カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

能生

【自然体バレー塾in能生13 実施要項】

目的:選手達の将来を見据えた指導方法を学び、指導者自身の資質向上を目指す。

1)期 日
     平成31年 2月16日(土)~17日(日)

2)会 場
     2/16.17   糸魚川市立能生中学校体育館 
       〒949-1352 新潟県糸魚川市大字能生2643
     (最寄りの駅は、越後トキめき鉄道「能生駅」です)

3)時 間
     一日目: 2月16日:技術講習会 午前9時~午後5時まで 対象:指導者・生徒

     二日目: 2月17日:技術講習会 午前9時~午後3時半まで    〃

4)講 師
     草野健次氏(自然体バレー塾塾頭・日本バレーボール協会公認講師)

5)参加費
     指導者:ひとり¥3,000- 指導者は出来る限り2日間の参加をお願い致します。

     生 徒:チーム単位で受付けます。(費用についてはお問い合わせください)

6)昼 食
     指導者:1食¥700- (要予約)

7)懇親会
     2月16日(土)午前6時半ごろより   会費:¥6,000-(会場は後ほど連絡します)

 

8)問合せ・申し込み
     参加締切131日(木)まで(期限厳守)

宿泊希望の方は宿泊施設に限りがあります早めの申し込みをお願い致します。

参加チームですが申し込み多数の場合は会場の都合上お断りする場合があります。(max80名以下)

全日程参加できない方の費用等については別途お問い合わせ下さい。

バレー塾実行委員:滝川宛にメール(hrfcd524@ybb.ne.jp)でお申し込み下さい。
     問い合わせについても、上記メールアドレスにお願いします。
      *中学校へは直接連絡しないで下さい。















# by kusanokenji | 2019-01-15 11:24 | <開催要項>

こもの(三重)

第13回《自然体バレー塾》in 菰野 開催要項


1)目的  将来の夢を持った大事な子供たちに責任ある指導をするために!

      身体メカニズムを知り怪我・故障をさせない練習方法を体験する

2) 主催  総合型地域スポーツクラブ【元気アップこものスポーツクラブ】

HPアドレス http://www.genkiup-komono.com/

共催  NPO法人菰野町スポーツ・文化振興会・

後援  菰野町教育委員会・菰野町小中学校校長会・菰野町園長会・菰野町子ども会育成者連絡協議会

菰野町体育協会・菰野町スポーツ推進委員会・菰野町スポーツ少年団

      三重県バレーボール協会指導普及部

3)講師  草野健次(くさのけんじ)

4)日時  平成31年2月9日(土) 

          14:00~17:00 「知って得するスポーツセミナー」

【公財)日本体育協会公認スポーツ指導者義務研修認定事業】

テーマ

部 指導者の資質向上「学び」 』

部 魔法みたいだ!

「運動神経がよくなるモーションバランストレーニング」』

                       菰野町保険福祉センターけやき2Fホール(三重郡菰野町大字潤田1281番地)

TEL 059-391-2211(代)

     平成31年2月10日(日) 9:30~16:00 


                   「自然体バレー塾inこもの13」

                        テーマ『笑顔あふれるバレーボール13

 <~弾かないレシーブ・基礎ドリル>』

                         菰野体育センター (菰野町大字福村871)TEL 059-394-3115

5)対象  平成31年2月9日(土) 子供の育成に関わる人、元気アップこものスポーツクラブ指導者

指導者・保護者・学校教職員・部活顧問・保育士・スポーツ推進委員など


       平成31年2月10日(日) 菰野町内小・中学バレーボールチーム(男女)

                        元気アップこものスポーツクラブ指導者・バレーボール競技者・指導者・一般参加者ほか  


         2月10日のチームでの参加は担当:伊藤にご確認下さい。個人単位での参加は受付いたします

           2月10日は応募多数により定員に達しました場合は菰野町指導者の方を優先とさせて頂きますので

参加できない場合がございます

6)受講料 平成31年2月9日(土)  参加費500円 (当日徴収)

                        ただし、元気アップこものスポーツクラブ指導者・保護者、菰野町教職員は無料とします

平成31年2月10日(日)  当日徴収 

        元気アップこものスポーツクラブ指導者・会員 = 500円

                        その他一般参加者 = 1,000円

チーム参加(指導者込) = 3,000円

7)準備物 平成30年2月10() 運動のできる服装・体育館シューズ・飲物・昼食は各自でご用意下さい

8)申込先&問い合わせ先

      参加を希望される方は2月6日(水)までに「元気アップこものスポーツクラブ事務所」へ

お電話・FAXE-mailでお申し込みください

      元気アップこものスポーツクラブ事務所 TEL/FAX:059-394-5018

                                e-mailgenkiup2005@yahoo.co.jp

    その際、お名前・住所・所属・連絡先(電話番号・携帯電話番号・アドレス等)をお知らせ下さい

     ご質問等については元気アップこものスポーツクラブバレーボール教室代表:伊藤までお問合せ下さい


9)その他 

2月9日(土) の研修会は、公益財団法人日本体育協会公認スポーツ指導者の資格更新のための義務研修となります。ただし、水泳、サッカー、テニス、バドミントン、剣道、空手道、バウンドテニス、エアロビック(上級コーチのみ)、

チアリーディング(コーチのみ)、スクーバ・ダイビング、スポーツドクター、スポーツデンティスト、アスレティックトレーナー、スポーツ栄養士、クラブマネジャー、プロゴルフ(教師・上級教師)、プロテニス、プロスキーの資格者については、

別に定められた条件を満たさなければ資格を更新できません(平成30年4月1日現在)。

遅刻・早退は原則認められません。


宿泊を希望される場合は御相談下さい

   2月9日(土)18:00(\5,500)予定されています草野健次先生を囲んでの「意見交換会」に参加を

ご希望される場合もご相談下さい

       会場予定:『懐石/割烹 藤政』(ふじまさ) 三重県三重郡菰野町菰野1064 TEL059-393-1116

「意見交換会」では酒類をお出しいたしますので車等の運転はお止め下さい


# by kusanokenji | 2019-01-13 22:49 | <開催要項>

伊豆

【第13回自然体バレー塾in伊豆】

  開催要項


1 目的: 子供たちの笑顔と自立を目指し、将来を見据えた指導方法を学ぶとともに、子どもと指導者の人間力の向上を目指すことを目的とする。


2 開催日  平成 31年 2月 23日(土)・2月24日(日) 2日間

3 会 場  伊豆の国市立韮山体育館(伊豆の国市韮山韮山392-1)

4 主催:  自然体バレー塾in伊豆実行委員会

5 講 師  自然体バレー塾 草野健次先生(日本バレーボール協会公認講師)

       『自然体バレー塾』を検索してみてください。

6 日 時  ①平成 31年 2月 23日(土)(受付8:30~)

        9:00~17:00(映像を交えての実技指導・講義)

       ②平成 31年 2月 24日(日)(受付8:30~)

        9:00~16:30(映像を交えての実技指導・講義)

7 参加者  ※選手の参加に関しては、ご連絡下さい。

人数に限りがありますので早めにご連絡下さい。(1日、約80名~100名)

指導者は、人数制限はありませんので、ぜひ、ご参加ください。

          ※大人(指導者、保護者、その他一般での受講希望者)


8 参加費  大人(1人) ¥1,500/1日(昼食費は別で1食 500円です。)

       選手(生徒) ¥500/1日         

9 懇親会  2月23日(土)18:30より予定(会費 ¥5、000円)

10 申込方法  お申し込み&問い合わせ

「自然体バレー塾in伊豆」事務局

        担当:塩谷 英則(伊豆の国市立韮山中学校)

        TEL 090-1864-8626 

        参加希望の方は、ショートメールにてご連絡ください。

        (注意)韮山中学校への問い合わせは、ご遠慮ください。

11 申込期限  平成31年2月15日(金)まで

指導者の参加は大歓迎です。お早めにお手続きをお願いします。

12 その他  

        ※怪我等発生した場合は、応急処置と医療機関の紹介はいたします。その後はチームまたは各自で対応をお願い致します。

        ※チーム、個人で参加の方も各自ボールをご持参ください。

その他、不明な点がございましたら、事務局 塩谷までお問い合わせください。




前回は中体連前でした。

おかげさまで3チームが県大会出場!


         前回👉





















        


# by kusanokenji | 2019-01-09 10:31 | <開催要項>
第1060回バレー塾
 in沖縄
2018年12月29日〜30日
嘉数小学校体育館 200名
述べ参加数:204、900

日ス協会認定義務研修
自立
子どもの自立を邪魔している行動
1、手取り足取り教える
2、なんでも指示する!
3、すぐ怒鳴る(怒る)
4、クドクド話が長い!
5、ITを使えない!!!

実績のある人ほど
古い指導にしがみついている


c0000970_13113868.png


c0000970_13115901.png



c0000970_13120038.png


c0000970_13120168.png


c0000970_13121732.png


c0000970_13121867.png

























# by kusanokenji | 2019-01-03 13:13 | ■連載“日々努力”
第1059回バレー塾
 in岩見沢
2018年12月24日〜25日
栗沢小学校体育館 260名
述べ参加数:204、700

2018Xマスですが
やることは「技術上達」
確実な技術の上達を指導しましよう
c0000970_18444931.jpg

子供達の可能性を信じましよう!
身長で決めないことです
子供はいつ伸びるか、誰もわかりません
ただし、身長は中学生になると確実に伸びます
今現在の身長や技術力で判断しないことです!
c0000970_18444942.jpg
小学生の成績はあまり当てにしてはいけません
かえってマイナスになるときもあります
大事なのは「残した成績」ではなく
「何を体験したか」です

c0000970_18445003.jpg

この選手のレシーブもスパイクも
身長の大きい選手に負けていません
むしろ体の使い方など、上まっています

c0000970_18471754.jpg
レシーブの完成形が自然にできるようになりましたね
普段の練習の賜物だと思います

c0000970_18445079.jpg

男子もかっこいいよ!

c0000970_18445112.jpg

何がいいかは、直接にご覧ください
力任せのスパイクとは全然違います!


c0000970_18450242.jpg

サプライズ!

c0000970_18445193.jpg
三次会は1:40分まで












# by kusanokenji | 2018-12-28 18:51 | ■連載“日々努力”

江津

第3回自然体バレー塾inごうつ 開催要項


  1. 目的 

選手の将来を見据えた、身体のメカニズムに基づく理論的な技術指導の方法を学び、選手および指導者の資質向上を目指す。

  1. 主催

江津市バレーボール連盟

  1. 共催

公益財団法人江津市教育文化財団

  1. 講師

自然体バレー塾 塾頭 草野 健次氏(くさの けんじ)

  1. 日時

平成31年3月2日(土)、3日(日) 両日とも8時30分受付

  1. 場所

江津市民体育館(島根県江津市嘉久志町2052番地 江津中央公園内)

TEL 0855-52-1058

  1. 内容

映像を交えての実技指導と講義(9:00から16:00)

  1. 対象と参加費

一般・保護者 お一人1,000円/1日

選手(小・中・高)個人参加は、お一人500円/1日

チーム(指導者込み)単位であれば、1チーム3,000円/2日通し

  1. カメラ撮影注意事項
    1. 施設の電源を充電等に使用しないこと
    2. フロアー内で三脚を立てないこと(危険防止)
    3. 選手のプライバシー保護を考慮すること(許可無く近くで撮影しない)
    4. 講習の妨げにならないこと
    5. 草野先生との懇親会は3月2日(土)18時30分から、市内で行うことを予定しています。
    6. 選手・指導者のケガについて、応急処置のみ行います。各自保険の加入等、配慮願います。
    7. 写真や映像の撮影が入る可能性があります。個人情報の取り扱い等、保護者に確認をお願いします。
    8. 申込み締め切りは、平成31年2月18日(月)必着

申込書を江津市民体育館へメールもしくはFAXでお願いします。

自然体バレー塾inごうつ 申込書

申込日  年  月  日

(申込み先)

695-0016

江津市嘉久志町2052番地下記の必要事項を記入して

江津市民体育館 左記の申込み先まで

TEL/FAX 0855-52-1058 FAX、郵送またはメールで

E-mail go.iki-iki@hi2.enjoy.ne.jp お申込みください。


個人で参加 ・ チームで参加 (どちらかに○をしてください)

チーム名


代表者名


連絡先

自宅 ・ 勤務先

TEL


メール


FAX


連絡先住所

   都道

府県


参加人数

3/2(土)

3/3(日)

子供 

大人 

子供 

大人 

弁当申込み

3/2(土)

3/3(日)

懇親会

参加   人  ・ 不参加















# by kusanokenji | 2018-12-27 14:45 | <開催要項>
第1058回バレー塾
 in千葉
2018年12月15日〜16日
JFE千葉体育館 400名
述べ参加数:204、440

9回目の開催
c0000970_13194315.jpg

9回 自然体バレー 千葉  日野台 杉山


中学生の受験相談会があり、遅れての参加になりそうで、そのため、前日の歓迎会に参加しました。

いろいろ、話せて、聞きたかったことも、質問できて、

食べ放題に飲み放題でおなか一杯。つい時間を忘れてしまいました。

ポジショニングは決まったものではない。個人差を考えないからうまくいかないなど,

それは確かにその通りと思える答えがいっぱい。

ヨットのアメリカズカップの話から役割の話。練習ゲームの弊害についても、再確認。

寒い中、最終電車で帰りましたが、気持ちは暖かかった。

c0000970_13041818.jpg

結局、相談会は2時間オーバーして、仕事のため、間に合いませんでした。

終わるころについて、久しぶりの千葉の雰囲気に、懐かしさを感じました。

思ったよりも、気温が低かったですが、元気な小学生がいっぱいでした。


そのまま懇親会へ。

自然体らしい、いい話がいっぱい。若手の指導者の悩みに、ズバズバ答える草野先生。

いつも参加しているメンバーは少し前の自分を見るようで、また今の自分のことも見直せる時間でした。

2次会も盛り上がり、部屋でのミーティングにも参加したかったのですが、電車の時間で断念でした。

寒いけど、暖かい千葉でのミーティングでした。

c0000970_13164334.jpg

二日目

寒い中、ランニングやモーションバランストレーニングなど、ドンドン進みます。

小学生たちの反応も素晴らしい。

技術練習の注意点。

できなくてもいい、やることを意識することが大事。

そのためには正しい知識が必要。

メニューは、戻りながら進む、絶妙な配分。すぐに切り替わるのも集中できて休む暇はない。

今回、以前千葉の自然体で育った選手(大学でもセッター、春からVの選手)が参加してくれていて、

幸運にも日野台の選手と組んでいただけた。

彼女と同じポジションの選手をお願いして、ずっと練習してもらった。

驚くほどのスムーズさと、無駄のない動き。選手たちも驚いていた。

c0000970_13163354.jpg

V選手のいいプレイを目の前で見る。小学生に教えるという二つの機会を今回得られたことは、

選手にとっても、私にとっても良い刺激になりました。同時にこれができる講習会を僕は知りません。


多くのメニューが、小学生も高校生も社会人もできるメニュー。

しかも、きちんと理解して、正しく動かなければできないメニュー

当たり前だが、この組み立ては、その場にいないとわからない。

だから、私も何度も足を運ぶし、選手もどんどん積極的になる。


c0000970_13164920.jpg

指導者にも指摘が飛ぶ。

練習試合ではうまくならん。監督に物言えないような指導はあかん。

ハイとしか言えない指導もあかん。なぜならば、と説明できないのもあかん

ここではすべての練習に、なぜならば、があり、それから練習が始まる。

この流れをこれからの普段の練習でも大事にしたい。

具体的には技術のポイントを、メニューの前に選手同士で言い合ってから始まる流れ。

短い時間でいままで以上の結果を出す。

そのために何をすればいいか。考えるのは確かに楽しい!


これからも選手と挑戦していきます。


千葉のみなさん、参加させていただきありがとうございました。

終わります!の草野先生の言葉に小学生たちが、えーー!と大ブーイング。

結局、大根抜き大会になりました。

 えーーと言われる指導者。言っていいと子供たちが思う指導者。

いいですねーー。高校生も本気で大根抜いてました。

c0000970_13162651.jpg


🔺小学4年、5年生。週3日の練習。1回2時間の練習時間で1時間はアップと動き作りに使う。
夏トレは全部マスター。全部一人で、個別にできるようになった。
自立です。みんなの前で、それぞれ違う種目を披露。中学、高校、指導者も驚き。
小学生がマスターできる内容!
1月の公認講習会参加者にはデータプレゼントします。
16Gの USB高速メモリー持参ください。

c0000970_13171069.jpg
↓160名全員でグッピーをやってるところ
c0000970_13165653.jpg

筑波から参加のこの子たちは3年生。
Ⅰ年、2年、3年と成長の跡が見えます。記録してあります。
c0000970_13164431.jpg




















# by kusanokenji | 2018-12-20 13:32 | ■連載“日々努力”

2019年1〜4月予定

🔴2019年

🔷1月
04〜06:宮古島
12〜13:橋本(第21回公認講習会)12日午前10時開始
                 13日午後4時まで
19〜20:横浜(神奈川)
26〜27:徳之島(鹿児島)

🔷2月
02〜03:下関(山口)
09〜10:こもの(三重)
16〜17:能生(新潟)
23〜24:伊豆(静岡)

🔷3月
02〜03:江津(島根)
09〜10:東京
16 〜17:
23〜24:北海道予定
30〜31:雫石
🔶4月
06〜07:東京
13〜14:
16 :新潟県高体連


# by kusanokenji | 2018-12-19 23:54 | <開催要項>
第1057回バレー塾
 in神戸
2018年12月8日〜9日
常磐大学・桃山台中学校 300名
述べ参加数:204、040

神戸 初の開催

自然体バレー塾イン神戸

(実行委員会報告)

12月8日桃山台中学校100名
12月9日神戸常磐大学200名
はい、大阪のおっちゃんです

僕の話はあまり面白くないです
だから聴きたくなければ聞かなくてもいいです
でも時々いい話もします
聴きたい人もいるかもしれないので
聴きたくない人は隣の人の迷惑にならないようにだけお願いします

そんな先生の自己紹介から始まるバレー塾

おかげさまで大盛況でした

c0000970_08433046.jpg

c0000970_08471894.jpg

子育ての話・ハイハイは長くさせたほうが良い

脳内萎縮の話
・暴言を自分に向けられなくても聞いているだけで脳は萎縮する
人間学・心の教育
脳の発達は生まれて歩き出すまでが一番発達する時期
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
c0000970_08443997.png
c0000970_08445817.png
c0000970_08451139.png
バレーボールの話・体の原理原則
小学生のゴールデンエイジにどんなトレーニングをさせればいいのか
指導の話・指導者の教えすぎの弊害
バレーボール実技講習
細かく分割した練習ドリル、きついトレーニングを音楽の力を借りて楽しむ、
バレーの基礎基本がふんだんに詰まったダンス、
小学生から中高生、ママさんまで同じ練習ドリル

子どもたちの前でも遠慮なく古い体制の指導を指摘され
2020年の教育改革に向けて今、どういう指導が必要なのか導かれる
子どもたちは一瞬驚いた表情を見せる
自分たちが受けている指導をバサバサと指摘してくれる大阪のおっちゃんはスーパーマンみたい‼️

神戸は変わります
破壊と創造の始まりです

指導者として
1を聞いて10を知った気にならず
コツコツと学んでいこうと改めて思う
自分が名刺を作るとした時に肩書きが何もなくてよかった。。とも思った

受講してくださった300名の皆様
至らないことばかりで申し訳ありませんでした
保護者の皆様と指導者が子どもたちの明るい未来のために作り上げたイン神戸で
皆様の笑顔と歓声を頂けたことに喜びを感じております
定員で受講できなかった方々、次お会い出来ることを願っております
c0000970_17062490.jpg


c0000970_08443170.jpg

c0000970_08435866.jpg









# by kusanokenji | 2018-12-14 08:50 | ■連載“日々努力”

横浜

第6回 自然体バレー塾in横浜


↓前回の様子です



1 目的 ① 自然体バレー塾頭講師の実践指導を受け、選手育成の一助とする。

      ② 指導者としての見解を広げ、指導の在り方を見直し、指導の資質向上を図る。


2 主催 自然体バレー塾in横浜実行委員会


3 日時 平成31年1月19日(土)20日(日) (指導者は両日とも8:45集合)

      (選手は、1日目12:30、2日目8:45集合です)


4 会場 1日目 横浜市立十日市場中学校(横浜市緑区十日市場町1501-42)

2日目 横浜市立大綱中学校(横浜市港北区大倉山3-40-1)


5 内容 1月19日(土)9:00~12:00 指導者向け講演会

13:00~ 選手指導実践(講師が当日、選手の様子を見て指導内容を構成)

1月20日(日)9:00~16:30 選手指導実践

      講師 自然体バレー塾 塾頭 草野 健次 氏


6 定員 選手は1日100名。先着順で定員になり次第締め切ります。

     特に2日目の会場は広くないため、「上級生のみの参加」などのご配慮をお願いします。

     顧問は参加の人数制限はありません。


7 参加費 1日参加につき、選手1名500円、顧問1名1000円

  •      顧問の昼食は事前に希望をとり、注文します。


8 諸注意 カメラ撮影は主催者の許可を得てください。許可を得ても、次のことを守るようお願いします。

1、施設の電源を充電に使用しないこと

2、フロアー内で三脚を立てないこと(危険防止)

3、選手のプライバシー保護を考慮すること(近くで撮影しない)

4、講習の妨げにならないこと。

(壁際か観覧席で撮影) (特に3番は女子選手への配慮は必要です。)


③ 草野先生と参加者の懇親会は1日目終了後、新横浜周辺を予定しています。

④ 選手・指導者のケガについて、応急処置のみ行います。各自保険への加入等、配慮願います。

⑤ 写真や映像の撮影が入る可能性があります。個人情報の取り扱い等、保護者に確認をお願いします。


⑥ 申し込み締め切りは、平成31年1月15日(火)必着

申込書をメールもしくはFAXで、土橋まで返信お願いします。


申込書の請求先  横浜市立大綱中学校 土橋 康祐(つちはし こうすけ)

住所  神奈川県横浜市港北区大倉山3-40-1

TEL 045(542)4422    FAX 045(541)3440   

 Mail ko00-tsuchihashi@city.yokohama.jp


  • メールアドレスの誤りによる、送返信のトラブルにご注意ください。

# by kusanokenji | 2018-12-07 11:11 | <開催要項>
第1056回バレー塾
 in橋本
2018年12月2日
40名
述べ参加数:203、740

ディグの構え

c0000970_17061051.jpg

c0000970_17060463.jpg

c0000970_17062490.jpg



# by kusanokenji | 2018-12-06 17:08 | ■連載“日々努力”
第1055回バレー塾
 in沖縄
2018年10月23〜24日
200名
述べ参加数:203、700

平成30年度沖縄バレーボール協会
日ス協会公認スポーツ指導員養成講習会
沖縄2018
講習会にて

■実技の最初は、ダラダラ集合の指導者に「子どもたちが見ていますよ」と胸グサリから始まり、講義は「指導者の生き方が指導そのものに関係する」と言う胸ドキッからスタートしました。その時の映像の一部です。■今回も、つい、応援したくなるような子どもたちと一緒に勉強できてラッキーでした。■一方、自分の好きなことをやっているのに「頑張りますから応援をお願いします」と言ってるスポーツ選手を見るとちょっと気持ちが⤵。「なんでやねん、頑張るのは当たり前ちゃうん!」と言いたくなるのが人情というもの。好きでもないことでも必死で頑張っている人は世の中にはたくさんいますからね。

c0000970_22443893.jpg

筆記試験風景🔺
ウオーミングアップ風景🔻

c0000970_22493016.jpg
■日ス協公認バレーボール指導員認定講習会レポートです。■アンダーレシーブの面づくりの指導場面がありますが、ここは見逃さない方がいいと思いますよ。特に「1センチでも20センチでもムダな動きには関係ない。このムダが致命的になる」というところ。小学生や中学生相手に通用する雑なプレーが身についてしまうのが、高校生になってからの成長を阻む原因。小中学校で勝利至上主義に走ることで起きる弊害の一つ。
小学生の時だからこそ、正しい技術を!

c0000970_22470026.png
10年前のバレー塾
この日は600名参加
その時の受講生が現在は高校の教師で参加してくれました

c0000970_22465774.png


c0000970_22465973.png
会場🔻
c0000970_22494601.jpg

70名の
沖縄の受講生のみなさん
ご苦労様でした!

未来の子供達のために
頑張りましよう!


























# by kusanokenji | 2018-12-01 22:55 | ■連載“日々努力”
第1054回バレー塾
 in滋賀
2018年10月17〜18日
100名
述べ参加数:203、500

平成30年度滋賀県バレーボール協会
指導者講習会
c0000970_07053243.jpg
1日目の午前は和室での講義
(朝一番は会長挨拶)
c0000970_07053907.jpg
1日目の午後は実技
先生方も・・・
c0000970_07050778.jpg
2日目の午前も講義

破壊と創造

週末の二日間は滋賀県バレーボール協会指導者講習会でした。2024年に滋賀国体を控え、県協会総出で対応くださったおかげさまで濃密な二日間でした。ターゲットエイジーである小学校が試合と重なっていたのが残念でしたが高校女子の有力チームの監督さんたちとは情報交換がもてました。■企画をされた指導普及委員長は、月曜日から二週間缶詰の筑波での中央研修を控えながらも閉講式までお務めされ、夕方の新幹線で筑波入り。京都までの電車の中でも本講習会の話に花が咲きました。

これまでの価値はこれまでの価値として大事にしながらも、過去の成功体験に振り回されずに、時代に即応した新たな価値創造に突き進んで欲しいと思います。スポーツ界の古い体質とは「老害」の事ですから。
















# by kusanokenji | 2018-11-22 07:07 | ■連載“日々努力”
第1053回バレー塾
 in静岡
2018年10月7月10〜11日
204名
述べ参加数:203、400

第2回JOC静岡女子中学選抜強化練習

c0000970_12070849.jpg

技術の上達は、根拠のある理論と
練習の工夫が必要です!

c0000970_12054936.jpg
ルーティンを作りました

H302回静岡選抜(JOC)強化練習レポート H30.11.10.11


 前回の強化練習から2ヶ月が経ちました。

これまでの取組から、選手やチームは成長が見られているか。

また、これからのチーム強化には何が必要か。

今回、草野先生に再び指導していただき確かな手応えを感じることができました。


 まず草野先生が初めに行ったのが朝の座学。JOCや各中学校の保護者を招き、「STOP暴力・暴言」「危険なスパイク・腰椎分離症」を共に学びました。何がこども達の幸せにつながるのか。気がつかずに子どもを不幸にしていることはないか、など、外部コーチや親達も含め、深く考える場になったようです。


 前回の強化練習での課題は、次の3つでした。

①股関節の土台を安定させるためのトレーニングを続ける

②はじかないレシーブで具体的な5つのポイント意識して練習する

③超クロスとストレートの打ち方をマスターする


今回も、はじかないレシーブと超クロスとストレートの技術を磨きました。

【前回よりも成長しているか?】

・柔軟ルーティーン10種、姫座り、はいつくばり、6方向膝滑り、6方行身体操作、その場2段モーション、その場ジャンプ2段モーション、助走ジャンプ2段モーション、などを行い、今のレベルを把握し、引き上げるレベルへの修正を加えていきます。いいジャンプを身につける!

「バックスイングは、ゆっくりから速く。手の平が後ろ。手首を床に捨てるようにする。

力を入れるタイミング(ワン、ツー)・右足を出したときに腕を後ろにする。」

ストレートとクロスを打ち分ける!

つま先の向きとボールの回転のかけ方を確認する。トップにふさわしい技術を獲得するために、

具体的な行動を示します。回数よりも1回1回丁寧にやることが大事。


c0000970_12054843.jpg


今回、何回もスパダンⅡに取り組みました。しかもそれはどんどんバージョンアップしていきました

1.バックスイング車ハンドル回し(ツーステップ8回)

2.スパイクワカメスイング(2段モーション20本)

3.その場ジャンプ(1段モーション10本×2)レシーブは、はじかないレシーブ

4.ショートノック(10本×2)ブラジル3cm+決めポーズで2歩下がる

5.はいつくばり・膝滑り(10本×)

6.ジャンプしながら打つ

7.トスボール打ち(スパイクディグ10本×2)

 

自分たちだけで技術向上ができる練習になるために、ショートノックやトスの仕方を確認する。へそもぞの徹底、腕を上げない(屈曲反射)ために腕を体に密着させる。カメ四股、チョンチョンを2回入れるなど、そうなるようなアドバイスが続きます。参加した1,2年生チームのみんなも目の前のいいイメージをもちながら、練習に取り組めた事も今回の成果です。


c0000970_12055035.jpg

【超クロスとストレートを極める】

①二人組で腕の通り道、ボールの回転、着地の確認。

②セッターを入れての2段モーション、50%スパイク

③ブロックの位置からセッターのセットアップの時に開きスパイク。

④ライトからのインナーと交互に打つ。

⑤バックに2人入れてラリーをする。(5対5)

⑥チャンスボールをセッターに入れて打つ。ブロックから開いて打つ。

⑦レフト・ライトの超クロス限定(クロス側のブロックを空ける)

⑧レフト・ライトのストレート限定(ストレート側のブロックを空ける)

⑨ストレートと超クロスだけの5対5


【新しい技術も紹介】

ブロード攻撃。セッターがボールに手を触れたときに、左足を合わせる。時間差のB中や切り込みのインも同じ左足で合わせる。初めは投げてタイミングをつかむ。自信のあるボールをトスにする。他の指導と同じく、段階的に練習は進みます。今大会では使わない技術かもしれませんが、どのようなアプローチで練習していけばいいかをレクチャーしてもらいました。休憩時間には、1,2年生チームの選手が熱心に練習していました。

カメハメレシーブ。肘を曲げたまま体を寄せる。丸いボールに合わせ、手をボールに乗せる感覚。最初はブロックのように下に落とす。相手に返す。上に上げる。


「勝つために必要なことを1つ1つやる。自分が気付いて、心を込めてやろうと思うときがその時。練習はつながっている。やさしいボールの時に、厳しい練習をする。高いレベルの時に、今の技術が発揮される。」練習や試合に対する心構えを話していただきました。

他にも、いろいろな場面を想定して練習していきました。

・真後ろから来る2段トスの練習。

・3人組ブロックフォローの隊形からワンバウンドの指示で下がり、コーチのスパイクをレシーブしてどちらかがバックアタックのトスを上げてキャッチを繰り返す。

・3枚の攻撃で5点を取るまで続ける。レシーブ側は切り返して攻撃する。攻撃側はレシーブしない。

・最後の仕上げは、草野先生による球出し。いろいろな球出しからの6対6、サーブレシーブからの切り返しなど、より実践的な練習が行われました。


本戦まで、残り1ヶ月半。これからも愛されるチーム作りをしていきます。

「チームの中にライバルをつくらない。仲間は助け合うもの。」互いを尊敬し認め合い、磨き会える仲間として、より良いプレーを求め続けていきます。

また、教えていただいた①股関節のトレーニング、②はじかないレシーブ、③超クロスとストレートを静岡の強みとしてこれからも取り組んでいきます。2回の強化練習を行ってくれた草野先生や参加してくれた選手・指導者の方々にも、大阪府立体育館で成長した姿を見せられるよう、スタッフ・選手で頑張っていきます。ありがとうございました。            

静岡県選抜女子チーム監督 岡田直樹


c0000970_12054919.jpg





# by kusanokenji | 2018-11-16 12:11 | ■連載“日々努力”
第1052回バレー塾
 in福島
2018年10月7日〜8日
216名
述べ参加数:203、196

東北の秋
c0000970_11500879.jpg
1日目午前、保原高校にて講義
「破壊と創造」

c0000970_11500599.jpg
保護者手作り!全員でカレー

c0000970_11503000.jpg
昼はバレー
c0000970_11501984.jpg
夜は・・・
c0000970_11501631.jpg
みんなで記念写真

c0000970_11493098.jpg
STOP暴力の啓蒙活動の一環


レポートはあとで・・・






# by kusanokenji | 2018-11-16 11:56 | ■連載“日々努力”

橋本(養成講習会)

第21回自然体公認講師養成講習会


新たなスタートの21回目の自然体公認講師養成講習会です。

「自然体バレー」の理念を正しく理解し、選手達の将来を見据えた指導方法を学び、かつ人間学にも精通し、指導者の資質向上を目指す講習会を、下記の通り開催致します。  



期  日   平成31年1月12日(土)~13日(日)


時  間   12日(土)   受付:午前9時30分~  午前10時~午後5時まで

        13日(日)   午前9時~午後5時まで


 会  場   12日(土)   橋本市教育文化会館

13日(日)    (橋本市東家1-6-27 TEL0736-32-0034


 参加資格  *塾頭、自然体研究会の推薦を受けた方。

 *1日のみの参加については、塾頭まで連絡し確認をお願いします。

 ☆初めての方は塾頭に直接ご相談ごさい。


内  容   前回の内容です。今回はまた新たな展開があります。

       



物   筆記用具・軽く動ける服装

       塾頭からのデータのプレゼントがあるかと思いますので、USB16GB)を

ご持参下さい。


費   10,000円(原則3日間の参加とする)


会   12日(土) 堺屋    会費6,000円


昼  食   2日間の昼食を1食:700円でご用意しますのでご連絡下さい。


宿  舎  「ホテルルートイン橋本」もしくは「紀伊見温泉・紀伊見荘」をネット検索して頂き、

各自でお申込み下さい。

       もし予約不可能な場合は、下記までご連絡下さい。


申込み先  TEAM自然体研究会事務局 岸田まで(メールアドレス:seikotu@sage.ocn.ne.jp

       12月27日(木)までにお申込み下さい。






# by kusanokenji | 2018-11-05 10:25 | <開催要項>

橋本(バレー塾)

第51回in橋本


前回の50回バレー塾が台風の影響で1日のみでしたが、

仕切り直しで51回目として年内に行うことになりました。

ぜひ多くのご参加をお待ちしております


         前回↓↓↓



都合により日程変更をおこない、12月2日(日)のみのバレー塾を開催します。



主 催  NPO法人げんき倶楽部はしもと 紀和ティンカーベルズ・紀和ウェンディ


期 日  平成30年12月2日(日)


会 場  橋本市立城山小学校体育館

       (橋本市城山台2-10-2 TEL0736-37-2055


定 員  選手は先着100名とします。(指導者のみの参加の定員はありません。)


時 間  受付:午前8時30分~(2日間とも)

     午前9時~午後5時まで


内 容 2日(日):終日 → 講義 + 実技指導


参加費  指導者:ひとり¥1,000(1日)

     選 手:ひとり  ¥500(1日)

     学校・チーム単位、並びに個人参加でも結構です。


昼 食  指導者:1食 ¥700(ご希望であれば、選手のお弁当もご用意させて頂きます。)


その他  ・ボールは各チーム、各自で準備して下さい。

     ・バレー塾開催中のケガにつきましては、応急処置は行いますが、その後

の責任は負いません。各自でスポーツ保険に加入して下さい。




参加ご希望の方は11月24日(土)まで(期限厳守)

自然体バレー塾in橋本事務局・岸田宛に

メール(seikotu@sage.ocn.ne.jp

もしくはFAX(0736-37-3623)までお申し込み下さい。










# by kusanokenji | 2018-11-05 10:21 | <開催要項>
2018新作DVD発売されました




c0000970_11312433.jpg







# by kusanokenji | 2018-11-01 11:38 | ■連載“日々努力”
第1051回バレー塾
 in東京
2018年10月27日〜28日
40名
述べ参加数:202、980名

スパダンⅡ製作

c0000970_16190230.png


自然体バレーin東京 強化練習会(糸川)

2018.10.2728


スパダンⅡ製作

これをやって、あれをやって、これじゃ長いから短くしようか。と草野先生から指示がポンポン出てきます。そしてリズムに乗るために髪の毛が浮くようにしよう。首が動かないように。左足のタメの時、右手を回内する(これはその場しのぎで、前腕に力が入ってしまうので本当は右肩を少し前に出す)。ジャンプして間を置かずに下がる。など動きのポイントも確認しながら、少しずつ形になってきます。草野先生から腕はサークルスクラッチで足の動きは自由でいいから何か考えてみてと一言。指示を受けて動くだけでなく、創作に参加させていただくこともできました。この時間があることで自分たちがこのダンを作ったんだと思えるのだと感じました。生徒たちはついていけていたのかわかりませんが、次々と出される指示に対して必死に動いていました。

新幹線の中で考えてきたことを実践の場で組み立て、約1時間くらいで一通り流れができ、撮影。


 そして一息ついて、ボールを使ったトレーニングに入りました。二段モーションキャッチボール。片方がウサギパス、片方は一段モーション、その後、打ってみる。レシーブキャッチ、レシーブ。どんどんドリルが進んでいきます。その間、間を作るためにジャンプをするまでの動き(遊びステップ)が大事。セッターがトスアップするまでは絶対にトスはこないのだから止まって待たない。など動きのポイントを整理させながら進んできました。スイングを振り切っていない選手が目につき、振り切っていないのは現象であってそれを直そうと思っても難しい。そこに原因はないんや。と自然体では当たり前の【AさせたければBさせよ】の指摘。


c0000970_16193140.png


バックスイングに力が入っていることで余裕がなくなる。ここで、見本となる2人の選手のスパイクの打ち方の違いをみんなで考えました。スパイクの助走からジャンプではアクセントを置く場所は一瞬であり、腕を引く(犬かき、手羽先)動きはスイングをする上で邪魔になるということを全員が目の当たりにします。


見本になった第一商業の生徒はどんどんスパイクの動きがよくなり、その後のチーム練習ではいつも打たないコースに打ち切っていたりと自信を持てたように感じました。ボールを使ったドリルが入り、先ほどのスパダン2で意識するべきバックスイングの動きを修正し、

再度撮影。

【動き→ボール→動き】と

技術に繋がる動き作りの実践が目の前で行われる瞬間でした


 2日目はスパダン2の復習で、バックスイングのアクセントを置く場所の確認(踏切の左足に合わせる)から始まり、はじかないレシーブ(レシレボ5)のドリルに入っていきました。その中で、相手がジャンプをして打ってくるレシーブ練習でではじくレシーブボールが目につき草野先生から

c0000970_16195113.png


『ショートノックなどのアップは動きの確認をするためにローギア。目の前でジャンプして打ってくるのにアップと同じ意識ではダメ。ローギアからトップギアへ自分で上げなくてはいけない』と一喝。練習のポイントの意識の置き方だけでなく、気持ちの意識の置き方にも触れていただきました。


 それから6人入ったチーム練習(相手のレフト攻撃、チャンス攻撃、サーブキャッチからの切り返し)は反省している時間を与えない、すぐに次のことを考えるようにする練習でした。その中で、レシーブのポジション取りや相手の弱点をつく指示など適宜、草野先生からのアドバイスが入り、両チームともどんどん攻撃、レシーブの質が上がっていくように感じました。

 『チームの中で動けない人が1人でもいたら

チーム力は下がる』

 『失敗したときの仕草ひとつでチーム力は上がる』

 『下を向かないで前を向く』

などのチームとして共通して意識しておかなければならないことのポイントも整理していただきました。

練習試合はミスが残るが、このように前を向く練習をすることが大事であるということを再認識しました。


 1日半といういつもより短い時間ではありましたが、いつもと同じかそれ以上に内容のの濃い時間を過ごさせていただくことができました。ありがとうございました。

 今回は8月のバレー塾の際に、全員が黒のTシャツを着ていてカラフルなTシャツ(レインボーTシャツ)があったらいいなという草野先生のつぶやきを受けて、日野台高校の杉山先生が鍛錬Tシャツを作成していただき、日野台高校の選手、第一商業の選手みんなでカラフルなシャツを着て参加しました。


c0000970_16260759.jpg

↓杉山先生のレポート



自然体バレー 強化練習会 IN 東京

 (2018、10、27~28 都立第一商業高校にて)


今回は、2チームでの強化練習会でした、初めての強化練習に、選手もドキドキです。

最初に、アップの動きのいい加減さを指摘され、ああ、流してしまっていたところだったと気が付きます。

結局、今回気が付いたところは、どこまで、細かく、真剣に取り組むのかということ。

意識をもって取り組まないと、変わっていかない。

短い時間の練習でも、練習の意図を理解して、注意する点をきちんと確認して行うこと。


スパダンⅡの製作

製作が始まり、言葉での指示がどんどん飛びます。


選手は理解しようとしますが、いままでの積み重ねからしか理解できないので、わからないこといっぱい。それでも進んでいく作成現場。そうなると、選手は必死についていこうとします。


なるほど…これか… 一歩先を行く考えや指示のために、わからない!ということが、わかろう!とすることに通じてゆく。そこに真剣さが生まれる。うまくいかない選手に、先生も何度も、教えます。むつかしいと思ったら、どんどん指示が変わる。前に戻る。できること、できそうなことに戻る。結果、戻ったところから、できなかったところまで進んでいる。

何度も何度も修正がかかる。いいものを伝えたいという、気持ちが伝わってきました。


できなくても、あきらめない。

目の前で見ることができました。


今回のスパダンは、


だれでも、治る

バックスイングと

フラット踏み込み、

床反力ジャンプ、

両足着地。


せっかく作ったスパダンです。

大事にしていきたいと思います。

意図がいい加減にならないように、

きちんと伝わってほしいものです。


一日目の最後は、次の日にいい感じを残す練習。これが上達のカギかなと僕は感じました。いい感じを残す。やる気を残すということにつながると思いました。

二日目も、ダンスの完成に向けて

繰り返し修正がはいります。

ハンドル、わかめ、キャッチボール 細かく、指示が入り、どんどん修正。

意識を高めます。


知恵と工夫!

どうすればリズムよく、効率的に練習できるかを考えろ!との指示。

キャッチの仕方、トスの上げ方まで、細かく気を遣うことが必要。

5か所3センチレシーブは、だんだん定着してきました。

練習で打ちのレベルが上がったら、レシーバーもギアを上げること!

最近感じるのは、サーブレシーブでのボールのはじきが少なくなってきたこと。

サーブレシーブが上がらないと嘆く前にやるべきことをやっているのか?

との言葉が身に沁みます。

超クロススパイク練習

22、ネットを使った練習が始まります。

そして66の乱打。

狙いや、指示を聞きながら

お互いのチームで課題を確認。

そこにミスを振り返る時間がない。

今回日野台チームは練習ゲームでいい結果が出なくて、チームも僕も沈んでいたのですが、そんなことを考えている時間はなかった。


ミスを嘆くな!下向くな、

後ろ向くな、すぐ戻れ!

個人の技術とチームの戦い方!

どちらも高めるために 知恵と工夫!

最後に、ミスは出るものだ!

止められない。

でも少なくすることはできる。

との言葉をもらいました。

結果にこだわる練習ゲームよりも

質の高い練習だ!



なんども迷いながら、

ここの場にきて、

正しい道に引き戻されています。

なにより、

この場は選手の真剣さが違う。

毎日この場を作れるように、

私自身が進化しなくては!!

今回も、ありがとうございました。


レインボーシャツは、思った以上にきれいで、練習を見ていても気持ちがよかったです。

なんだか選手のミスが目立たないような気がしました(錯覚?)

もし、揃えたい方がおられましたら、ラインの杉山(sugi)もしくは

hinodai11@gmail.com まで連絡ください。申込書を送ります。

c0000970_16585723.jpg



c0000970_16591056.jpg
































# by kusanokenji | 2018-10-29 16:26 | ■連載“日々努力”
第1050回バレー塾
 in遊佐(山形)
2018年10月20日〜21日
 150名
述べ参加数:202、940名

10回目を迎えました
c0000970_17355267.png
今年は多くの人たちが集まりました
c0000970_17362487.png
夕日がきれい!
c0000970_17360164.png
日の入り!
あっという間でした
c0000970_17361070.png

遊佐ママさんたちは
ますます元気ハツラツ

ママさん単独主催で
10年も連続開催!

頭が下がります









# by kusanokenji | 2018-10-26 17:40 | ■連載“日々努力”
第1049回バレー塾
 in味方(新潟)
2018年10月13日〜14日
 120名
述べ参加数:202、790名

効果満点柔軟ルーティン完成!
c0000970_08504860.jpg


見つめ合うのではなく、同じ方向を見ている仲間
いつも練習試合ばかり立やっている仲間は、さしずめ「恋人の関係」かな?
必要なくなればすぐに別れてしまうから。
同じ方向を見ている仲間は「学びの友」
老若男女、強い、弱いに関係ない!


c0000970_08475598.jpg
c0000970_08480675.png

レシレボ5を徹底!
c0000970_08483179.png
c0000970_08482343.png


新潟の夜は楽しい〜!
c0000970_08560582.jpg

c0000970_08561569.jpg
c0000970_08564415.jpg

三次会の部屋飲みの「おもてなし」
冷蔵庫から出てきたのは、氷水の入った器の中に入った缶ビール!
それも「キリン一番搾り」
キンキンに冷えたビールは、三次会に最高!





# by kusanokenji | 2018-10-18 09:11 | ■連載“日々努力”

千葉


【第9回 自然体バレー塾 in 千葉】開催要項


目的    【基礎・基本を学ぶ!】

        【原理・原則を大事に!】

技術は動きの上に乗っかる講習会


開催日  平成30年12月15日(土)・16日(日)

会場   JFEスチール 東日本製鉄所 千葉体育館

主催  『自然体バレー塾in千葉』実行委員会

後援   千葉市教育委員会・千葉市バレーボール協会

講師   草野健次先生 自然体バレー塾 塾長

(日本バレーボール協会公認講師)

日時   ①平成30年 12月15日(土

2Fアリーナ(受付開始8:40)

         9:00~16:30 実技指導(心の教育含)

       ②平成30年 12月16日(日)

2Fアリーナ(受付開始8:40)

        9:00~16:00 実技指導(心の教育含)

対象者  指導者・選手(小学生、中学生、高校生、一般)

選手の参加は約300名/1日とします。

参加費  中学生まで1日500円、大人1日1000円

        (団体の参加費、昼食費は受付で集金します)

10 申込方法  土田まで下記アドレス又はTELFAXで連絡ください。

         申込書をお送りいたします。

PCアドレス:konan149@yahoo.co.jp

         FAX043-262-2895

          TEL080-5030-0234

11 申込期限  定員になり次第締め切らせていただきます。

12 懇親会   15日(土)18:00頃から懇親会を開催します。

会費(6,000円/人)

13 その他   昼食(600円)を希望する方は申し込み書に明記下さい。

        ●運動中における傷害等について応急処置はいたしますが

所属団体加入のスポーツ団体保険を適用してください。

        ●チーム、個人で参加の方も各自ボールをご持参ください。 

ビデオ撮影についての注意。

1カメラ撮影は主催者の許可を得てください。

2施設の電源を充電に使用しないでください。

3フロアー内で三脚を立てないこと(危険防止)

4選手のプライバシー保護を考慮すること。

・近くで撮影しない。

・特に女子選手への配慮は必要です。

5講習の妨げにならないこと(壁際か観客席で撮影)











# by kusanokenji | 2018-10-10 09:30 | <開催要項>
第1048回バレー塾
 福島シリーズ
2018年10月5日〜7日
 250名
述べ参加数:202、670名

3日間連続講義でした
1日目:企業社員研修      
2日目:午前指導者研修・午後実技
3日目:午前指導者研修・午後実技
台風25号の影響もなく無事に!
c0000970_11024136.jpg

小学生のお礼の挨拶

閉講式の最後に小学生がお礼の挨拶をしてくれました。
堂々と、淀みのない、語りかける口調で
私の目を見て、一言も噛まずに挨拶する姿に
会場をにいる保護者や指導者を唸らせました
最近、テレビで試合の後のインタビューがありますが
笑ってごまかすか、語尾を伸ばす幼稚な言葉とは全然違う挨拶にみなさん感激。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

草野先生へ

草野先生の話を聞く前は、「ボールを使うときの動き」しか意識せず、「ボールを使わないときの体の動き」を意識することがなかったのですが、今回講習を受けて、「ボールを使わないときの動き」がいかに大切か、そしてその動きが ボールを使ったときの基本となり すごく大切なことが、よくわかりました。


そして私たちに足りないことを教えていただき、私のためだけではなく、「ここにいる全員の方々」のためにもなりました。数年前、草野先生に教えていただいた「モシカメ」は今でも先輩たちの代から引き継いで続けています


これからも、今回教えていただいた「一つ一つの動き」を意識しながら後輩たちに引き継いで行きたいと思います。今回の講習会は、私たち小学生でもよくわかる内容で、とても勉強になりました。二日間ありがとうございました。蓬莱南キャプテン

記念撮影のあと「手紙です」とそっと渡してくれました

挨拶するときはポケットにしまったままでした。


c0000970_11031853.jpg


小学校と中学部活の関係を良くするには・・・
小学生の指導者は
自分からの意思で子供を教えているが
中学部活顧問は必ずしも自分の意思ではない。
そのことを理解してやらないと
不満ばかり噴石して関係がギクシャクしている
そもそもスタートが違うことを理解してやるべき。

c0000970_11020703.jpg

固い子が多いのは指導者の責任!

c0000970_11024652.jpg
何を喋っているんでしょうね
ニコニコ、みんなとても楽しそうです
(保護者の方が撮影)

c0000970_11021265.jpg
記念写真の撮影には保護者カメラマンが多い

c0000970_11164687.jpg
c0000970_11173207.jpg















# by kusanokenji | 2018-10-08 11:18 | ■連載“日々努力”

静岡

静岡県選抜中学女子チーム 第3回強化練習会 実施要項


1.目 的 ・第32回JOCカップ全国都道府県対抗中学バレーボール大会における

 静岡県代表チームの強化を図る。

・中学校最高レベルの選手で構成された静岡県選抜チームを草野先生がどのよう にして強化していくかをみて、参加したチーム・指導者の資質向上を図る。

2.開催日 平成30年 11月10日(土)11日(日)

3.会 場 10(土)静岡市立末広中学校(静岡市葵区末広町41番地)

      11(日)静岡市立中島中学校(静岡市駿河区中島3303)

 4.主 催 『バレーボールを通して子どもたちを幸せにする会』事務局

       『静岡選抜チーム』スタッフ        担当:岡田直樹

5.講 師 草野健次氏(自然体バレー塾塾頭・日本バレーボール協会公認講師)

      『自然体バレー塾』を検索してみてください。

6.内 容 講師におまかせしてあります{参加チーム、静岡県選抜チーム、末広中他}

7.日 程 両日とも 受付 8:30~   ※8:00前の来校はご遠慮ください。

              9:00~17:00 随時、講義をはさんでの実技指導  

8.参加者 ①静岡県選抜チーム

②指導者と1チーム6人~8人で構成されたチーム (上限6チーム)

③指導者              1日のみの参加もオッケーです。

   参加できるチームに限りがありますので、参加を希望されるチームは、お早めに

   ご相談ください。指導者については、制限がありません。ふるってご参加ください!


9.申込方法 下記の必要事項をメールにて事務局までご連絡ください。

 ①氏名(所属名)②携帯電話番号(連絡先) ③参加人数 ④弁当の注文 ⑤懇親会の参加、他


10.参加費 指導者のみ参加3000円(1日)、チーム参加費については、参加状況により

異なりますので、責任者へ折り返し連絡いたします。

昼食(500円)懇親会(5000円)の希望は、申込時に明記してください。

11.その他 カメラ撮影は主催者の許可が必要です。なお、以下のことを厳守してください。

       ・選手のプラシー保護を考慮する。(女子選手への気遣いも)

       ・危険防止の為、フロアー内で三脚を立てない。

       ・講習の妨げにならないよう、壁際などの後から撮影する。

申込期限 11/2()まで。申込を希望されたチームで調整することがあります。

        お早めにお手続きをお願いします。

宿 泊  各自でお願いします。季節柄、ホテルの混雑が予想されます。お早めに。

懇親会  静岡駅周辺で会費5000円にて、草野先生を交えての懇親会を行います。

参加希望者は、ご連絡ください。



★申し込み&問い合わせ

「バレーボールを通して子どもたちを幸せにする会」事務局

担当:岡田 直樹(静岡県選抜女子チーム スタッフ)

TEL:090-8499-1702

 mailnokegao@i.softbank.jp















# by kusanokenji | 2018-10-04 13:18 | <開催要項>

岩見沢

第6回 自然体バレー塾in岩見沢(北海道) 開催要項


1、目的  子どもたちの将来を見据えた正しい指導方法を学び、指導者の資質向上をめざす。

      また、参加者(選手・指導者)の心の成長を促すきっかけづくりを目的とする。

2、主催  「自然体バレー塾in岩見沢」実行委員会

3、後援  岩見沢栗沢エンジェルス父母の会、岩見沢日の出イーグルス父母の会


4、日時  20181223日(日)

845分      選手集合・受付開始

900分~16時   選手実技指導

      20181224日(月)

845分      選手集合・受付開始

900分~16時   選手実技指導

5、会場  北海道岩見沢市立栗沢小学校体育館〔岩見沢市栗沢町南幸穂66 ℡0126-45-2786


6、講師  草野健次

     ・()日本バレーボール協会公認講師   


7、対象   小学生、中学生、高校生

8、参加費  指導者:一日/一人1,500円   ※指導者の人数制限はありません。

    高校生:一日/一人1,000円   小中学生:一日/一人 500円  

会場の都合上、選手は人数を制限します。申し込む前に連絡を下さい。

9、その他 

*講習中における傷害等について応急処置はいたしますが、その後は各自所属団体加入のスポーツ

団体保険を適用してください。

*昼食を希望する方は、1食700円(お茶付)で用意します。

  *1223日(日)の夜、草野先生を囲んで懇親会を予定しています。

  *カメラ撮影は主催者の許可を得て下さい。また、次のことを基本的遵守事項として守って下さい。

   ①施設の電源を充電に使用しないこと。  ②フロアー内で三脚を立てないこと。(危険防止)

   ③選手のプライバシー保護を考慮すること。(近くで撮影しない)

   ④講習の妨げにならないこと。壁際か観覧席で撮影すること。

(特に③は、女子選手への配慮が必要です。)

      

【問い合わせ・申し込み先】

068-082 北海道岩見沢市かえで町2丁目1-1 岩見沢市立日の出小学校   加藤 学

電話0126-23-2442  FAX 0126-22-3859

携帯番号 090-5071-5465    メールアドレス vivadreamv@yahoo.co.jp









# by kusanokenji | 2018-10-02 12:19 | <開催要項>

神戸

自然体バレー塾 IN KOBE 

実施概要


バレーボールの基礎や体の機能にあった動かし方それに見合う練習、さらにスポーツを通じて人間学を柱に「自然体バレー塾」を初めて神戸で開催する運びになりました。多くのバレーボール選手・指導者・父兄の皆様に参加していただきバレーボールの楽しさを味わって頂ければと思います。


開催日 平成30128日~9

会場  1日目  桃山台中学校 体育館・・・神戸市垂水区桃山台4-8

     2日目  神戸常盤大学 体育館・・・神戸市長田区大谷町2丁目6-12

     *注意:上記の学校はご厚意で施設を提供してくださっています。

         自然体バレー塾の問い合わせは絶対にしないでください。

日程 128日 9:0012:00   指導者向け講習会(教室にて)

         9:0012:00   選手(ストレッチ・柔軟・準備体操 体育館にて)

         12:0013:00   昼食

         13:0017:00   合同指導練習(体育館にて)

    129日 9:0012:00   合同指導練習(体育館にて)

         12:0013:00   昼食

         13:0017:00   合同指導練習(体育館にて)

(内容が変更する場合はご了承ください)

講師 草野健次氏 自然体バレー塾塾頭・日本バレーボール協会公認講師

定員  1日目 50

        2日目 150名 *定員になり次第締め切らせていただきます。尚指導者の人 

                 数は含まれておりません。(制限なし)

参加費  小学生・中学生・高校生・・・500/1日、指導者・・・1000/1

その他  昼食については各自持参または外注弁当がありますので申込時に事務局まで

申請してください。申込方法としてはチームの場合、代表者の方一括申込でお願いします。

(個人は各自申込)。弁当の種類は「おまかせ弁当」(大:600円、小:500円)です。

水・飲料水等は各自ご用意お願いします。

主催・問い合わせ 「自然体バレー塾 IN KOBE」実行委員会

          申込期間は1111日までとします。

          先着順のため定員になり次第締め切らせていただきます。

          実行委員会事務局 担当大野まで nile826-togi@docomo.ne.jp




注意事項  カメラの撮影については事前に主催者に申し出てください。

選手のプライバシーの厳守お願いします。

       危険が想定される場所での撮影はやめてください。

       運動中のケガ・障害等については応急処置は致しますが、その後は

       各自所属の団体保険加入のスポーツ団体保険等を適用してください。

       宿泊される方は各自個人で申込お願いします。

       ボールについてはこちらでご用意しておりません。各個人・各チームごとに

       必要数ご用意お願いします。

懇親会 12/8()19:00~ (会費は6000円)予定しております。

申込時に申請(参加人数)してください。場所・金額等はこちらから連絡します。













# by kusanokenji | 2018-10-01 23:23 | <開催要項>

福島

自然体バレー塾in福島

~すべては子供達の笑顔の為に~

開催要項

1、目 的  選手が自然体バレーを通じて身体のメカニズムに即した練習方法で、故障がなく楽しく・笑顔でバレーボールの技術向上を目指す。

指導者が選手たちの将来を見据えた指導方法を学び、かつ人間学にも精通し、指導者の資質向上と地域スポーツの普及、発展を目指す。

2、開催日  平成30年11月3日(土)~4日(日)

3、会 場  11月3日(土)保原高校(伊達市保原町字元木23

       114日(日)おじまふるさと交流館体育館(伊達郡川俣町小島畑12)  

学校とは関係がありませんので、会場への問い合わせはご遠慮ください。 

4、主 催  『自然体バレー塾in福島』実行委員会

5、講 師   草野健次氏(日本バレーボール協会公認講師、自然体バレー塾塾頭)

『 http://www.kusanokenji.com/ 』を参照ください

6、内 容  11月3日(土)4日(日) 2日間とも900分~16時(受付開始8:30

        ※3日の午前中は講義を行います。午後から随時、講義(解説)をはさんでの実技指導 

7、対象者  指導者・選手(小・中・高・大学生・一般ママさんバレー)・保護者 

会場のスペース上、選手は80名(選手)とさせていただきます。

(指導者のみの参加については定員はありません。)

8、参加費  大学生以上 ひとり1,000/1日間 小学生~高校生 ひとり500/1日間

9、申込方法 お名前とEメールアドレスを下記宛先までご連絡ください。折り返し申込用紙を送信いたします。

          宛先 事務局  小沢 仁(おざわ ひとし)

          メールアドレス ozawatch@nifty.com TEL 090-3129-7218

          題名を『自然体バレー塾申し込み』としてください。

          

10、申込期限  定員になり次第締め切らせていただきます。


選手は、10月16日定員になりましたので締め切らせていただきます。

指導者は申込み可です。


11、その他   昼食(お弁当)をご希望の方は参加申し込みの際に明記ください。

        ●宿泊を希望される方は参加申し込みの際にご連絡ください。

相部屋となりますがご了承ください。

        ●運動中における傷害等については、応急処置はいたしますが、その後は各自団体加入のスポーツ団体保険を適用してください。

        ●カメラ撮影は以下のことを遵守して許可を得るようにしてください。

          1,施設の電源を充電に使用しない

          2,フロアー内で三脚を立てない(危険防止)

          3,選手のプライバシー保護を考慮する(近くで撮影しない)

          4,講習の妨げにならない(壁際かギャラリーで撮影)














# by kusanokenji | 2018-10-01 23:21 | <開催要項>
第1047回バレー塾
 in弘前
2018年9月23日〜24日
県立武道館 160名
述べ参加数:202、420名

やっぱり自然体サンバ
c0000970_00092317.jpg


c0000970_00092488.jpg

さて今回のバレー塾を受講し、大きく感じた事が2つあります。

1 子供の自立と自律を促す指導
  様々な切り口から子供たち(大人も含めて)へ 
  今の自分に甘えている部分は無いか?
  自分でできることなのにいつもだれかに頼っていないか?
  やりもしていないのに人のせいにしていないか?
  やればできる!できるようになると楽しくなる!
楽しくなればもっともっと知りたくなる!
  自分のためだけではだめ、
周りの役にたつ喜びを体験しなさい!
  人生には成長が必要なんだよ!
  これを繰り返し繰り返し、
言葉をかえて勇気付されているように感じました。  

2 深い学び
  「対話的で深い学び」これが今教育で求められているのですが、
バレー塾はまさに深い学びの場所。
  決して最初から難しい入り方はしておりませんでした。
  分かりやすい言葉から、技術指導に入り、段階的に深めていく。
  時には理論的根拠を示し、時には感覚的に。実に巧みでした。
  現任校で取り組んでいる事の1つに、子供たちは大きく分けると2つのタイプがあり、
  Aタイプは言語が得意。
Bタイプは感覚的分野が得意なタイプ。
  これを合わせたグループワークがお互いの学びにつながるという取り組みです。
  課題の与え方がカギを握っているのですが、
バレー塾の展開はAB両タイプをいかせる構成になっていると感じたのです。
 
弘前市立第一中学校 外崎法夫
c0000970_00092482.jpg



c0000970_00092541.jpg


c0000970_00095932.jpg

実りの秋

c0000970_00100661.jpg




# by kusanokenji | 2018-09-27 00:14 | ■連載“日々努力”
第1046回バレー塾
 第20回公認講習会
2018年9月15日〜17日
紀見北公民館 60名
述べ参加数:202、260名

三日間講習
c0000970_10223850.jpg
お揃いの記念ポロシャツを着て勉強
c0000970_10230057.jpg
ジャパンライム社のDVD撮影が行われました
11月発売予定だそうです
c0000970_10215118.jpg
グループワークショップ

来年3月に定年を迎える中学の先生の感想文を
参加者を代表して掲載します

20回 自然体バレー公認講師養成講座を終えて         新潟 矢沢


参加した理由

3年半ぶりに参加しました。参加した理由は自分に喝をいれるためです。退職まで後半年、「このまま終わっていくのか」「これからも成長していくのか」心の中でせめぎ合っていました。以前の私なら「何事もなく平和に過ごせればいいや」と考えていたかも知れません。しかし、草野先生の話を聞いていく度に「これからもチャレンジする人生を歩みたい」と思えるようになりました。それには勉強が必要です。もっともっと勉強しようと思って参加しました。以下、今回の学びです。長くならないようにA4、1枚程度にしようと思います。

  1. 人生の大半を前向きに生きたい

「君はどう生きるか」と問われたら草野先生はこう答えるとおっしゃられました。いつも愚痴や不平・不満・できない理由を言っている自分も前向きに考える時間を少しでも増やしていこうと思えました。

  1. 今回のテーマは「解決者になれ」「成長し続けるチーム作り」

気迫のこもった講義資料にあるように成長する企業や成長するいいチームに必要なもの、必要な考え方を一つ一つ丁寧に教えてもらいました。話を聞くたびに「自分には足りなかったなー」と反省しきりです。残された期間、自分が頑張るとともに、悩んでいる若い顧問からアドバイスを求められたら今回の学びを少しでも伝えていけたらいいなと思いました。

  1. 自分を厳しい場所に置く

この年になると叱ってくれる人がほとんどいません。草野先生だけです。今回も「お前はいちいち言い過ぎや」とズバッと言われました。分かっていても変わらない自分に喝を入れられた瞬間でした。本当にありがたいと思いました。「教えすぎの弊害」を意識して日々を送りたいと思います

  1. 様々な職種の方とのアクティブラーニング

公認講習会のよいところは様々な職種の方と話ができることです。今回私は、「外部コーチ・クラブコーチの在り方」のグループに参加しました。教員の研修でもこのようなグループワークはあるのですが、今回の話し合いは全く違っていました。いろいろな角度から意見が述べられ、とても驚きました。やはり立場や経験が違う方からの意見をもっと聞かねばと思いました。(学校へ帰ったら早速、クラブとの問題や部活指導者の問題が教務室の話題になっていました。これから必ずでてくる問題です。みなさんからいただいた知恵を生かしていきたいと思います)

  1. 頑張っている人がたくさんいる

公認指導者講習会は全国から人が集まってきます。みなさん各地で頑張られている志の高い方々ばかりです。自分も頑張らねばと刺激をもらいます。今回、親子で参加されていた方がいました。娘さんは中学2年生です。その真剣さに圧倒されました。聞けば、ライン研修の動画にある言葉や技術のポイントをノートにまとめているそうです。もうそれが45冊になっているとのことです。また、草野先生から出された宿題を自分なりにまとめて提出したり、参加できない日でも音声メモで自分の意見を草野先生に届けたりしている方もいました。自分もがんばらねばと思えました。

  1. 平等 太陽のように語り掛ける

平等の大切さに気付かされたことも今回の大きな学びでした。「自分は果たして平等だったか」と自分に問いかけていました。昨日、学校へ行ったら太陽のように平等に笑顔であいさつするように心掛けている自分がいました。日々実践です。

でも、一番学んだのは「定年後の生き方です」(笑)後、半年一生懸命がんばります。


部活体罰防止の対策
(ワークショップより)
c0000970_10225059.jpg
c0000970_10225672.jpg
緊張感いっぱいの講義のあとの懇親会は
一体感あふれる場になりました

c0000970_10221448.jpg

ホテルのロビーにて
(最終日の朝、出発の前)









# by kusanokenji | 2018-09-19 10:34 | ■連載“日々努力”
第1045回バレー塾
 in静岡
2018年9月8日〜9日
末広中学校体育館他 180名
述べ参加数:202、200名

JOC静岡選抜強化練習
c0000970_08330725.jpg
新しい自分との出会い


静岡選抜(JOC)強化練習 H30.9.8.9


 今年度も草野先生に県選抜強化練習をしてもらえる機会に恵まれ、充実した2日間を過ごすことができました。また、このような貴重な練習会に指導者も県内外から集まり、県選抜と同じメニューをやりぬいた新チームの選手達も、たくさんのお土産を持ち帰ることができたようです。

【レシーブ革命  ~ビフォアー&アフター~ 】

 今回の強化練習で最も選手の改善・成長が見られてたのが、レシーブの落ち着きです

『はじかないレシーブ』の5つのポイントを意識し、無駄を省いていくことで、いいものが最後に残ったようです。選手自身が自分の成長を実感し、今後に向けた手応えをつかんだのが最大の収穫でした。 


JOCは、大人に気を遣わせている存在。」の言葉で練習会はスタートしました。


そして、「①自分の技能を向上させる、②チームの役に立つ役割をする、の2つが必要だよ、JOCは将来のための通過点であることを忘れず。」にと、草野先生から心構えを話してもらいました。8/25に集まってスタートしたばかりの選手達に、こうした話をしていただいたことも大変ありがたく感じました。

 練習の初めに2日目の様子を見せて(最終形)イメージを持たせる。この6人の乱打に向けての基礎工事を丁寧に繰り返していきました。


 ①柔軟性を高めるボディーローテ、赤ちゃん四股、体幹ひねり、6方向

 ②ジャンプの仕方を学ぶ床反力、伸張反射を使ったプライオメトリックジャンプ、脱力ジャンプ。(この時、右足を少し上に上げて上から落下する、掌が後ろを向く、肘よりも手首がした、などの細かいポイントを伝えます。)

 ③2段モーション(上半身と下半身の向きに注意、空中でひねる余地を残す)

 ④キャッチボール(2段モーションで)

 ⑤トス打ち(一方はキャッチ、10本交代)

 ⑥クロス&ストレートで打つ。

 ⑦位置取りレシーブ(トス打ち、キャッチ&レシーブ)

 ⑧レシーブ後、2歩下がりネットタッチ連続(顔は前、足はネット)

 ⑨反転して、脱力ジャンプ2本+ブロック


今やっている練習は、次の練習のためにある。


次々と目指す最終形に向けて、段階的な練習メニューが構築されていきます。

「適当にやるから、ミスが出る。」

自分の力を出せれるプレーヤーになるために・・・、絶妙なタイミングで勇気づけのメッセージが入ります。


そして、今回劇的に変わったレシーブ!

冒頭、「レシーブでしてはいけない3つのことは何ですか?」と草野先生は、選手達に問いかけます。すると、活きのいい2年生の選手から答えが返ってきます。①上下運動②腕を振る③力み!県選抜の選手は、様子をうかがっています。

草野先生は、丁寧な口調で「なぜならば・・・。」を説明していきます。

ここに来たら上がる!という自分のゾーンを見つけること。骨盤の安定姿勢をつくり、手の届く範囲の右上横、左上横、右膝横、左膝横、真正面の5カ所のボールをレシーブする【レシレボ5】を何度も行いました。具体的なレシーブ姿勢の5つポイント。①膝を中に入れない②目線を一定にする③かかとを浮かさない④面を残したまま腰を3cm沈める⑤決めポーズで1秒キープ

同じボールでも、レシーブの具体的な行動を意識していくことで、余分な部分がどんどん削られていき、落ち着きのあるレシーブフォームへと変わっていきました。選抜の選手は、実際にやってみることで、この新しい理論の効果を実感していきました。


 立腰姿勢、手首の尺屈、膝抜き、床反力、伸張反射・・・など、

自然体ではおなじみの用語を丁寧に説明してもらい、選手達も素直にそれを受け入れていきました。


点から線へ段階的に】

 ネットを使っての2:2(2段モーション、1段モーション床タッチ)、7人で5:5。

フォワードの3人は1本ずつコートを替える。バックの2人はストレートとクロス。

【チームルーティーン】

3本連続踏み込み。①セッター直上でエアースパイク。②チャンスボールからトスを打つ。

1日目の最後に、「新しい自分に出会える。それが成長!新しい自分に出会えると思うとワクワクするね。」そんな言葉をかけてもらい2日目が楽しみになりました。


【2日目】冒頭、登録メンバー12名の選手の選び方についての話がありました。12名・・・9名(プレーに集中する)+3名。

(プレー外を頑張る)レギュラーメンバーの決め方やチームをサポートする人の必要性を話していただきました。

また、速いスイング、ダイナミックなスパイク(エンドラインからのジャンプスパイクアタックラインで直上トスをスパイク)で

スパイクスイング強化を図ります。


【チーム強化メニュー】

40分間、選抜の子達の練習に入り、みんながそれを見ます

①ダイナミックなスパイク

②コートを半分に分けて、2人がサーブレシーブ。4本サーブで交代。

③2カ所でコーチのスパイクをディグし切り返す

(ブロックからサイドへの開き、センタープレーヤーはクイック、レシーバーがディグレシーブ)

④相手コートからセッターにチャンスボールを入れ、レフトやライトからアタッカーのキャッチのタイミングで、

コーチがボールを出し、それを切り返す。

⑤コーチが動きながらいろいろなボールを球出しし、切り返す。

そして、またはじかないレシーブに戻ります。

「これで戦っていく」というものをもっていれば、落ち着きのあるプレーになる。

「コートの中で、反省するな!」

「なりたい自分のイメージをつくることが成長の秘訣」


この練習会に参加した人は、これから何をしていけば、自分が目指す姿になっていくかをイメージし、手応えを感じたはずです。


【皆の前で意見を言えること】発言が間違っているか合っているかは問題ではない。

次回の練習会では、選抜の選手から【質問】や【感想】などの【発言】が聞かれたらうれしいですね。


次回の練習会までに、

①股関節の土台を安定させるためのトレーニングを続ける

②はじかないレシーブで具体的な5つのポイント意識して練習する

③超クロスとストレートの打ち方をマスターする

を確認して、選手達とわかれました。草野先生と次回お会いする時に成長した姿を見せられるよう、スタッフ・選手で頑張っていきます。

ありがとうございました。


静岡県選抜女子チーム監督 岡田直樹


c0000970_08385772.jpg

c0000970_08385128.jpg

次回は11月10、11






# by kusanokenji | 2018-09-15 08:40 | ■連載“日々努力”