人気ブログランキング | 話題のタグを見る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

第1162話・・・「カバー力」を蓄える 2

第1162話・・・「カバー力」を蓄える 2_c0000970_941089.jpg

【落下点移動】
イチローの背面キャッチを究極の落下点移動技術として考えているが
自然体バレーではかなり重要視しているプレーのひとつ。難度が高い。
平衡感覚や遠近感覚などの総合技術として位置づけており
様々なドリルが用意されている。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今回のテーマは【レシーブボールの落下点移動に慣れる】
しかも「目線切り」が入る。
目線切りとは、落下点に移動中、ボールばかり追わないで周囲の状況を
把握することが目的。具体的には、ボールを返球する相手と場所の確認。
このドリルでは、ボールを受けとる人が腕を高くして「グー・チョキ・パー」の
合図を送り、それを答えながらプレーするもの。
移動中の周辺視野拡大を目的としたドリルでもある。
【移動中に腕を振らない】
陸上ではないのだから腕を振る必要はない。
原則はあくまで次のプレーをやりやすくするための移動であることを理解する。
「足の動作と連動・協調しながら両腕をパスの形にもっていく」
ここに意識をおきながら足と腕を動かすこと。
by kusanokenji | 2009-07-20 07:35 | ■連載“日々努力”