人気ブログランキング |
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

第985話・・・テクニック

「誰かの話」をこちらが言い出したとき
相槌を打つだけにとどまらず一緒になって批判する人がいる。
ちょっと軽く言っただけなのに火に油を注ぐみたいな・・・。
そういうとき、ちょっと嫌な気持ちになり後悔する。
あぁ、こんな話するんじゃなかったと。

「誰かの話」になったとき、さり気なく相手の長所をうまく話す女性がいる。
こういうときにその人の「にじみ出る教養」を感じて、それ以上エスカレートしなくなる。
素晴しい人間の抑制効果だと思う。
自分の都合を優先する人にはちょっと難しい芸当だ。

相槌が癖になっている人がいる。こちらは何にもいわないのに
ハイ、ハイ、ハイとか必ずハイを3回言う人、ウム・ウム・ウムと言う人。
明らかに「この人、本当に聞いているの?」と相手に疑問を持たせる相槌だ。
また変な相槌のお陰でどんどん話がエスカレートしてしまうこともある。
これが井戸端会議なのうだろうけれども、賢い人のすることではない。
人の話を聞くには相槌を打て・・・とは聞き方教室みたいなところでの
テクニックであろうけれどもそうではない場合があるということ。
ハウツウものに頼ってはいけない。大事なのは根本、原理原則。
by kusanokenji | 2008-11-27 10:59 | ■連載“日々努力”