★★★★★


by kusanokenji
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2013年 12月 ( 18 )   > この月の画像一覧

「誰かの笑顔を、
 この山に住む人々に届け、
 一緒に喜ぶこと。

 
 誰かの悲しみを、
 この山に住む人々に伝え、
 一緒に涙すること。

 
 それがあなたの仕事」     <90歳の郵便配達おばあちゃんの言葉・・・致知より>


我々に
「あなたの仕事はなんですか?」と問われたら
何と答える?

はっきりしていることは
職業と仕事は違う!ということ。

職業を離れても
職業が変わっても
あなたには
「あなたの仕事が待っている」


実践したいですね!(^^)!

今年もお世話になりました。

よいお年を!
[PR]
by kusanokenji | 2013-12-30 09:55 | ■連載“日々努力”
JOCカップ中学選抜の試合を4年ぶりに、たっぷり、3日間も見てきました。
大阪府立体育館が懐かしかったです。いろんな人とも出会えたし。

■観戦の総括

全体的にレベルが上がっているように感じた。
特に準決勝あたりからは高校生並みのハイレベル。
特に決勝戦の両チームは「点の取り方」がしっかりしており感心した。

かなり驚いたのが二日目までの全体の感想。
予想以上の大波」に驚いた。大量リードであってもすぐに追いつかれる展開。
点数よりも選手の心の揺らぎをみる采配の必要性を痛感。
「点数の差を判断材料」にするとことごとく期待を裏切られる試合展開。
ベンチ采配の常識と選手の心の動きのギャップが予想以上に大きいなと感じた。
どうも選手の心の揺れが点数の乱れのようだ。この原因は何だろう?と考えた。
私の感じたのは、選手への「言葉かけ!」
「がんばれ!」と激励しているつもりが、逆に追い込んでいる結果になっていないか!
選手が安心してプレーできる言葉かけはできないものか・・・そんな感じを受けた。
フルセットの試合が多かったのもわかる。
サーブもランニングフローターが多かったが、攻めるサーブが多く大事なところでミスが出ていた。もう少し前に落とす戦術サーブがあってもいいと個人的には思った。
個々の能力は、180センチを超える2~3人のスーパー中学生を除いて差はない。
勝敗の行方のカギを握っているのはどうも「監督の力量」のようだ。
さすが各チーム、県の代表選手だけあって素質十分。160センチそこそこで
するどいスパイクを打ったり躍動感あふれるプレーが目についた。
しかしながら、「バレーボールはうまくなったが体の使い方はイマイチ!」も目についた。
特に肩や腰に負担のかかる空中でのスパイクフォームや、片足着地が気になった。
ベンチマナーであるが、マナーの悪さは目につかず、一生懸命選手を激励している姿や
ミスした選手がベンチに戻ると笑顔でグータッチを交わしたり、いい印象が目についた。
応援団であるが、私が見た範囲では愛媛県や島根県では日帰りの「弾丸応援ツアーバス」を出して応援していた。県内の一年生と二年生が先輩を応援している姿は「県の団結力」を感じさせてくれて明日への希望を感じさせてくれた。

結局、初日の予選リーグはそのような応援団もあり体育館は満員で華やかな雰囲気。
二日目は時間経過とともにまばらになり
三日目は閑散(体育館が大きいのでとくにそう感じる)・・・・・決勝戦なのに寂しい気持ちがした。
三日目・・・2階観客席の隅で、悔しさをにじませながらコートに「決意の視線」送っているチーム&選手を見受けることはなかった。この光景をみながら、敗戦したらすぐに帰らなければならない各チームの経済的な事情がひしひしと伝わった。まずはもって、ここまで引っ張ってこられた関係者のみなさんのご苦労に敬意を表します。お疲れ様でした。
[PR]
by kusanokenji | 2013-12-28 16:37 | ■連載“日々努力”
昨日の橋本が
今年のバレー塾の締めでした。

バレー塾が動き出した最初の頃からの参加者である「岸田3兄妹」が
昨日4年ぶりに揃いました。長女が今春に京都の大学に入ったので
大学の監督に無理をお願いしてバレー塾に参加してもらいました。
全国トップクラスの高校に九州まで修行の旅に出かけ、大学でも
バレーと勉学の勉学に勤しみながらつかの間の時間を利用して
駆けつけてくれました。ちょっぴり大人になった成長した姿を
この目で見て、お世話になった高校の先生、現在の指導者に
心よりお礼を申し上げます。(レポートはここ
バレー塾も今年一年間一つの事故もなく無事に終了する事ができ
お世話になった全国のみなさんに心から感謝申し上げます。

今回、あらためて思ったのが
「若い力」の素晴らしさです。

僕たちの若い頃によく聴いた歌、唄った歌が「若い力」です。
国体の表彰式の入場行進にも使われ、とても感動しました。
なによりも躍動感に溢れ、心が躍り、ワクワクする歌です。
子供たちにも感謝の意味をこめて、昨日のダイジェストを作成し
BGMに「若い力」を使わせていただきました。



全国各地でお世話になったみなさん
どうもありがとうございました。
来年もよろしくお願いします。

[PR]
by kusanokenji | 2013-12-23 17:10 | ■連載“日々努力”

橋本

【第817回】第36回in橋本(和歌山)
2013年12月21日(土)〜22日(日)・・・県立橋本体育館 270名
★受講者累計 165,860名  
 

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・前回・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          2013バレー塾納め

「バレー塾の理念」を地でいく岸田三兄妹の成長がみれたバレー塾でした。
今回で36回目のバレー塾。第1回は10年前(多分?)
感慨深いものがあります。
まずは小学生時代と現在の成長の対比を見てください。



【内容】

若い力

【講義】
一日目、午前中は久しぶりの大人向けの講義でした。
「母になる君へ」を三時間。
選手はどの子も「一人の命ある人間」
が根底に一環して流れる考え。
タオルなしでは見れない映像。
c0000970_13423423.jpg


思い当たる話に反省、反省!の時間共有。
c0000970_13425126.jpg


【講義で言いたい事】
脳が一番大きくなるのが生後一年。
このときに人としての基礎が形成される。
「信じる心」
「喜びも悲しみも分かち合う心」

母親が最初の教育者。
母親の影響力大!
そのことを知る事が
幸せへの第1歩!!
[PR]
by kusanokenji | 2013-12-23 13:33 | ■講習会リポート
離島の子供は元気だ。
野性味があるかと思えば
花のような心を感じさせてくれたり
珊瑚の海のような透明感がある。
なによりも屈託のない表情に癒される。
一緒にいるだけで幸せだ。

今年は石垣島の子供と出会った。
来年(2月16日)は宮古島の子供と出会う予定。
待っとけよ~!
行くからね~!

c0000970_853982.jpg

<2013年11月石垣>
[PR]
by kusanokenji | 2013-12-18 08:58 | ■連載“日々努力”

八幡浜

【第816回】in八幡浜(愛媛県)
2013年12月14日(土)・・・八幡浜市民スポーツセンター 100名
★受講者累計 165,590名  
 

☆・・・・・・・・・・・・・・・前回・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    愛媛国体ターゲットエイジー強化事業・・・。

2017年度愛媛国体時の高校一年生になるのが現在の小学六年生。
今回が15回目の強化事業。
c0000970_12551293.jpg

県下から選ばれた男女90名の選手たちが集結!
c0000970_12545710.jpg

【99%が自然体初参加】
国体本番の最終学年組。これまでは現中学一年、二年を中心に行なって来た関係で、現在の小学六年生は初めての参加。 この日参加してくれた小学六年生は、国体本番の年は高校一年生。この中から一人でも選手として出てくれたらという思い。
 
講習会のときは必ず、開講式の前にボールを使って遊んでいる選手たちの動きを役30分みるのが私の最初の仕事。選手の動きをリサーチする貴重な時間。小学生たちの遊んでいる姿が普段の練習の姿、現在の技術のレベルが一番ありのままに出る。この瞬間を見逃してはいけないからである。今回も早速・・・・でも・・・?????・・・この子たちって県のトップだよね。全国に出る子や、週4日以上練習している子ばかりでしょ。どうしてなの・・・動きが固すぎだよ、体が壊れてしまうよ・・・なぜ?としばし絶句の状態でした(驚)。これは大変だ、国体どころじゃないよ、もっと根本問題だよ、子どもとの向き合い方じゃないかな。真剣に小学生の指導について考えなきゃ、いよいよ日本のバレーはダメになってしまう・・・目先の勝敗に目が行き過ぎだよ・・・そんな余分な心配が出てくる状態。でもそう思うのは僕だけかもしれないしね。結局、目の前の子供のプレーのどこが悪いの?これでいいんだよって思っている指導者が大半っていうことかな?そこが残念だけど現実はそうなっている。その現実もきちんと受け止めないと前に進まないからね。
そこで、私にマイクが渡された直後に聞いたのが「自然体は初めての人、手をあげてください」だった。ほぼ全員が挙手。
【残念ながら君たちは】
「自然体では一番してはいけない危険なプレーをやっていました!!!
それはパスとスパイクの二つです。パスは両手が背屈しています。
スパイクは肘を高く上げてそのまま上から下に振り下ろしています。
故障につながり、パフォーマンスも上達しません」・・・そこからのはじまり。
選手は初めてでも指導者は何回か受講しているはずなのにあまりの光景に
ちょっとがっかりもしましたが、でも気持ちを切り替えて頑張りました。
最後の方で一人だけ、しなやかなスパイクスイングをする女の子を見つけました。
みんなの前で、披露してもらい
「これが故障しなくて、将来成長するスパイクフォームだよ」と
選手にも指導者にも説明しました。
みんなから拍手をもらって、いい雰囲気になったのがせめてもの救い。
やっぱり、小学生の間に「試合」「試合」に追われていると、どうしても
強く打ちたいとなってしまい、決まったかどうか、勝ったか負けたか
の判断でしか指導できないのかな・・・。

ちょっと違うんだよな!

関連ブログ
小学生のときに、勝ったか負けたかより
小学生のときに、何を体験したかが大事だと思うんですけどね。
やっぱり大人が変わらないと子供は大変ですね。
[PR]
by kusanokenji | 2013-12-16 12:55 | ■講習会リポート

愛媛

【第815回】in聖カタリナ女子高校
2013年12月14日(土)・・・聖カタリナ高校体育館 20名
★受講者累計 165,490名  
 

☆・・・・・・・・・・・・・・・前回・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        故障ゼロ・・・。

朝9時から「2011WーUP]を普通にはじめる選手たち。
「これをやり出してから本当に故障者が出なくなったんです」と監督。
c0000970_12235069.jpg

次々に繰り出される自然体のアップメニュー。翌日の小学生講習会でも高校の
「故障させない、怒らない指導」が県の小学校関係者の間でも好評だった。
選手を送り出す小学校、中学校の先生、保護者にとっては一番気になる所。
我が子、我が教え子の将来を預けるにふさわしい取り組みを粛々と推進継続中!
c0000970_12241790.jpg

「心の教育」のDVDを見る先生方
c0000970_1224257.jpg


【屈しない自分】
弱い自分、強い自分、いろいろあるが
最後は「屈しない自分」というものを目指してほしいし
そういう指導を選手にして欲しいと思う。

指導者として「屈しない」とは
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こういうことを考えて、行動できる。
これがこれからの指導者には必要!
若い指導者に期待したい!
[PR]
by kusanokenji | 2013-12-16 12:46 | ■講習会リポート

第2186話・・・重さ

眠っている赤ちゃんは
ずっしりと重た~い!

しかし、力をいれている大人は
意外と軽いね・・・・と体験されたことはありませんか?

力んでいるママさんのスパイクされたボールは
赤ちゃんよりも軽~い!・・・・同じ理屈。

スパイクは「叩く」のではなく
腕の重さをボールにあずけるようにしてごらん・・・・


この、ボールへのタッチ感覚を覚えるだけで
スパイクスイングのフォームが劇的に変わるんだけど
それができないのが問題です。

英語を喋れるようになるのが大切ではない。
英語で何を喋るのかが大事と同じように

小学生からバレーするのが大切ではない
小学生の間に何を練習するのかが大事


これは人間としての「考え方の基本」のような気がする。
これが分かると、スマホの使い方でも自然にわかってくるはず。
この「考え方の基本」は幼児教育からはじめるといい。
[PR]
by kusanokenji | 2013-12-16 09:33 | ■連載“日々努力”
朝起きて何を考えるか
自分の心模様が映る


不安で不安で・・・そんな日もあった
あ~、今日も生きているんだ、とほっとした日もあった

さあー!、やるぞ!と意気込める日も
がばっと起きて、おー!と叫びたい日もあった

会社に行きたくないなーという日も
嫌な奴に会いたくない、という日も
あー、あの人に会えるという日もあった

みなさんもいろいろあるでしょね。

いつもと変わらぬ朝を迎えられるなんて、最高の贅沢。
そして講習会に参加できることのありがたさ。
毎日練習できることの素晴らしさ・・・・・
そういうものに「気が付く」自分でありたいと思います。

そういえばどこかの講習会の冒頭で
「今日、ここに集まってくださったことは奇跡の連続です。素晴らしい奇跡の恵みに感謝しましよう。今朝お腹が痛くなったらここにこれません。夕べ家族の誰かが急病になったらここに参加できません。途中交通事故に遭ったらここに参加できません。自分だけでなく家族の皆さんにもなにもなかったからここに参加できています。弁当をつくってくれる人がいます。留守番をしてくれる人がいます。みなさんのお蔭でここに参加できることが当たり前ではなく奇跡の連続の結果だと思いませんか・・・」とお話したことがありました。

今日に感謝!
[PR]
by kusanokenji | 2013-12-13 10:05 | ■連載“日々努力”

北六甲

【北六甲開催要項】

2日目、会場が変わりました!
新しい会場は、神戸市道場の環境改善センター体育館です!


主 催  北六カリヨンズ
期 日  平成26年2月1日(土)~2日(日)
会 場 流通東体育館(1日)/北六体育館→変更あり!(2日)
時 間 2月1日:午前9時30分受付~午後5時
    2月2日:午前9時30分受付~午後4時
集合時間は、近隣の迷惑になりますので、早めの集合は控えてください。
内 容  実技&講義(随時)
参加費  指導者:ひとり¥1,000(1日)
     選 手:ひとり¥500(1日)
     ※学校・チーム単位、並びに個人参加でも結構です。
昼 食  指導者:1食 ¥700
     (ご希望であれば、選手のお弁当もご用意させて頂きます。)      
懇親会  1日(土)午後6時30分より 鶏舎 会費:ひとり¥6,000
宿 舎  宿泊希望の方は、有馬リゾートミント
     (Tel:078-903-0023)で直接お申し込み下さい。
その他  ボールは各チーム、各自で準備して下さい。
★参加者人数の変更は1月15日 午前中までにご連絡下さい。
      それ以後の変更、当日キャンセル等の場合、
      参加費は徴収させて頂きますので、ご了承下さい。
      参加ご希望の方は、1月15日まで(期限厳守)に
      自然体バレーin北六事務局・安部宛に
      メール(artisan1970@yahoo.co.jp)
      もしくはFAX(078-903-0670)でお申し込み下さい。
[PR]
by kusanokenji | 2013-12-12 18:55 | メモ