★★★★★


by kusanokenji

<   2015年 02月 ( 26 )   > この月の画像一覧

第2419話・・・活用

勉強するということは
学校でいい成績を残すことでも
暗記した知識をひけらかすことではない
学ぶということは・・・<bY 橋本左内>

今年に入って「LINE研修」なるものを立ち上げた。
「いいものを共有する」という理念のもとに
全国の指導者仲間216名に、ほぼ毎日「自然体動画」を配信。
FB(フェースブック)やブログなどでも配信しているが

要はどのように活用されているか

・・ここがポイント。

そんな中、今朝、活用例の報告があった。ありがとう。
これはipadのメニュー画面。嬉しい限りです。
子供のためになることなら努力を惜しまない心が嬉しい。

<松本さん>
c0000970_07154151.jpg
               
                <滝川さん>
c0000970_07154726.jpg
c0000970_07155108.jpg
c0000970_07155668.jpg
c0000970_07160011.jpg
c0000970_07160535.jpg
c0000970_07160973.jpg



努力している者は
努力している人の
気持ちがわかる !

























[PR]
by kusanokenji | 2015-02-26 07:33 | ■連載“日々努力”
相手の心に
ストーンと
落ちるには・・・

「あげろ!」
「落とすな!」
と檄を飛ばして、バレーボールが上達するとは思えない。
「だから何をするの!」
具体的に教えるのが指導者の役目。

しかし
答えが理論的であっても、上達するとは限らない。
ある警察の、ベテラン鑑識課員(似顔絵捜査官)曰く

「曖昧さの中に真実がある」

どういうことかというと
全体でとらえよう〜  ということです。
「時に犯人逮捕に直結する似顔絵。はっきり似ているほうが良いように思えるが実はそうではない。はっきりと似ている顔より『なんとなくあの人に似ている』と思う人が多いほど、寄せれる情報が増え犯人逮捕につながりやすいのです」と。

自然体では、「ボールはぼんやり見ろ」と指導する。
理由は、ボールに焦点が合ってしまったら他が見えないからである。
ボールはぼんやり見えたらいい。
そうすると、全体が見えるからである。
バレーボールで大事なのは

ボールの動き
人の動き

この二つである。
つまり、全体の動きを見ろ!
とくにレセプションやブロックではそうである。

難しい理論をこねくり回すよりも
「これだったら自分もできそう」
「やってみよう」
そういう気持ちになれるものがいいのでは・・・・と思う次第。
とくに初心者や子供相手にはこれがいい。
難しいことをさらに難しく言われても無理です。


冒頭の
「だからなにをするの?」
の答えがそこにあるのです。

さッき、アップした youtyubeです➡︎ここ




[PR]
by kusanokenji | 2015-02-25 14:10 | ■連載“日々努力”

c0000970_02194345.jpg
この続きは・・・そこでお釈迦さんが目連に諭した言葉を実行したら、お母さんが地獄から解放されて救われた。そのとき大喜びした目連の姿が、今の盆踊りの由来だとか・・・。



親の愛情も方向が違うと大変です。
大人の生き方として大切なのは
足元をしっかり見つめて
家族から愛される資格を持ちたいものですね。











[PR]
by kusanokenji | 2015-02-24 02:20 | ■連載“日々努力”

瑞穂

【第877回】第in穂積強化練習(岐阜県)
2015年2月21(土)22日(日)・・・本殿小学校体育館ほか 60名
★受講者累計 176,660名 

・・・・・・・・・・・・・・・・前回・・・・・・・・・・・・・・・・・

   
    【レセプション

試合の時にレセプションのミスが多いんです・・・の一声で始まった二日間。今回の強化練習、ここにポイントを置いてみました。大切なのは【自信】。小さな自信をどうつかむか!

もう一点は、「心の持ちかた」・・・ここにも重点を置きました。理由は、不安を取り除くためです。みんな不安を抱えて生きています。「頑張れ、がんばれではなく」、不安さえ取り除いてあげたら、みんな自分で頑張る力はあるからです。ましてや部活にくるぐらいの子供たちです。頑張れ、がんばれは「今のあなたではダメです」という否定語。


c0000970_12162539.png

どれが見たい?って聞いたら、そっこう速攻で「LINE友との付き合い方」の声があがりました。やっぱり興味があるタイトルであり、現実の問題ですよね。

c0000970_12165751.png


人間学の勉強が、ます

ます必要な時代です。


子供の前に大人も・・・・。

例えば
前回の時に「来年中学生」の紹介をしました。
今回も彼女たちは二日間参加してくれました。
やる気十分!最後まで中学生と同じ練習を。
そこで、人間学についてもしっかりと聞きます。

目には見えないけれど
初心者の多い中学一年生の心境はいかほどか・・・?
優秀な後輩が入ってくると心境穏やかでないのは
どこの世界も同じなんです。それが人間なんです。

そこでどうするか!
そこが「心の教育」です。

今の不安を打ち消す「新しい発想」を教育できる
チャンスと考えるのです。そのための引き出しを
どれだけもっているか・・・これが指導力。

そういうといころにも踏み込んでみましたが
常に注意が必要なことは当然。
指導者は
問題が起きる前にやるべきことをやることです。


一人一人の生徒を見てあげること。
一人一人の生徒と向き合うこと。
こんな先生についていきたいのが生徒の気持ち!




















[PR]
by kusanokenji | 2015-02-23 12:14 | ■講習会リポート
【情報発信】
私の場合はバレーボールに関する情報と
人間についての考え方(人間学)などが多い。
そこで気をつけていることは

1、私は何をしている、こんなことを知っている・・・ではなくて
2、指導に行き詰まっている人に対して
  こういう考え方・指導法もありますよ・・・・っていうスタンス。

困っている人に喜んでもらえるもの
困っている人が求めているもの
そこにどれだけ近づけるか・・・

少しでも役に立った時の姿をイメージするけで力が湧いてくる。
自然体を知ってもらうのではなく
人の役に立つことをする。
そういう人生を自分は歩く。
ただそれだけ。
困っている人が求めているものを発信できたらいいな・・・
気づきや、ちょっぴり勇気など
そんなものが芽生えてもらったらありがたいな。
子供っぽいけど
それが今日まで続けられている原因のような気がする。

つくづく思うのは
新しいことを常に考えていないと
 新しい人の求めているものはわからない
  ということ。

子供を指導するって
そういうことですよね。

ベテランになるほど
新しい人(生徒)と差が大きくなるのだから
ベテランほど
新しいことを常に考える習慣がないといけませんよね。













[PR]
by kusanokenji | 2015-02-21 07:34 | ■連載“日々努力”

八雲

【第3回自然体バレー塾in八雲】開催要項

1.目的 ・身体のメカニズムを知り、怪我・故障をしない、させない練習方法を学ぶ。

   ・指導者、保護者はバレーボールを通して、子どもの未来を考えよう。


2.主催  八雲スポーツ少年団バレー部

3.期日 4月4日(土) 13:00~17:00(受付12:30~ )

   4月5日(日)  9:00~15:45(受付 8:30~ )


4.会場 松江市立八雲小学校体育館

   ※駐車場は、小学校体育館前及びアルバホール、

    八雲幼稚園・保育園駐車場をご利用ください。

    (八雲小学校グランドには駐車しないでください)


5.対象 指導者、選手(小・中・高・大学生・ママさん)、

    保護者学校・チーム単位、個人参加も可

6.講師  草野健次先生      「自然体バレー塾」塾長
       日本バレーボール協会公認講師
7.日程  4月4日(土)       12:30~       受付
       13:00~17:00  講義・実技指導      
   4月5日(日)page1image5136
        8:30~        9:00~15:45

8.参加料

  選手(小学生~高校生) 500円/日
  大学生・指導者・保護者
1人 1,000円/日※当日、受付にて集金します。


※本日(2/20)時点で定員をオーバーしましたので申し込みを終わらせていただきます。

         ただし、指導者のみの参加は受付いたします。


 9.昼食   各自でご準備ください。
10.服装等  運動のできる服装、体育館用屋内シューズ   
     ボールは各自・各チームでご持参ください。

11.連絡・問合せ先

    石原(八雲スポーツ少年団バレー部)090-4654-7710











[PR]
by kusanokenji | 2015-02-20 11:37 | ■開催要項
只今、fBやLINE研修で
「ビバキッズ」シリーズから
「ふらふらポン」シリーズ連載中!

やはり、継続すればそれなりの効果が出ますね。

お礼のメールがちょくちょく届きます(ありがとうございます)

一念発起して
努力は誰でもする
ただし、そこから一歩抜けるには
努力に辛抱という棒をたてるんや!

というのは、故・桂小金治さんの言葉。


せめて

やろう!と

自分で

決意したことは

やり通そうと思います。











[PR]
by kusanokenji | 2015-02-20 10:46 | ■連載“日々努力”
ただ飲むだけの
懇親会なら
やめておこうよ!

バレー塾のあとは必ず懇親会が定番。
いまだかって、これがなかったことはない(笑)
ただ、中には、酒を飲んだら人格が変わる人もいる。
お客さんはそっちのけで、自分たちの宴会になってしまう。
こういうときは気分が良くない。

先日の懇親会の話題・・・・
中学生の部活、どこの先生たちも悩んでいると思うね。
優しくしたらわがまま言うし、
どこまで厳しくしたらいいのか難しい時代だけど
でも、選手には「がまんする力・耐える力」
も教えないといけないよね。
じゃあ、どうしますか?
どうすれば、選手が自分から「ここはがまんしよう!」
と思ってくれて「人の3倍努力する」ようになると思いますか?
無理やりさせるのではなく、
選手が自分で自発的に思えるようになる指導。
これです。そのツボはなんだと思いますか?
・・・・・・・

まあ、こんな会話が酒の肴!

ヒントは、選手の立場になって考える事やな。

どんな先生に教えてもらいたいか
どんな先生についていきたいか

ちょっと生徒の立場になって考えたら
今まで見えなかったことが見えて来るし
あっ そっか、と気がつくこともある。
子供って可愛なー、って愛おしくなることもある。
何よりも、腹が立つことが極端に少なくなる。
指導者はなぜあんなに偉そうにするのか?
他人の姿を見て、自分が恥ずかしくなる。
ここまできたらしめたもの。
そうなんで、実はわがままなのは我々なんです。

指導者の立場で考えると「ダメだし」になってしまうだけで、
なんの解決にもならんしね。
まさしく「解説者」であって「解決者」にはほど遠い。

答えは

いつでも自分たちのことを気にかけてくれる。

一人一人に目を向けてくれる。

これが安心感につながる。

そんな会話です。

「子供達の練習している姿を見ているだけで
幸せな気持ちなるんです・・・・」

こういう言葉を言えるように
努力したいものです。
















[PR]
by kusanokenji | 2015-02-19 16:42 | ■連載“日々努力”

今回のバレー塾。

ポイントを捕まえた反省デス。

あとは実行あるのみですね😊

頑張って頂戴!

やり抜いてください。



正面とは

返したいところに正確に返球できる面を正面と言う。


正面と正対の違い

をレシーブやブロックにおいても学ぶことができました。


球出しの違いが、練習効果の違い
トスが上がるのを見て動く。判断して動く。これを習慣化する。
トスが上がるとき、打たれる時を、互いに作ること。


正しいことを一人でもできるのが、いいチーム
いつも、一人で行動できない幼い集団である我がチームに、

突き刺さるメッセージでした。










[PR]
by kusanokenji | 2015-02-18 15:53 | ■連載“日々努力”

岐阜

自然体バレー塾 強化練習会IN瑞穂
      開催要項
期 日 平成27年2日21日(土) 13:00〜17:00  
         22日(日) 9:00〜16:00

主 催 瑞穂ジュニアバレーボールクラブ

会 場 21日 牛牧小学校体育館
      22日 本田小学校体育館

参加費 選手一人に付き  2000円/2日

    指導者・保護者の方の見学については制限いたしません。

懇親会 2月21日(土)
      18:00より草野先生との懇親会を行いますので御参加下さい。
      会場  瑞穂市本田「次郎長」
      会費  5,000円程度

連絡先 瑞穂ジュニアバレーボールクラブ 熊澤
        kumasan63@me.com












[PR]
by kusanokenji | 2015-02-17 18:35 | ■開催要項