ 談交 : 議論仲間。④ 窮交 : 急場しのぎの同情仲間。⑤ 量交 : 打算的に付き合う。この5つはすべて利に交わるから、こういう交わりは早く絶つ方がよいので「絶交論」というらしいのです。ある会社のOBは「退職者のOB会に出席しても昔の肩書きが幅をきかしてね…」としみじみ漏らしていました。バレーボールの世界でも高校と実業団の関係が週刊誌にスクープされるぐらい大きな問題になったりします。もちつもたれつの関係を逸脱して、癒着構造に近いもたれ合いになってしまったら、いつか破滅するのが世の中の道理です。
by kusanokenji | 2004-12-22 13:39 | ■連載“日々努力”