★★★★★


by kusanokenji

<   2015年 09月 ( 22 )   > この月の画像一覧

千葉

【自然体バレー塾 in 千葉6】開催要項


1、目的 自然体バレーを通じ参加された選手の皆さん全員が

      笑顔で頑張ることができ「故障しない身体作り」

      「故障しないフォーム作り」を指導目的とします。


2、開催  平成27年12月5日(土)・6日(日)2日間


3、会場   JFEスチール(株)東日本製鉄所 千葉体育館(043-263-1166)


4、主催  『自然体バレー塾in千葉』実行委員会


5、後援   千葉市教育委員会・千葉市バレーボール協会


6、講師   草野健次先生(自然体バレー塾 塾長、

        日本バレーボール協会公認講師etc)

『自然体バレー塾』を検索してみてください。


7、日時   ①平成27年 12月5日(土)(受付開始8:45)


        9:30~16:30 随時、講義(解説)を挟んでの実技指導)

       ②平成27年 12月6日 (日)(受付開始8:45)

        9:30~16:00 随時、講義(解説)を挟んでの実技指導)

【実技指導】   NEWメニュー登場

(会場内ではスクリーンで映像を流します)

8、対象者  指導者・選手(小学生、中学生、高校生、一般)

       ※学校・チーム単位での参加はもちろん、個人参加も受付けます。

       ※自然な体の使い方や故障させない練習方法に興味のある方も

         ぜひご参加ください。

       ※バレーボール以外の指導者も参加可能です。

会場のスペース上約300名/1日(選手)とさせていただきます。


9、参加費   高校生まで1日500円、大人1日1000円

        (団体ごとに参加費、昼食費は会場受付で集金させていただきます)

10、申込方法  事務局の土田龍次までご連絡ください。参加申し込み書をお送りします。

PCアドレス:konan149@yahoo.co.jp

         携帯アドレス:i-love-konan.ryuji@ezweb.ne.jp

         FAX:043-262-2895

         TEL:080-5030-0234


11、申込期限  定員になり次第締め切らせていただきます。


12、懇親会   5日(土)18:00頃から夜の自然体(懇親会)を開催します。

会費(6,000円/人)


13、その他  ●昼食(お弁当)を希望される方は参加申し込み書に明記下さい

        ●懇親会に参加希望の方は参加申し込み書に明記下さい

●宿泊を希望される方は斡旋します。参加申し込み書に明記下さい

●けが等発生した場合は、応急処置はいたします。

その後はチームまたは各自で対応をお願いいたします。

        ●チーム、個人で参加の方も各自ボールをご持参ください。

●参加に関するご質問、ご相談は千葉事務局(土田龍次)までご連絡ください。




参加希望者特典 ✳️「指導者のための講義」pDF版贈呈します。

希望者はメールで申し込みください。





[PR]
by kusanokenji | 2015-09-30 11:44 | ■開催要項

「あんな偉い人でも、
 自分を見ている恐い人がいなく なると失敗するんや」

松下幸之助の言葉である。以下「二人の師匠」から抜粋。

昭和42年(1967年)の7月、大阪空港の待合室で高橋荒太郎副社長から「日本ビクターへ行ってもらう」と言われた。

 11月に入って、創業者(松下幸之助)に京都の真々庵に招かれた。南禅寺の近くにあり、綺麗に手入れされた庭とその背景になっている東山連峰が美しかった。
 
 古風な茶室に二人だけ。創業者は着物姿で茶人の風格があった。私は茶をいただきながらいろんな話を聞いた。
 
 当時、日本ビクターはまだ増収増益だったので、なぜ私が日本ビクターに行かねばならないのかを尋ねた。創業者は
「日本ビクターは、一見格好がついているように見えるが、中身は病気にかかっているのだ。その治療の手伝いに行ってもらうのだ」と言った。
 
 次に「平田君、豊臣秀吉もナポレオンも100年か200年に一度生まれるかどうかという偉い人物だな。あんな偉い人が二人とも末路は失敗したな。なぜだと思う」と聞いた。
 
 突然のことで困ってしまった。思いつくよすがもなく、
「分かりません」と言うと、「それはうしろに恐い人がいなくなったからや。あんな偉い人でも、自分を見ている恐い人がいなくなると失敗するもんや」。

この言葉はその後も強烈に私の脳裏に残った。








[PR]
by kusanokenji | 2015-09-30 11:18 | ■連載“日々努力”
自然体公認指導者養成講習会も第14回開催となりました。
初めて秋田から参加のブログにも書いてあるように
子供から離れて勉強するのもまたいいものです。
もともとの発想は
少しでも正しいことを
子供に教えたい
正しいこととはなにか?
子供になにを教えるべきか?

そういうことを突き詰めながら
子供との向き合い方
子供の指導で大事なことは

受講生の皆さんと一緒に研鑽!

一方通行にならないように注意しながら

常に新しい知識や
新しい考え方
これまで考えもしなかった捉え方など
新しい発見が
新しいエネルギーになれるよう
今後も研鑽していこうと思います

来年は
1月9、10日開催です



[PR]
by kusanokenji | 2015-09-29 17:16 | ■連載“日々努力”

10〜12月

🔶10月
〜04(日):打出中学
10(土)〜12(祝):沖縄(日体協公認)    前回
17(土)〜18(日):愛媛(JOC中学選抜強化) 前回
24(土)〜24(日):愛媛(聖カタリナ高校強化)前回
31(土)〜01(日):横手(秋田県)      前回

🔶11月
07(土)〜08(日):蒜山(岡山県)
15(日)      :京都府高体連講習会(落水高校)
21(土)〜23(祝):糸魚川(新潟県)
28(土)〜29(日):清水(静岡県)

🔶12月
05(土)〜06(日):千葉(千葉県)
12(土)〜13(日):瑞穂(岐阜県)
19(土)`20(日):橋本(和歌山)
22(火)〜23(祝):聖カタリナ高校








[PR]
by kusanokenji | 2015-09-28 16:02 | ■開催要項

ひるぜん

第4回自然体バレー塾in蒜山


1、目的  子供たちの将来を見据えた正しい指導方法を学び、

指導者の資質向上を目指す。また、バレーボールのみならず、

      各々の心の成長を促すきっかけづくりを目的とする。


2、主催  真庭市体育協会バレーボール部
      

3、日時  平成27年11月7日(土)~8日(日)


4、会場  真庭市立蒜山中学校体育館

     

5、講師  自然体バレー塾 草野健次先生

(日本バレーボール協会公認講師)


6、日時  

1日目 7日(土) 午後1時00~午後5:00

午後1:00~午後3:00みんなで聴けるお話、

午後3:00~午後5:00、実技講習

2日目 8日(日) 午前9:00~15:30   実技講習


7、参加費

小学生、中学生 1日目700円 2日目800円 2日間通し1500円

指導者    1日目1000円  2日目1000円 2日間通し1800円

※会場の都合上、100名までとします。


8、草野先生を囲んでの懇親会を予定しています。

  宿泊をご希望の方は植木までご連絡ください。


9、問合せ先  真庭市蒜山下福田380   植木崇雄

        0867-66-2700  080-5610-3836

        Mail:uepon2700@gmail.com






[PR]
by kusanokenji | 2015-09-28 15:54 | ■開催要項

遊佐

【第908回】第7回in遊佐(山形県)
2015年9月26(土)、27(日)・・・遊佐小学校体育館 120名
★受講者累計 182、170名 

・・・・・・・・・・・・・・・前回・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




遊佐クラブのいいところ

下品な人がいない!

これは大きいな〜!


c0000970_15032966.jpg

今年も若い新入部員が入っていた
いつも笑顔でニコニコ
みんな素直さがにじみ出ているのがチームの特徴かな
監督曰く
週二日の練習が楽しいんです。仕事中は体がきつくても
体育館にくると若い子に癒されて不思議と元気になるんです

素直なママさんが育つチーム
方針にぶれがないチーム

きっと、子供達も素直に違いない!


c0000970_15062286.jpg
昼食
c0000970_15041593.jpg

懇親会
福島、秋田、宮城からも参加

c0000970_15034903.jpg

日本海の幸
c0000970_15073353.jpg

【質問タイム(懇親会)】

ここ(遊佐)では、あらかじめ質問を用意して
幹事さんが頃合いを見はからかって、質問タイムという
勉強時間を設けています。その一例を・・
(参加者のメモから)

冒頭に、昨日でNHK朝ドラの「まれ」が終わったけど、その中で家出から帰ってきたお父さんに娘の前が言ったせりふがある。「あなたが、家におることが家族なのよ。家に知るだけでいいのよ。それが家族だから・・・・」と泣かせる場面があった。チームも一緒だとおっもうよ。『あなたがおることがチームなのよ、、お荷物がいてもいい、活躍しなくてもいい、いるだけでいい・・・そういう温かみというか、人間力というか、そういう考え方ができるチームが魅力があるチームとのちがうかな』・・・・そんな話をしました。

Q「思うようにプレーが出来ないときどう気持ちを切り替えたらいいですか?」

A「旦那とケンカしたとき、どう気持ちを切り替えたらいいですかというのと同じでしょ」(笑)『嫁・姑の関係と同じ。相手への尊敬から始まったらいい。チームも同じじゃないかな』

Q「人が自信をなくしたときに、どういう言葉をかけたらいいですか?」

A「その気配を早く感じられるような人が、そばに寄り添ってあげるのがいい。一生懸命励ますのがかえって相手にとってキツい場合がある。そういうことに気付いてあげること。それもその人の普段の心掛け、人間力ちゃうかな」










[PR]
by kusanokenji | 2015-09-28 15:12 | ■講習会リポート

ディグレシーブは
足を動かすのではなく
腰から動くんだ!

これに気がついたときに
「過去の自分に勝った」
と思った瞬間だった。

ディグとはスパイクレシーブのこと。
先日のW杯では、「1歩も動けない」
ことが連日テレビで見れた。
サーブも、「1歩も動けず」「手も出せず」
見送り三振みたいな光景が何回も見れた。

それなのに、
指導現場でも、指導者講習会でも

落下点に「早く動け」
「走りながらレシーブせよ」と
一列レシーブを黙々とやる。



これって
おかしくありません?

動かずにレシーブできる技術があってこその「動いてレシーブ」じゃないの?
 レシーブって、向こうからこちらにボールが来てくれるんだから「どうぞいらしゃいませ!」っていうおもてなしの心で迎えたらいいんじゃないの!っていうのが考え方の基本。


今までやってきた考え方、指導法を
新しく変えることができれて
それが成功すれば
それこそが
「過去の自分に勝つこと」です!











[PR]
by kusanokenji | 2015-09-28 11:29 | ■連載“日々努力”

橋本

【第907回】第14回公認講師養成(和歌山)
2015年9月19(土)、20(日)・・・橋本市教育会館 60名
★受講者累計 182、050名 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



第14回

****************************************
自然体公認講師養成講習会
*****************************************

参加者は
北海道、秋田、千葉、茨城、富山、沖縄
三重、京都、奈良、和歌山、大阪、兵庫

c0000970_11491681.jpg
c0000970_11490835.jpg

たくさん
勉強しました

内容は後で・・・・





【参加者の感想】
2日間受講して共通していたことは
『解決』するための勉強会だったということです。
現場で問題が発生した時は実践の場。その時に解決できるかどうかは、いかに準備しているかどうかで違ってくる。その準備のために勉強をする。この勉強の先には、他人の喜ぶ顔が待っている。そんな風に考えると、勉強も楽しいものになっていく。

そんなわけで、今回は解決策を求められる機会が多かったです。
塾頭の講義の後、受講者からの質問があります。いつもであれば塾頭がパッと答えますが、2日目からその質問が受講生に投げかけられました。初めは沈黙もありましたが、少しずつそれに答える受講生が多くなり、一つの投げかけに7人?が答える場面もありました。その質問とは
『中学1年の子どもがいる。クラブのやり方が自然体の考え方とは違う。このままではいけないと思うから顧問と話をしようか悩んでいる。しかし、小学校の時の苦い経験があるからなかなか、、。どうしたらいいですか?中学校の先生たちは保護者にどんなことを求めていますか?』

答えの内容がそれぞれ違うので、様々な話が聞けてとても楽しかったです。そして、自分が話をする時は、聞いている人のことを考えて話すチャンスでもあったので、いかにポイントをおさえて話ができるかが試されました。

この養成講習会はバレー塾にも強化練習にもない良さがあります。例えば、『全国から集まるため新しい人に出会えます』。だから自分の知らない世界を知るチャンスになります。また、『勉強に集中できます』。バレー塾などは、子どもを一緒に連れていくことが多く、どうしても自分の子どもたちが気になります。でも、ここなら集中して勉強できます。










[PR]
by kusanokenji | 2015-09-24 11:52 | ■講習会リポート
私は、私以外の人が書いた「バレーの本」はできるだけ読まないようにしている。なぜならば、自分の発想が乏しくなるからだ。そうなると二番煎じ、もの真似にしかならない。


年に1回、東京で自動車ショーがある。
世界中から出展される。
これを見ないと世界のトレンドに取り残される。
だからこぞって業界の人は参加する。
ところがある有名な会社の役員は違った。
見に行かない!
なぜ?
「似たような車しか作れなくなる」といいうのがその理由。
では、新しいアイディアはどこから得るのか?
彼は言う!
「ファッションショーとかゲーム機のショーとか」
らしい。
なるほどと思った。

今、世間の話題のラグビー。
メンタルコーチの荒木香織さんの存在が脚光を浴びている。
彼女は
「ラグビーの記事は極力読まないようにしています。

それを自分の仕事の

情報にしないように

心がけてます」

と聞いて合点した!


自分は、
常に新鮮なバレーボール
を提供したいと思っているので
自分に内在している
自分の創造性で勝負している

だから
いつまでも
バレーボールが楽しい!
















[PR]
by kusanokenji | 2015-09-23 11:27 | ■連載“日々努力”
2015、9、19〜20
自然体公認講師養成講習会参加者の投稿より

以前、草野先生が4つの質問をされました。
1、人はなぜ勉強するのか
2、指導者はなぜ勉強するのか
3、指導者は自分で教材をつくれ
4、自分はなぜ勉強しているのか

そして、今回の養成講習会でこんな問いがありました。

5、なぜ教員になったのか
6、なぜ指導者になったのか


今回、「5」を書きたいと思います。
もしよければお付き合いください。

『なぜ教員になったのか』

本当に素晴らしい師匠は、自分を超えていく弟子ができて一人前だ、といった言葉に出会ったことがあります。これは、自分が教える立場になった時、目の前にいる人たちは自分を超えていく可能性を秘めている人たちがたくさんいるんだとも考えられます。
私はそんな原石たちに教えたいのではなく、「触れてみたい」といいた感情があります。触れられた本人たちが嫌なのであれば拭き取ってもらったらいいし、輝きに変えてくれるならそれもいいし、選択肢(考え方)を伝えられたらいいなと思っています。だから、私自身も輝く努力が必要です。過去にも満足していないし、今にも満足できないし、きっと未来も満足はしないと思います。でも、自分がベストを尽くすことが、もしかしたら子どもに影響するのかもしれないと思うとワクワクして前向きになることができます。
なぜ教員になったのか!
1、原石と出会うのが楽しい
2、自分が原石のおかげで成長できる
この2点です。






















[PR]
by kusanokenji | 2015-09-22 20:18 | ■連載“日々努力”