★★★★★


by kusanokenji
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2013年 06月 ( 17 )   > この月の画像一覧


本田宗一郎さんは、
企業で一番怖いのは社長の無知です。
問題は次々と形を変えて現れるが、持っている知恵が古いと
過去がどんなに偉かった経営者でも、会社をつぶす事になります。
企業は社長の無知が一番怖いのです」

この考えで部活を考えてみたいものです。


正しい体の使い方の指導を受ける事は
技術を教わるより大きな価値がある
なぜなら
子供には未来があるから・・・

[PR]
by kusanokenji | 2013-06-28 09:16 | ■連載“日々努力”
一生懸命頑張らせようと
一生懸命に頑張っているうちは
まだまだやな〜


指導者が目指すべき「究極の指導力」とは
「試合よりも練習がしたい!」
と子供にも親にも言わせることではなかろうかと思う。

それぞれが「成長」を体感できる練習
自主性が伸びていると体感できる練習

我々にとって大切なのは
目の前の選手を
アメとムチを使って
無理矢理頑張らせるのではなく
目の前の選手が
自ら積極的に頑張りたくなる
そんな指導法を学ぶことである

[PR]
by kusanokenji | 2013-06-27 13:39 | ■連載“日々努力”
コルセットは要注意!
理由は「脳の勘違い」

ぎっくり腰・・・
コルセットをすれば少しは楽になるのですが、
この「楽になる」のがくせ者。
脳が「なんだ、これくらいでいいのか」とコルセットで支えている力を
筋肉だと勘違いしてしまい、筋肉がどんどん衰えてしまうからである。

でも、弱っている筋肉を保護もしなければいけないし
このへんの判断が必要です。
まだコルセットの力を借りていますが、
回復期ほど再発の危険性もあるし判断が難しい・・・。

子供の教育も同じだな〜。
過保護になると自立できなくなるのも妙に納得してしまった。
可愛い子には旅をさせろ!
少々放ったらかしにして、免疫力を強くしなければ生きていけない。
世の中は「モンスターペアレント」から
「ヘリコプターペアレント」の時代だとか。
入学試験、就職試験に親が子供についていくのは当たり前で
最近では息子のデートにも親がついていくとか。
事件取材で、上空を旋回するヘリコプターみたいにべったりだから
「ヘリコプターペアレント」と言うらしい。

今週の「あまちゃん」もおもしろそう。
[PR]
by kusanokenji | 2013-06-25 12:50 | ■連載“日々努力”

蒜山(ひるぜん)

第3回自然体バレー塾in蒜山

1、目的  子供たちの将来を見据えた正しい指導方法を学び、
指導者の資質向上を目指す。また、バレーボールのみならず、
      各々の心の成長を促すきっかけづくりを目的とする。

2、主催  真庭市体育協会バレーボール部
      
3、日時  平成24年8月10日(土)~11日(日)

4、会場  真庭市立川上小学校体育館
     
5、講師  自然体バレー塾 草野健次先生
(日本バレーボール協会公認講師)

6、時間  1日目 10日(土)受付:午後12時30分~ 
             :午後1時00分~午後5時
      2日目 11日(日)受付:午前8時30分
               :午前9時00分~午後4時
         
7、参加費 小学生 800円 中学生 1000円
指導者 1400円
1日間参加も2日間参加も同金額です。
※会場の都合上、団体の申し込みはお断りさせてください。
個人、指導者の方は受付させていただきます。

8、草野先生を囲んでの懇親会を予定しています。
  宿泊をご希望の方は植木までご連絡ください。

9、問合せ先  真庭市蒜山下福田380   植木崇雄
        0867-66-2700  080-5610-3836
[PR]
by kusanokenji | 2013-06-24 12:09 | ■開催要項

浜田

【第791回】in浜田(島根県)
2013年6月15(土)~16(日)・・380名 浜田高校体育館、浜田一中体育館
★受講者累計 161,183名   ☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  

    高校でも「入部一週間」の成果

4面のバレーコートがとれる県立浜田高校体育感
c0000970_11374368.jpg

【小学生から高校生まで】
浜田高校の男子バレー部は一年生が多く、全員初心者。
慣れない動きに必死で汗を流してくれる姿が印象的でした。
顧問の先生は
「この中から将来指導者になって戻ってきてくれるのを楽しみにしています」と
先を見据えた指導理念を語っていました。

【高校でも入部一週間】
前回の講習会で浜田高校女子バレー部の顧問にビビッツ!ときたのが
DVDの「入部一週間が勝負」らしく、今回も生徒に見せて欲しいとのリクエスト。
今年の4月の新入生が入部してから、丸一週間は先輩は自分達の練習より
新一年生への面倒みることに専念したらしく、素晴らしいチームになっていました。
「何よりも、一年生が、先輩を自然に尊敬できる関係ができたことが一番でした」
と顧問の先生。この姿を中学生たちが二日間も近くに見る事ができたのも大きな収穫。
今後につながるのは間違いなく、中学生の進路選択にも明るい材料提供でした。
引退した三年生のみなさんの広い心に感謝します。
[PR]
by kusanokenji | 2013-06-24 11:55 | ■講習会リポート

第2091話・・・部活

ぎっくり腰でしばらくお休みしていました。
少しづつ回復です。
身を粉してはいけませんね。
頭を粉にしないといけません。
そうすれば、「最悪の次に最善あり!」

いろいろ、全国の中学校の部活を見る機会がおおいのですが
指導者と選手が
 共に成長している部活!

はいいですね。見ていて気持ちがいいですね。
逆に、悩める中学生を見ると心が痛みます。

「指導者と選手がともに成長する部活」を求めている指導者と選手を
これからも応援し続けたいと思います。
[PR]
by kusanokenji | 2013-06-24 11:20 | ■連載“日々努力”
同じ中学生であっても「いいな」と思える子の共通性は
1、純粋な想いを感じさせる
2、好奇心と向上心を感じさせる
3、夢とか愛とかを包んでいる

で、幼稚な子供みたいに
1、すねていない
2、だだをこねない
3、老けていない
若いのに老けている(考え方・表情)のはちょっと!
それは単なる若朽(じゃっきゅう)。

なんというか、「考えているな」と感じさえる中学生は感じがいい。
そんな子が何人かいると、チームの雰囲気が変わっていく。
みんなが同じような「感じのいい子」に変身していくのがわかる。
顧問の影響力は大だ。
中学校の部活は「自分を成長させるため」
そういう考えをもっている顧問のチームは
ひたむきさがあって、青春を満喫しているように見える。
中学校の顧問の先生に頑張って欲しいな!
応援してまっせ!
[PR]
by kusanokenji | 2013-06-13 11:25 | ■連載“日々努力”
【四つの窓】
1、努力は嘘つかない(結果が出た)
2、努力したが結果は出なかった
3、大した努力もしないのに結果が出た
4、努力しないので結果も出ない

1、4は誰でも納得!・・・「4」もしゃあないですね!
問題は2と3!
競馬やパチンコなどにはまってしまうのは「3」のパターンだとよく聞く。
若くして勝ってしまうと・・・選手も指導者も気をつけたいところ。
若くして「3」の体験をすると勘違いを起こす原因にもなるからだ。
大事なのはマインドの部分。マインドとはものの基本的な考え方のこと。
「1」を体験する人はほんの一握りの人間。
多数の人が経験するであろう「2」を、その後の人生に活かすのがマインド。
それで自然体では「人間学」というものを重要視しているわけです。
今、中学生相手に取り組んでいるのが「スリーアップ中学」
中学生の部活を考える

[PR]
by kusanokenji | 2013-06-12 12:53 | ■連載“日々努力”

打出

【第5回 打出中学校強化練習会 実施要項】

1)期 日
 平成25年7月6日(土)~7日(日)

2)会 場
 6日(土) 滋賀大学教育学部 附属中学校 体育館
        〒520-0817 滋賀県大津市昭和町10-3
         (最寄りの駅は、JR膳所駅です)

 7日(日) 大津市立 打出中学校 体育館
        〒520-0804 滋賀県大津市本宮2丁目46-1
         (最寄りの駅は、JR大津駅です)

3)時 間
 両日とも 午前9時~午後5時まで

4)内 容
 強化練習

5)参加費
 指導者:ひとり¥1,000-(1日) 
 *選手の参加については要相談。

6)昼 食
 指導者:1食¥700-まで

7)懇親会
 6日(土)午後7時ごろより
 (場所:近江舞子附近の琵琶湖湖畔でBBQを計画)

8)問合せ・申し込み
  参加ご希望の方は、
6月28日(金)まで(期限厳守)に
  沖本宛にメール(uchidejhsvbc-coaching@yahoo.co.jp)
  でお申し込み下さい。
  問い合わせについても、上記メールアドレスにお願いします。
   *中学校へは直接連絡しないで下さい。
[PR]
by kusanokenji | 2013-06-11 23:08 | ■開催要項
超クロスを打てるスパイカーがいない!
いないというより、育てきれない?
自然体では中学生でも超クロスを打てるように取り組んでいる。
そのスイングを脳と体に覚える練習がこれ

 超クロスsamba 



もうすぐ中体連の試合ですね。
超クロスに磨きをかけて挑戦してください!

各地でそこそこの成績の報告も届いています。
全国に出るのもよし!、未来の礎をつかむのもよし!

南幌の諸君、やってるか!
超クロスを試合で打てるようになったか!
試合の直前まで求めよ!
試合中は求めるな!
試合中は、今できることやればそれでよし!
[PR]
by kusanokenji | 2013-06-11 10:30 | ■連載“日々努力”